Travel Safe

安全に旅するためのアドバイス
アイジョンのマヨール広場 (セゴビア、カスティージャ・イ・レオン)

アイジョン

Segovia

セゴビア市から車で約1時間程の場所に位置しています。歴史地区は重要文化財に指定されています。伝統的な建築の風格のある建造物や家など、アイジョンを良く知る為には、狭い石畳の小路を散策するのが一番です。

16世紀の盾のあるアーチを通り抜けると、町の古い部分にアクセスできます。すぐにコントレラス宮殿が現れ、その内部には美しい装飾が施された天井があり、女王のファサードも飾られています。前の道を進んでいくと、石で作られた不規則構造のマヨール広場が見えてきます。そこでは16世紀の市庁舎や鐘楼とそのロゼットが独特なサン・ミゲルのローマ教会を見ることができます。その横には町で最古の建造物、カサ・デ・ラ・トレがあります。マヨール広場を出ると、オビスポ・ベロシージョ宮殿やカサ・デ・アギラといった風格のある建造物を目にできます。サンタ・マリア・ラ・マヨール教会のそばでは、サン・フランシスコ旧修道院からの荘厳な祭壇画を見ることができ、その遺跡は城壁に囲まれた町の外にあります。 週末には劇場を訪問する事もできます。7月最後の週末には中世アイジョンのお祭りが開催され、その時代の服を身にまとい、中世の市場も開設されます。町の周辺にはセゴビア州で唯一後期旧石器時代のものとして知られる、ペニャ・エステバンベラ遺跡があります。