新型コロナウイルスの新着情報

安全に旅するためのアドバイス

スペイン人は美味しいものを食べに行くのが大好きです

none

スペイン人は美味しいものを食べるのが大好きで、スペインにはグルメ好きの方にとっての最高の旅行先がたくさんあります。伝統的な調理法やレシピを知るだけで、旅行してみたくなることでしょう。美味しいタパスはスペイン中で楽しめますが、それ以外の17のグルメの旅をご紹介します。

  • ラ・リオハとラ・リオハ・アラベサでワインのテイスティング

    スペイン北部にあるこのエリアのワインは世界で高く評価されており、ワイナリーでのテイスティングは貴重な経験となること間違いありません。家族だけの小さなワイナリーからマルケス・デ・リスカルやイシオスといった最先端の建物を持つワイナリーまで、バラエティに富んでいます。このエリアではワイン文化が非常に価値のあるものとされていますが、テイスティングの他にも、ブドウ畑でのヨガ、星の観察、馬での散歩、気球体験、セグウェイルート等、さまざまなアクティビティが準備されています。

  • ドノスティア – サン・セバスティアンのピンチョス

    この美しい街でいくつものバルに入り、カウンターに埋め尽くされたピンチョスを食べ歩くことは最高のグルメ体験に他なりません。おそらくスペインのタパスのことを聞いたことがあるカと思います。バスク地方で有名なピンチョスはタパスに似ていますが、小さく切ったパンの上に食材を置き、楊枝で刺して食べます。最近ではさまざまな種類が出てきています。暖かいものや冷たいもの、かずかずのコンビネーションをお試しください。一口大の純粋な高級料理一緒に何を飲みますか。チョコリワインやビールのスリトス、シードルでも大丈夫です。 ミシュランの星を持つこのエリアの11人のシェフにより選ばれたドノスティアーサン・セバスティアンのトップ99ピンチョスです。

  • アランダ・デ・ドゥエロで子羊料理を食べる

    6月に開催される子羊料理とオーブン焼きのガストロノミーフェアに行くのが一番良い方法です。アランダ(ブルゴス、カスティージャ・イ・レオン)のステーキ店では地元の食材を使った料理が並び、地下にあるワイナリーの見学もできます。また、このエリアにはワインで有名なリベラ・デル・ドゥエロがあることも広く知られています。この他にもカスティージャ・イ・レオンの代表的な肉料理があります。セゴビアの子豚料理

  • グラスの中に火山が...

    驚かないでください。カナリア諸島にある火山でできた島、ランサローテ島にあるラ・へリアの代表的なワイン畑のことです。火山地帯で栽培された独特の甘口白ワインです。溶岩台地に作られた小さな丸い穴の中でブドウが育つ農法です。マルバシアワインを代表に、このエリアのワインは国際的なコンクールで多くの賞を獲得しています。ところで、シェークスピアが作品の中で、これらのワインについて語っているのを知っていますか。

  • 美味しいカルソターダを

    カルソツを手で食べる料理で、1世紀以上の歴史を持つカタルーニャ地方の代表的な一品です。たくさんの友達と一緒にサルビチャーダソースでお楽しみください。カルソツって何。長ネギの一種で白く甘みがあり、焼いて食べる方法が特徴です(汚れないように特別なエプロンも用意されています)。カルソツを味わうための一番のコースはバルス(タラゴナ)といっても過言ではありません。1月最後の日曜日ならばカルソターダのお祭りを見ることができるでしょう。最後は汚れてしまうのですが、それでも楽しむことができます。

  • ガリシアの悪魔祓いと呪術

    蒸留酒のラ・ケイマーダを飲むときは、悪霊を追い払うための準備の儀式を行います。燃えている液体を大きなスプーンでかき回していきます。炎が立っている間、大きな声で悪魔祓いをします。この儀式を開催するガリシアのお店で、ぜひ体験してみてください。ガリシアのシンボルともいえる料理、プルポ・ア・フェイラを忘れるわけにはいきません。調理したタコにパプリカを振り、普通はカチェロ(茹でた皮つきイモ)を添え、オリーブオイルをかけて食べます。

  • 高いところから注ぐ世界で唯一のシードル

    アストゥリアスにあります。シードルを高いところから注ぎます。片手でボトルを高く持ち上げ、もう一方の手に持ったグラスの隅に注ぎ込みます。この「儀式」はエスピチャや伝統的な食事の時に楽しむのが一番です。 アストゥリアスに行った際はファバーダとカチョポを忘れなく。ボリューム満点の美味しい一品です。

  • 市場に行ってみませんか。

    近年、スペインでは古い市場が 現代的なグルメマーケットに変わることが多くあります。今回はバルセロナの中心にあり、シンボル的な存在となっているラ・ボケリアをご紹介します。バルセロナへ行ったら、ぜひ立ち寄ってみてください。公式には1840年に開業したことになっていますが、13世紀にはこの一帯に野外の売店が出ていました。今日では、市場の食材を使った料理を出すバルやレストランがあるだけではなく、スペイン料理のクラス、タパスとカタルーニャワインのクラス、ペアリングを楽しむテイスティングのクラス等も準備されています。

  • コスタ・デル・ソルで串焼きイワシの「アート」

    アンダルシアのこのエリアでは19世紀からこの調理法と出し方が続いており、この魚料理が病みつきになることは間違いありません。串焼きはレストランでも食べることができますが、海辺のチリンギートで食べるのがもっとも一般的です。 では、串焼きとは。竹串にイワシを刺し、小舟が停泊するビーチで炭火焼にするのが習慣です。焼きたての串焼きを食べるのにナイフとスプーンはもちろん厳禁。

  • 煮込み料理で寒さに打ち勝つ

    スペインには有名な煮込み料理が数々あります。カンタブリアのリエバナ風煮込み、レオンのマラガト煮込み、アストゥリアスのポテ等々。今回はマドリード風煮込みを紹介します。一つの料理で、スープ、ひよこ豆と野菜、最後に肉と「3回」楽しめることで知られています。マドリード自治州の全域で2月と3月にマドリード風煮込みの食べ歩きルートが開催され、数々のレストランで食べることができます。

  • 世界で唯一のマンチェゴチーズ

    カスティージャ・イ・レオンへ行き、チーズを買って帰ってきてしまうのは避けられません。マンチェゴチーズはデリカテッセンに他なりません。1カ月から2年の熟成期間があり、熟成度によりティエルノ、セミクラード、クラードの三つに分類されます。この世界について深く知るにはチーズ工場へ行くのが一番です。

  • 果てしなく広がるオリーブ畑、ハエン

    6000万本以上のオリーブの木があるハエン地方で世界で生産されるオリーブオイルの20%が作られていることを知っていましたか。オリーブが景観、グルメ、さらには文化にまでも深く影響しています。この地区のエクストラバージン・オリーブオイルを味わうだけではなく、搾油工場の見学、味試し、ミュージアムの見学、オイルに関するビジターセンター、オリーブ畑の散歩、農園にあるカントリーハウスに宿泊等、さまざまな体験ができます。

  • バレンシアの海辺でバレンシア風パエリア

    本場バレンシアの街で食べるパエリアは最高です。もっと楽しむには。海岸沿いの散歩道には広いテラスを持つレストランがあり、そこの海辺が最高です。その他には、お米の栽培地であるラ・アルブフェラの中でも、パエリアで有名なエル・パルマール地区で食べてみてはいかがですか。食べる以外にも、ラ・アルブフェラ自然公園の湖を小舟で散歩したり、栽培地の日帰りツアー、パエリア料理クラスにいったりと、さまざまな体験ができます。

  • イベリコ豚の生ハムルート、エクストレマドゥーラ

    スペインにはイベリコ生ハムの感動的な世界を学ぶためのルートがいくつかあります。その中でも有名なのがエクストレマドゥーラです。熟成所の見学、試食、エストレマドゥーラの広大な牧草地のハイキング等、多くのアクティビティが準備されています。その中でも、モネステリオでは毎年9月に生ハムの日が祝われ、テイスティングや生ハムを切るコンクール等、興味深いイベントになっています。

  • メノルカ島で最高のロブスターシチュー

    ターコイズブルーの入り江が美しい地中海のこの島には絶品、ロブスターのシチューがあります。メノルカのさまざまな場所で食べることができますが、フォルネイスがこの料理の「聖地」といっても過言ではありません。この一品をこのエリアのレストランで食べるには、多くの場合、予約が必要です。ぜひ食べてみてください。その他にも、シンボルともいえるコバ・デン・ショロイへ夕暮れ時に行ってみてはいかがですか。ちょっとしたおつまみやお酒が楽しめるだけではなく、目を疑うようなオーシャンビューが待っています。

  • 諸聖人の日のカスタニャーダ

    カタルーニャのカスタニャーダ、アストゥリアスのアマグエストゥ、カンタブリアのマゴスタ、バスク地方のガザイネレ、エクストレマドゥーラのチャケティア、ガリシアのマゴスト等…、名前は異なりますが、すべてのお祭りが諸聖人の日である11月1日に開催されます。大勢で栗を焼くお祭りで、マロンケーキやシードル、ホットチョコレート等も配られ、生演奏等のアクティビティも準備されています。

  • 最後は...星でちょっと気まぐれ

    スペインにあるミシュランの三ツ星レストランのテーブルを予約することは容易ではありません。著名なシェフ、ダビス・ムニョス、ロカ兄弟、マルティン・ベラサテギ、アルサクらが作る料理の世界を味わうためには、予約の難しさも苦にはなりません。 

に関する詳細をごらんください