Travel Safe

安全に旅するためのアドバイス
ドゥエニャス(カスティーリャ・イ・レオン州パレンシア)の景色

ドゥエニャス

Palencia

カスティーリャ・イ・レオンで最もユニークな観光ルートの一つであるカスティーリャ運河沿いに位置しています。町の歴史地区は重要文化財に指定されています。

風格のあるドゥエニャスの村は、パレンシアの街からわずか20キロメートルの距離にあります。丘の上に位置し、カリオン川とピスエルガ川が通る草地の美しい自然の風景の中にあります。数多くの教会、宮殿、重要な建造物を見つけることができる旧市街は、歴史・芸術遺産に指定されています。  古い壁の囲いの中に、オホ・デ・ラ・ビルヘンの門と城の遺跡が残っています。13世紀に建てられた後期ロマネスク様式のサンタ・マリア教会は、内部にも博物館にも数多くの芸術作品を所蔵しています。主要祭壇画、グレゴリオ・フェルナンデスのサン・イシドロの像、ディエゴ・デ・シロエの「この人を見よ」などがその一部です。サン・アグスティン修道院は、現在、歴史資料館と文化センターの敷地となっています。16世紀に建てられた教会には、印象的な中央の身廊と修道院の後ろの回廊の一部が保存されています。また、ブエンディア宮殿やサンティアゴ病院なども見所のある建物です。スペイン広場では、典型的なカスティーリャのアーケードが注目を集めています。サン・フアンの通りに沿って進むと、クリスト礼拝堂とワイナリーの多いエリアに到着します。郊外には、10世紀にさかのぼるシトー会に属するサン・イシドロ修道院もあります。フスタス・ポエティカスの展望台からは、周囲の素晴らしい全景を眺めることができます。