サンタ・マリア・デ・カセレス広場(エクストレマドゥーラ州)

カセレス

中世映画の舞台

Cáceres

「1,001の盾の村」として知られるエクストレマドゥーラの街は、いつ行くのもお勧めな旅行先です。 

狭い石畳の路地に沿って歩き、過去へ旅しているような気分を味わってみてください。大邸宅やルネッサンス様式の宮殿、コウノトリの巣で飾られた教会が、カセレスが世界遺産の町であることを物語ります。カメラを用意して、スペインで最も美しい旧市街の1つを写真に収めましょう。

マヨール広場周辺の生活

町へのアクセスは、伝統的な入り口である星の門からがおすすめです。18世紀に馬車が通過できる幅に設計されたうえで建てられたものです。ここから、広大なマヨール広場が目の前に見えます。常に活気に満ち、アーケードに囲まれ、ドリンクを楽しむのに最適です。

この広場はかつて闘牛場として、そしてトーナメントを開催するために使用されていたことをご存知ですか?ブハコの塔を背景に写真を撮りましょう。続いて旧市街を歩いていくと、ゴルフィネス・デ・アバホカルバハルトレド-モクテスマ(アステカ皇帝モクテスマ2世の娘の家)などの宮殿の数々や、ベレタス邸(ピカソやミロの作品と世界で2番目に大きな水槽があるカセレス博物館を擁している)、鐘楼から素晴らしい景色を眺めることができるサンタ・マリア大聖堂があります。また、現代アートのヘルガ・デ・アルベアル財団や、狭い路地、白塗りの家、窓に花が咲く旧ユダヤ人街を散策することもお忘れなく。最高に快い経験となるでしょう。夕暮れ時のカセレスを眺めるのに最適な展望台は、街の郊外に位置する山の聖域にあります。そして夜には、月明かりの下で大道芸人によってさまざまな伝説が語られる演劇を観に行くのは楽しいものです。

伝統料理とさまざまな文化イベント

ランチタイムには、ミガス(チョリソー、ベーコン、パンを使ったもの)などの名物料理を、近年ますます人気のリベラ・デル・グアディアナ原産地呼称ワインまたはクラフトビールや、トルタ・デル・カサール(世界最高のチーズのひとつ)またはモルシージャ・パタテラ(イベリコの豚肉とマッシュポテトを使用したソーセージ)と一緒にお召し上がりください。ミシュランで星を獲得している旗艦レストランアトリオ」では、さらに手の込んだ料理をお楽しみいただけます。そして、修道院製の菓子類をお試しになりたい場合は、サン・パブロ修道院のスイーツが非常に有名です。カセレスの文化イベントも興味深いものです。旅行の時期に応じて、ウォマッド・フェスティバル(5月)、3つの文化の中世市場(11月)、古典演劇際(7月)、または聖週間(3月〜4月)などの伝統的なお祭りをお楽しみいただけます。町には聖週間にまつわる案内所があります。では、完璧な旅行をどのように締めくくりましょうか?アラブ式風呂でくつろいだり、モラガ邸工芸品センターでお土産を買い求めたり、近隣のモンフラグェ国立公園(カセレスから約60 km)への小旅行に出かけたりするのがおすすめです。

お見逃しなく

訪れるべき場所


リストを選択するか地図をナビゲートして興味深いスポットをご覧ください。

おすすめプラン

その他旅のおすすめ


お役立ち情報

アクセス方法 – 交通機関情報


交通手段を選択して目的地へのアクセスと移動方法をご覧ください。

へのアクセス方法 飛行機

へのアクセス方法 列車

  • カセレスの鉄道駅は街の歴史地区から約2kmの場所にあります。

  • 駅からカセレス中心部まではバスを利用できます。駅に最も近いところに停車する路線は 1番4番そして8番.です。徒歩であれば、所要時間は約30分です。

  • マドリード行きの電車(約3時間半以上)またはメリダ行きの電車(約1時間)、その他の目的地と電車で接続。

  • 切符を予約する

へのアクセス方法 バス

  • カセレスのバスターミナルは市の中心部より約2kmの場所にあり、徒歩(30分)、またはバス(347)が接続しています。

  • マドリードまで約4時間。

アクセス方法 道路

  • マドリードから、高速道路A-5号線を利用(約3時間)。

  • セビリアから、高速道路A-66号線を利用(約2時間45分)。

  • バダホスから、高速道路A-5号線を利用(約1時間半)。

お役立ち情報

  • この街は歩いて観光できます。

での移動方法 バス