Travel Safe

安全に旅するためのアドバイス
ブルゴスのフリアスの全景(カスティーリャ・イ・レオン州)

フリアス

Burgos

その起源は9世紀に遡り、アルフォンソ8世がカスティーリャとナバラの国境を強化するために谷を再開拓したことに由来しています。町の中心部には、中世の地取りと雰囲気が残っています。

岩の多い丘の頂上に建つフリアス公爵家の城には13世紀のロマネスク様式の柱頭と美しいマルチオン窓があり、素晴らしい景色を望むことができます。町の中心部ではサン・ビセンテ教会が特に有名で、1904年に塔が崩壊した後、ロマネスク様式のファサード口がニューヨークに持ち込まれました。また、13世紀初頭に設立されたサンタ・マリア・デ・バディージョ修道院もあります。エブロ川の町に近い部分には、14世紀からの防御塔がある中世の美しい橋が掛かっています。 

おすすめプラン

インスピレーションを得るプラン