Travel Safe

安全に旅するためのアドバイス 最新ニュース
ソリア(カスティージャ・イ・レオン州)のサン・フアン・デ・ドゥエロ修道院

ソリア

Soria

ドゥエロ川の流れを中心とする自然環境にたたずむソリアは、中世の街並みの中にロマネスク様式の重要な建造物群があるばかりか、一般建築の素晴らしい例を見ることができる町です。

ソリアの歴史は、隣のヌマンシアにある古代ケルトイベリア人の集落と関連があります。ヌマンシアの住民は、ローマ帝国による包囲(紀元前2世紀)に対し、この街を防衛するため英雄のごとく戦ったのです。後には、その戦略的な立地ゆえに、この地域はキリスト教徒とイスラム教徒の間の争いの対象となりました(9世紀)。カスティージャ王国に編入された後、ソリアはアルフォンソ8世の治世(12~13世紀)に栄華を極めます。また、中世を通して、毛織物工業から派生した製造業の重要な中心地でした。

ソリアは、入り組んだ中世の街並みの中にロマネスク様式の重要な遺産を残しています。歴史地区には、町で最も重要な寺院の一つであるサント・ドミンゴ教会が建っています。12世紀の美しい建物で、その正面はロマネスク様式の中でも最高のものの一つと考えられています。街の東、ドゥエロ川の近くには、サン・ペドロ聖堂があります。12世紀末に建てられ、16世紀を通して再建されたこの建物には、ルネッサンス様式の出入り口と3つのゴシック様式の身廊があります。内部では、フランドル様式の「十字架の三連画」などの美しい祭壇画を鑑賞することができます。国定史跡に指定されている回廊は、3つの半円形のアーチが特徴で、様々な寓意的な場面が描かれた柱に支えられています。ソリアにあるロマネスク様式の宗教建築の中でも、ロマネスク様式の正面をもつサンタ・マリア・ラ・マヨール教会とサン・フアン・デ・ラバネラ教会が際立っています。この寺院は12世紀に建てられたもので、ビザンチンの影響を受けています。内部では、このような様式の傾向が後陣に確認できます。同様に、彫刻家フランシスコ・デ・アグレダと画家バルタナスによって制作された祭壇画も目を引きます。一方、カスティージャ様式のマヨール広場には、十二族の家(17世紀)、市庁舎の本庁、旧議事堂、ドニャ・ウラカの塔など、いくつもの興味深い建物が並んでいます。旧市街の通りには、ロス・リオス・イ・サルセド宮殿ゴマラ伯爵宮殿(16世紀)などの高貴な建物が並んでいます。後者については国定史跡に指定されており、ソリアの一般建築の本物の宝となっています。現在の地方裁判所は、石造りのファサードと大きな四角い塔が特徴的なこのルネッサンス様式の建物内に入っています。アラメダ・デ・セルバンテスは町の中心部にある主要な遊歩道で、ソレダー礼拝堂があります。礼拝堂の内部には、フアン・デ・フニ作の16世紀の彫刻「ウミジャデロのキリスト」が保存されています。ソリアの文化的オファーは、主にヌマンティーノ博物館で見ることができます。ここでは、多様な考古学的発見によりもたらされた断片のコレクションを通して、市の起源と県の過去を学ぶことができるのです。コレクションには、旧石器時代から中世まで、ケルティベリア時代の葬儀用トルソーからヌマンシア陶磁器まで、あらゆる種類のものが含まれています。街の郊外にはドゥエロ川の河岸が続いており、その牧歌的な風景は、アントニオ・マチャドといったスペインの芸術家や詩人たちのインスピレーションの源となりました。この場所には、かつて聖ヨハネ騎士団が住んでいたサン・フアン・デ・ドゥエロ修道院があります。その遺跡の中には13世紀にまでさかのぼる回廊のアーチが残されており、ロマネスク様式の上にイスラム教の影響が反映されています。この修道院の近く、川の左岸には、この町の守護聖人サン・サトゥリオのバロック様式の礼拝堂が岩に掘られているのが見つかります。18世紀に作られたこの小さな寺院は、八角形の間取りで、バロック様式の祭壇が内部を占めています。グルメソリア料理の主役は豚肉製品と子羊のグリルです。また、ミガス(パン、ニンニク、豚肉をベースにしたもの)やカルデレタ(子羊のシチュー)など、羊飼いの伝統に基づいた他の品々も引き継がれています。バターは、ソリアの最も典型的な手作りの品の一つです。ソリアの県都にあるホテルの中でも際立っているのはパラドールで、カスティージョ公園内、かつては中世の要塞があった丘の上に建っています。パラドールからは、この県都とドゥエロ川の最高の景色を眺めることができます。ソリア県には、景観や歴史的・芸術的遺産を存分に楽しむことができる興味深いルートがあります。ドゥエロルートに沿って行けば、この川の河岸にある町を訪れることができます。アルマサン、ベルランガ・デル・ドゥエロ、ブルゴ・デ・オスマ、サン・エステバン・デ・ゴルマスでは、ソリアの過ぎ去りし中世に迫ることができるでしょう。ロボス川の峡谷は、自然と芸術が出会う土地です。メディナセリ、アルコス・デ・ハロン、サンタ・マリア・デ・ラ・ウエルタなど、ロマネスク様式やゴシック様式の興味深い建物が立ち並ぶ町へと向かう際には、別の流れであるハロン川が道しるべとなります。一方、モンカヨとイクニタスのルートでは、古代ケルトイベリア人の古い砦であるヌマンシア、サン・ペドロ・マンリケ、さらに、中世にアラブ、ユダヤ、キリスト教の文化が融合した町アグレダなどを巡ることができます。ビヌエッサ、サルドゥエロ、ドゥルエロ・デ・ラ・シエラのような場所では、ピナレスとウルビオンのルート上に一般建築の興味深い例を見ることができます。ここからは、松やブナの森に囲まれたウルビオン峰(2,226m)に登ることができます。

お見逃しなく

訪れるべき場所


リストを選択するか地図をナビゲートして興味深いスポットをご覧ください。

お見逃しなく

訪れるべき場所


リストを選択するか地図をナビゲートして興味深いスポットをご覧ください。

おすすめプラン

インスピレーションを得るプラン