新型コロナウイルスの新着情報

安全に旅するためのアドバイス
ペット

ペットを連れて旅行する場合は?

none

一般的に、次の3つの規則が適用されます。動物はその飼い主または代理人と同伴すること、正しく身元証明がされていること、そしてペットの健康診断書にはスペイン語での表記が含まれていることが必要です。大半の場合、ペットは読み取り可能なタトゥーまたはマイクロチップによって識別される必要があります。

  • また、子犬を飼っている場合は、生後3か月未満のため狂犬病の予防接種を受けていない場合、同行することはできません。また、最初のワクチン接種から21日後まで同行することはできません。

    詳細は、Ministerio de Agricultura, Pesca, Alimentación y Medio Ambiente(農林水産省)の公式ウェブサイトでご確認いただけます。

    スペインでは通常、ペットを連れてレストランに入ることはできません。犬の場合、テラスでの滞在が許可されることがより一般的です。口輪を使用するか、つないでおく必要があります。宿泊施設をお探しになられる際は、予約時にペット同伴が可能であるかを確認されることをお勧めします。

    スペインのほとんどの都市の公共交通機関では、小型ペットは通常、ペット用キャリーバックに入れれば公共交通機関での移動が可能です。体重が10キログラムを超える犬は、ほとんどの場合に乗車が制限されます。電車での移動の際、高速列車および長距離の場合は、座席を占有していなくても、動物用の切符を発行する必要があります。

    すべての場合において、他の乗車客への迷惑にならず、反対する乗客がいない限り、これらの許容基準は維持されます。