Travel Safe

安全に旅するためのアドバイス 最新ニュース
ブルゴスのフリアスの全景(カスティーリャ・イ・レオン州)

カスティージャ・イ・レオンの知られざるスペインの宝物

カスティージャ・イ・レオン

スペインの違った一面を発見してみませんか?スペイン内陸部の農村観光では、喧噪や人ごみから離れ、小さな村々の平穏と美しさを身近に感じることができます。カスティージャ・イ・レオンの中でも、人けの少ない素敵な町を巡る旅をご紹介しましょう。

セゴビアのペドラサ

マドリードから1時間足らずのところにある中世の石畳の村。この村に多く残る当時の邸宅を見ていると、まるで16世紀か17世紀にタイムスリップしたかのような感覚に陥ります。村が栄華を極めたのは、フランドル地方と肩を並べるほど見事な織物を製造していたからだということを、ご存知でしたか?美しいマヨール広場には、トレードマークのアーケードやテラスがあり、座ってコーヒータイムを楽しむのにうってつけです。その後で、村の城や復元された古い城壁を見学してみてはいかがでしょう。ランチタイムになると、グリル専門のレストランから食欲をそそるいい匂いが漂ってくるはずです。何と言っても、子羊や子豚の料理を最も得意とする地方にある村ですから。ペドラサをもっとよく知ることができる、特別なひと時をご紹介しましょう。7月の第1、2土曜日です。夕べにキャンドルコンサートのが開催されます。夜になると、村は何千本ものキャンドルの光に照らされ、静けさを破るのは町全体を音楽で包み込む、コンサートのバイオリンの音色だけです。ただし、事前のご予約をお忘れなく。訪問の価値があるセゴビアの他の村は?マデルエロ、アイジョンセプルベダ、エル・ムヨ、ソトサルボスなど。

ペドラサのマヨール広場

アビラのボニージャ・デ・シエラ

無名の小さな村ですが、王や司教が憩いの場として選んだ場所だったので、14世紀から15世紀にかけて特権的な地位にありました。アビラ市から1時間弱、マドリードから2時間程度のところにあります。ビージャ広場から始まり、サン・マルティン・デ・トウルス協同教会(ガーゴイルがトレードマークのゴシック様式の寺院)、サンタ’バルバラの井戸、はるか12世紀に起源を持つアビラ司教の城を見学してみましょう。興味深いお話:あの有名なゴヤが、この町の色彩にインスピレーションを受けたと言われているのをご存知でしたか?事実、すぐ近くにあるピエドラヒタという村にもよく来ていたとう話で、こちらも見学可能です。訪問の価値があるアビラの他の村は?アレバロアレーナス・デ・サン・ペドロマドリガル・デ・ラス・アルタス・トレス、カンデレダ、エル・バルコ・デ・アビラ、ラス・ナバス・デル・マルケス、ティエンブロなど

ボニージャ・デ・シエラの城壁

サラマンカのモガラッツ

ラス・バトゥエカス自然公園とシエラ・デ・フランシアの真ん中に位置する、この地域で最も美しい村のひとつ。サラマンカ市から1時間ほどの距離にあります。石畳の道をぶらぶら歩き、伝統的な建築物をご観賞ください。また、周囲の景色に完璧に溶け込んでいる段々畑に目を瞠ることでしょう。さらに、モガラッツは一種の屋外博物館であるともいえます。村の建物のファサードには、過去から現在に至るまでの住人の肖像画が何百と吊るされ、まるでこちらをじっと観察しているかのようです。それらはすべて、ある地元アーティストが板金に描いた絵で、長年にわたって村のアクティビティを支えてきた人々への敬意が表されています。現在、村の人口は約300人です。訪問の価値があるサラマンカの他の村は?ラ・アルベルカ、カンデアラリオ、カンタラピエドラ、サン・マルティン・デ・カスタニャルなど

サラマンカのモガラッツ

サモラのグランハ・デ・モレルエラ

サンタ・マリア・デ・モレルエラ修道院は、スペインの内陸部の、人口300人足らずの小さな町にある秘宝のような建物です。12世紀にこの地域の精神的中心地であったシトー派の、貴重な修道院です。修道院のファサードは、現在も非常に良い状態で残っています。サモラ市から40キロ足らずのところにあるこの町は、人気の高い銀の道の一部を成しています。訪問の際には、キントス橋や、サンタ・マリア・デ・モレルエラ修道院の石で造られたサン・フアン・バウティスタ教会に足を延ばすのを、ぜひお忘れなく。訪問の価値があるサモラの他の村は?フェルモセージェ、ガレンデ、プエブラ・デ・サナブリア、アルカニセス、サン・マルティン・デ・カスタニェダなど

サモラのモレルエラ修道院

バジャドリードのウルエニャ

5つの美術館、12軒の本屋、そして読書スペースが、この人口200人足らずの小さな町の文化的な統計です。本の村として知られるウルエニェのことで、バジャドリードから車でわずか45分の距離にあります。村は中世の佇まいを残し、城壁の8割は当時のままの姿で残っています。ルネッサンス様式のサンタ・マリア・デ・アソゲ教会まで、石造りの家々の間を縫って秩序ある通りをぶらぶら散歩するのは楽しいものです。村のパノラマをご覧になりたければ、近くにあるロンバルディア・ロマネスク建築のヌエストラ・セニョーラ・デ・ラ・アヌンシアーダ礼拝堂に足を延ばしてみるとよいでしょう。訪問の価値があるバジャドリードの他の村は?ティグエロス・デル・バジェ、ビジャルバ・デ・ロス・アルコレス、メディナ・デ・リオ・セコ、イスカル、シマンカスなど。

バジャドリードのウルエニャの城壁

ブルゴスのフリアス

フリアスがある緑に囲まれた高台に近づくにつれ、この村にどんどん魅力を感じていくはずです。10世紀に要塞だった城と、高台に堂々と立つサン・ビセンテ・マルティル教会からは、素晴らしい眺望がお楽しみただけます。また、ローマ時代に造られた中世の橋も見どころの一つです。フリアスに南からアクセスすると、独特な宙づりの家が目に入ることでしょう。ぶら下がった家々は、まるで崖っぷちの一部であるかのように見えます。ところで、人口がわずか300人ほどしかないフリアスが、町の称号を持つことをご存知でしょうか?称号は15世紀、カスティーリャ王フアン2世から与えられました。ブルゴスやビルバオといった都市から1時間半足らずの距離にあります。訪問の価値があるブルゴスの他の村は?ポサ・デ・ラ・サル、サント・ドミンゴ・デ・シロス、カレルエガなど。

ブルゴスのフリアスを流れるエブロ川

カラタニャソル(カスティージャ・イ・レオン州ソリア)

ソリアはヨーロッパで最も人口密度の低い地域の一つです。人口51人のこの小さな村(ソリア市から30分足らず)で、久しぶりに自然や人とつながってみませんか。村に到着すると、ミラノス川の峡谷の風景が広がり、おそらく遠く彼方にシロエリハゲワシの姿を眺めることができるはずです。サビンの木でできた家、おとぎ話に出てくるような円錐形の煙突、石畳の道、ロマネスク様式の教会、トレスノスといった特産品が置かれたショップ、古い鳩小屋のような独創性あふれる場所にあるレストラン・・・そして何より、14世紀に建てられた城と追悼塔は、村の小さな宝石といえます。ここから見る夕暮れ時の風景は、息をのむほど美しい眺めです。村のすぐ近くには、カラタニャソルのサビンの森があり、高さ14メートルにも達する木々が生い茂っています。また、車でわずか10分のところには、天然記念物のラ・フエントナがあります。透明度の高い水を湛えた神秘的な湖がご鑑賞いただけます。

ソリアのカラタニャソルの眺め

この場所が『オーソン・ウェルズのフォルスタッフ』の撮影に使われたのも、巨匠オーソン・ウェルズがこうした魅力すべての虜になったからでしょう。訪問の価値があるソリアの他の村は?メディナセリ、ジャングアス、モンテアグ―ド・デ・ラス・ビカリアス、ビヌエサなど。

ベセリル・デ・カンポス(カスティージャ・イ・レオン州パレンシア)

パレンシアの街からたった15分ほどのところにある村です。中世やルネッサンス時代に思いを馳せながら街中をぶらぶら散歩してみてください。素晴らしい体験になるはずです。村の起源は、最盛期を迎えた中世やルネッサンス時代より、実はもっと前にさかのぼることができます。最も美しい教会のひとつ、サンタ・マリア教会美術館では、ベルゲテが描いた13枚のパネルからなる祭壇画や、15世紀のムデハル様式に似た格天井がご鑑賞いただけます。ベセリル・デ・カンポスは「星の村」でもあります。その理由は?村にあるかつてのサンペドロ教会の遺跡を利用して、世界初のスターライト天文観測モニュメントが建てられたからです。教会を修復する際、(地球の自転を示す)フーコーの振り子、日時計、星座を観察するための星型のヴォールトが設置されました。さらに、モニュメント内でコンサートや天文観光のミーティングがが開催されることもあります。訪問の価値があるパンレンシアの他の村は?アンプディアアギラル・デ・カンポーカリオン・デ・ロス・コンデスフロミスタドゥエニャスなど。

パンレンシアのベセリル・デ・カンポス教会

レオンのペニャルバ・デ・サンティアゴ

この美しい村を訪れると、まるでタイムスリップしたかのような気分に陥ります。いわゆる沈黙の谷に位置し、ほぼ未踏といっていい風景に溶け込んだ豊かな森と川や滝に囲まれています。黒っぽい屋根の伝統的な石造りの家々が並ぶ、手入れの行き届いた通りを歩きながら、心地よい気分に浸りましょう。冬には一面の雪景色の中から10世紀に建てられたモサラベ様式のサンティアゴ教会が付き出し、村はまるでクリスマスカードさながらの美しさです。村の周囲は、オートバイでの旅にうってつけの環境といえます。バジェ・デル・シレンシオのハイキング、あるいはモンテス・アキリアノスの登山を楽しむのも一興ですし、エスピノソ・デ・コンプルード、サン・クリストバル・デ・バルドゥエサ、リエゴ・デ・アンブロス、サン・エステバン・デ・バルドゥエサなど、ごく周辺の小さな村を辿るルートも魅力的です。訪問の価値があるレオンの他の村は?カスティージョ・デ・ポルバサレス、オスピタル・デ・オルビゴ、モリナセカ、バルボア、オセハ・デ・サハンブレなど。

レオンのペニャルバ・デ・サンティアゴ
に関する詳細をごらんください