新型コロナウイルスの新着情報

安全に旅するためのアドバイス
ビザとパスポート

ビザとパスポートどういった点に留意すべきですか?

none

お客様の出身国からスペインへ入国するためにビザが必要かどうかや、滞在期間によってどのような種類のビザが存在するのか、またその取得方法についてご存知ですか?以下、これらの点についての情報をご覧ください。

  • ビザが必要な場合、および入国するための要件

    パスポートは常に必要とされますが、欧州連合加盟国、スイス、欧州経済領域の構成国の出身者である場合は対象外です。上記の場合、現在有効な身分証明書で事足ります。(ただし、未成年者に限っては保護者の承諾書を携帯する必要があります。)

    ビザは一般的にその他の旅行者全てに対して必要とされていますが、スペインが批准している国際条約やシェンゲン協定がビザの免除措置を講じていたり、その旅行者がほかのシェンゲン協定加盟国で発行された居住許可証や長期滞在ビザを保有していたりする場合は対象外とされます(公式サイトをご覧ください)。同様に、スペイン当局は旅行者に対し、滞在の目的を観光ツアーの予約確認書や宿泊施設の存在を証明する書類、招待状などの書類にて提示し正当化するよう求めることができます。

    いずれの場合も、旅行者は、スペインでの滞在費と自国への帰国費をまかなうだけの経済力があることを証明できる必要があります。すべての書類が有効である必要があります。また、3ヵ月以上の残存有効期間があり、過去10年以内に発行されたものである必要があります。

    旅行目的でのスペインでの最大滞在日数は3か月です。

    詳細や例外についてはスペイン外務・EU・協力省のサイトでご覧いただけます。

    諸条件は変更される場合があるため、旅行を開始する前にスペイン領事館または大使館にお問い合わせいただき、これらの要件をご確認いただくことをお勧めします。

  • ビザの種類と取得場所

    短期滞在ビザ:観光客を対象とした一般的なビザであり、最大90日間スペインでの滞在やトランジットが許可されます。このビザはお住まいの国のスペイン大使館または領事館で発給されます。また、いずれかのシェンゲン協定加盟国で発給されたビザも有効です。

    長期滞在ビザ:欧州連合、アイスランド、リヒテンシュタイン、ノルウェー、スイスの市民を除き、180日の期間内で最大90日を超えてスペインに滞在する外国人に必要とされます。

    さらに、一部の第三国への渡航の際には、空港トランジットビザが必要です。

    外国人向けの情報の詳細はスペイン外務省サイトをご覧ください。