星が輝く夜のテイデ

カナリア諸島

カナリア諸島

多くの人にヨーロッパの太陽として知られており、穏やかな気候と自然環境が特筆に値します。実際、全7島のうち5島が生物圏保護区に指定され、列島には4つの国立公園があります。

その主な魅力のひとつはビーチ。日光浴をしながら休息をとったり、ウインドサーフィンやスキューバダイビングなどのマリンスポーツをするのにもってこいです。内陸部では、トレッキング、サイクリング観光、クライミング、あるいは洞窟探検などができる驚くような風景に出会うことができます。

最も興味を引くのは、ランサロテ島の火山景観、フエルテベントゥーラ島とグラン・カナリア島の砂丘の海岸そしてラ・パルマやラ・ゴメラ島の緑の森などでしょう。カナリア諸島には、文化訪問のお勧めもあります。例えば、ユネスコ世界遺産に指定されているテネリフェ島のサン・クリストバル・デ・ラ・ラグーナのモニュメント群、あるいはランサロテ島のセサル・マンリケの作品などに出会うことができます。もし2月にご旅行されるなら、サンタ・クルス・デ・テネリフェの愉快なカーニバルをお楽しみいただけます。

Promotur Turismo Canarias(カナリア諸島観光局)

C/ Victor Hugo, 60 Gran Canaria (Canarias)

35006

カナリア諸島観光info@turismodecanarias.com

+34 928290579

行き先

必見観光スポット


お役立ち情報

アクセス方法 – 交通機関情報


交通手段を選択して目的地へのアクセスと移動方法をご覧ください。

へのアクセス方法 飛行機

へのアクセス方法 船

  • カナリア諸島はクルーズの重要な寄港地であり、特に突出する港が2つあります:

  • ラス・パルマス港(グラン・カナリア島): ラス・パルマス・デ・グラン・カナリアの中心部よりわずか5kmの場所に位置しており、定期的に市バスが運行しています(12、24、33、44、47、301番)。

  • サンタ・クルス・デ・テネリフェ港(テネリフェ島):クルーズターミナルは町の中心部の非常に近くにあるため、数多くの市バスが停車するエスパーニャ広場まで徒歩で移動することが可能です。

  • カナリア諸島には、本土の都市カディスやウエルバを出発する数多くの海上ルートがあり、ラス・パルマス港やサンタ・クルス・デ・テネリフェ港を中心として、さらにはアレシフェ港(ランサロテ島)へも伸びています。

お役立ち情報

  • 各島を巡るのに最適なオプションは、おそらく車でしょう。.

  • グラン・カナリア島、フエルテベントゥーラ島、ラ・ゴメラ島、エル・イエロ島、ランサロテ島などから成るカナリア諸島。.テネリフェ島とラ・パルマ島は空港と港があり、簡単に行き来することができます。

  • グラン・カナリア島とテネリフェ島は最大の島で、両島の間には毎日複数の船または飛行機が運航されています。

  • またグラン・カナリア島からは毎日、ランサロテ島・フエルテベントゥーラ島への運航が数多くあります。

  • テネリフェ島からは毎日、エル・イエロ島、ラ・ゴメラ島、ラ・パルマ島への便が多数出ています。

での移動方法 飛行機

での移動方法 船

  • カナリア諸島の間を移動するのによく使われるのがフェリーです。頻繁に運航されており、例えば車と一緒に移動できるといったメリットがあります。

  • 所要時間は、島しょ間の距離そしてフェリーのタイプによって変動します。.35分~10時間と幅があります。こういうわけで、グラン・カナリア島~テネリフェ島間でしたら約1時間30分で移動できます。その他の所要時間については「スペインの主要な海路の情報でご確認いただけます。

  • 島のなかには、複数のフェリー港またはクルーズ港がある場合があります。チケットを予約する前に、乗船地と目的地をご確認ください。