新型コロナウイルスの新着情報

安全に旅するためのアドバイス
アイグエストルテス・イ・エスタニ・デ・サン・マウリシ自然公園

カタルーニャ州を通る5つの主要道路ルート

kataruunya-douro

カタルーニャ州を満喫するための道路ルート

ロードトリップでカタルーニャを楽しむための5つのルートをご提案します。文化、自然、美食を組み合わせた、4〜5日の旅程です。

ルート1ピレネー山脈から地中海へ

5日間カタルーニャ地方ピレネー山脈を巡るルートをご提案します。このルートには、レリダとジローナの州の一部が含まれます。ハイキングや自然のアクティビティがお好みなら、お楽しみいただけるたくさんのオプションがあります。

距離:475Km 移動: 車で / 期間: 最低5日間

1日目、アラン渓谷 – ボイ渓谷アラン渓谷はルートのスタート地点です。素晴らしい美しさの山岳環境であり、その興味深いスポットには、ビエジャの町やバリカウバの森のルートがあります(特に春と夏)。国道230号線に乗り、ロマネスク様式の教会で知られるボイ渓谷までたどり着くことができます。ボイ渓谷は、ユネスコによって世界遺産に指定されており、芸術的価値に加えて、壮観な風景の中にあります。ボイ渓谷ロマネスクセンターでそれらに関するの詳細および訪問に関する情報を入手することができます。

サラルドゥ、アラン渓谷

2日目アイグエストルテス・イ・エスタニ・デ・サン・マウリシ国立公園自然を満喫しましょう。たとえば、アイグエストルテス・イ・エスタニ・デ・サン・マウリシ国立公園は、ボイ渓谷からすぐ近くにあります。国道260号線のルートを進むと、パリャーズ・ソビラに到着します。このこのエリアは、急流やアドベンチャースポーツの愛好家に非常に人気があります。

カルデス・アイゲストルテス国立公園、リェイダ県

3日目ラ・セウ・ドゥルジェイ - リポイ:2つの文化をテーマとした観光を提案します。一方は、ルートは国道260号線を進み、ラ・セウ・ドゥルジェイに向かいます。ここではカタロニアで唯一の完全にロマネスク様式の大聖堂を訪れることができます。その先、リポイでサンタ・マリア・デ・リポイ修道院を訪れることができます。この修道院は、特にロマネスク様式の正面と回廊が際立っています。両方の訪問の中間にあるラモリーナスキーリゾートでは、年間を通じてさまざまなスポーツアクティビティを楽しむことができます。

ラ・セウ・ドゥルジェイ大聖堂の尖塔

4日目ラ・ガロッチャ - ベサル:このルートはラ・ガロッチャと、植物に囲まれた40以上のクレーターで構成されるその印象的な火山の風景の中を進んでいきます。最も壮観な観光は、おそらく気球でその上を飛ぶことかもしれません。さらに、このエリアでは、ベサル、ベジェ、サンタ・パウなどの中世の建築の村々を訪れることをお勧めします。中世へタイムトリップしたような気分になることでしょう。

ベサルの中世の橋

5日目コスタ・ブラバ - ダリニアン・トライアングルルートの最後に、地中海の有名なコスタブラバ行きましょう。そこでは、シュルレアリスムの巨匠、サルバドール・ダリの作品に出会うことができます。ここには、ダリ劇場美術館(ダリの故郷であるフィゲレス)、サルバドール・ダリの家美術館(カダケス、ポルリリガルト)、ガラ・ダリ城(プボル)で構成される、いわゆる「ダリニアントライアングル」があります。

ダリ劇場美術館(フィゲラス)

ルート2地中海沿岸

地中海沿岸に沿った5日間のルートを提案します。この旅程はタラゴナ州でスタートし、ジローナ州のカタロニア北部に到達します。海がお好きなら、ビーチや漁村でのリラックスした日々をお楽しみいただけるこのルートは完璧です。

距離:350Km 移動: 車で / 期間: 最低5日間

1日目エブロ川デルタ地帯自然公園:最初にデルタ・デル・エブレ自然公園を訪れましょう。ここは自然、特に鳥が好きな人にとって不可欠です。ヨーロッパに生息する10種のうち最大6種が生息する重要な湿地です。訪れる方法は?サイクリングルート、ガイド付きツアー、写真サファリ、ボートツアーなど。稲作も非常に重要であり、湿地へのツアーではそれがどのように行われるかを見ることができます。サン・カルレス・デ・ラ・ラピタは、おそらく最も観光客が訪れる自治体です。

エブロ川デルタ地帯のサイクリスト

2日目ポルタベントゥラ ワールド - コスタドラダ:自然公園から車で1時間のところに、ヨーロッパで最も楽しいテーマパークのひとつ、ポルタベントゥラ・ワールドがあります。ポルタベントゥラ ワールドまた、フェラーリランドパークもあり、主役としてスピードとエンジンを備えたアトラクションがいっぱいです。テーマパークは海の街サロウにあり、コスタ・ドラダにいる機会を利用して、近くにある地中海で泳ぐのに最適なカンブリルスなどに行きましょう。

タラゴナのポルト・アベントゥラ

3日目タラゴナ:まず、自然を、次に楽しみ、そして3日目は、タラゴナの歴史とローマ帝国での壮麗さを巡る文化をテーマとした旅行です。その遺跡はユネスコによって世界遺産に登録されており、劇場、円形劇場、ローマのサーカスなどのモニュメント、またはタラコフォーラムの遺跡が含まれています。博物館や初期キキリス卜教時代のネクロポリスも訪れる価値があります。歴史地区を歩いて、大聖堂、古いサンタテクラ病院、ユダヤ人地区などを探索してください。街は、ポルトアベントゥラ ワールドから10キロほどのところにあります。

タラゴナ大聖堂

4日目および5日目バルセロナ - コスタブラバ:ルートは北へと続き、人気のコスタブラバに入ります。途中で、バルセロナの街(タラゴナから約100 km)で1日を過ごすのは常におすすめのプランです。数時間だけ観光される場合は、ランブラス通りを歩き、ゴシック地区とグラシアプロムナードを見て、サグラダファミリアを訪れることをお勧めします。もう少し長く観光される場合は、この2日間のルートまたは目的地の情報をご覧ください。また、コスタブラバには、海まで続く小さな松林の間に多くの入り江があります。特に、パラモス(バルセロナからわずか100キロメートルほど)、ベガー(さらに北へ約20キロメートル)、バラ(同じ方向に約70キロメートル)、カダケス(さらに約15キロメートル)などの町をおすすめします。これらの街ではカタロニアの地中海のライフスタイルを100%感じることができます。

バルセロナの眺め - バラの眺め

ルート3世界遺産

バルセロナを出発し、タラゴナを横断し、リェイダで終わる4日間のコースを提案します。

距離:400Km

1日目バルセロナ: バルセロナといえばモダニズム、特にガウディ。グエル公園、パラオグエル、カサ・ミラ「ラペドレラ」、カサ・バトリョ、サグラダファミリア、カサ・ビセンス、コロニア・グエルの教会(市内中心部から約20 km)は、バルセロナでユネスコによって世界遺産に指定された、アントニ・ガウディの7つの作品です。カタルーニャ音楽堂とサンタ・クル・イ・サンパウ病院で、街のユネスコによって世界遺産に指定された観光スポット巡りを締めくくりましょう。

バルセロナの大聖堂

2日目タラゴナ:ルートは地中海沿岸に沿って約100キロメートル続き、タラゴナに到着します。古代遺跡群はユネスコによって世界遺産に登録されており、野外劇場、円形競技場などのモニュメント、またはタラッコ公共広場が含まれています。初期キリスト教博物館およびネクロポリスも訪れる価値があります。歴史地区を歩いて、大聖堂、古いサンタテクラ病院、ユダヤ人地区などを探索しましょう。

タラゴナ古代ローマ遺跡群

3日目サンタ・マリア・デ・ポブレット修道院 - アルコ・デル・メディテラネオ:タラゴナの街の周辺では、この地域のローマ時代の過去を探る機会があります。ローマ時代の別邸、セントセルズ(タラゴナから約10キロ)とエルス・ムント(約15キロ)を訪れることができます。どちらも世界遺産に登録されている『タラコ考古学群』の一部です。その日の残りの時間は、タラゴナから約40 kmに位置するサンタ・マリア・デ・ポブレット修道院を訪れましょう。カタルーニャ州の宗教建築の最高の例の1つであり、ユネスコの世界遺産に登録されています。ここではガイド付きツアーがあります。もう一つのおすすめは、世界遺産に登録されているアルコ・メディテラネオの洞窟絵画が描かれたいくつかの洞窟を訪れることです。その中にはカブラフェイシェットの洞窟とエル・ペレロとウルデコナにあるシエラ・デ・ラ・ピエダッドのアブリゴ・デ・エルミタスがあります(タラゴナから南に約70キロおよび100キロ)。

ポブレー修道院、タラゴナ

4日目ラ・バル・デ・ボイ:国道230号線は、ロマネスク様式の教会で知られるサンタ・マリア・デ・ポブレット修道院から約200 kmに位置するヴァルデボイへと続きます。ボイ渓谷は、ユネスコによって世界遺産に指定されており、芸術的価値に加えて、壮観な風景の中にあります。ボイ渓谷ロマネスクセンターでそれらに関するの詳細および訪問に関する情報を入手することができます。サント・クリメント・デ・タウル教会へぜひ訪れてください。教会の中にあるオリジナル絵画のビデオマッピング(視覚的レクリエーション)による複製をお楽しみください。約125キロ離れたところに、ヴィラスの洞窟洞窟(オス・デ・バラゲール)があります。訪問される場合は、日曜日にのみ行われる、4x4の車両でガイド付きのご案内となることに注意してください。

ボイ村のサン・ジョアン教会

ルート4内陸に向かって

田舎の訪問、自然の遠足、スパでのリラックスした1日、文化をテーマにしたプランを組み合わせた5日間のルートを提案します。

距離:300Km 移動: 車で / 期間: 最低5日間

1日目中世の村:この旅程は、ベグルの町の地中海の海岸で始まります。歴史地区からは、中世の城が際立っています。この日のおすすめは、この地域の静かな中世の別荘を訪れることです。ベルグの他にも、パルス、ペラタリャダ、モネルスが互いに非常に近い場所にあり、おすすめです。

パラタリャダ

2日目ガバレス山地を通るルート高速道路65号線を内陸に向かう途中で、ガバレス山地に向かいます。この地域には、この地域の最初の入植者(紀元前3300〜1800年)を思い起こさせる巨石の記念碑がたくさんあります。フィトル、カロンヘ、ロマンヤ、ラ・セルバとその周辺からのルートを簡単に計画することができます。

ポルト・デ・ラ・セルバのサン・ペドロ・デ・ロダ修道院

3日目サン・ヒラリ・サカルム:カタルーニャ州には、多数の泉があるために「百の泉の村」として知られている場所があり、これらにも鉱物の薬効があるということをご存知ですか?それはサン・ヒラリ・サカルムであり、ルートの次の目的地です(ガバレス山地から約70キロメートル)。街のスパで自分自身をいたわる1日を楽しむのに最適な時期です。自然の中で一日を締めくくりたい場合は、カタルーニャ州で最大の記念碑的な森林がわずか15 km離れたところにあるのをお忘れなく。それは、マスホアン樹木園です。

マスホアンのセコイア

4日目ルピット・イ・プルイット - ビック高速道路25号線を進み、約1時間半でこのルートの最も保存状態の良い秘密スポットの1つ、ルピット・イ・プルイットに到着します。ルピット・イ・プルイットカタルーニャ州で最も魅力的な田舎への小旅行の一つです。それはまるで石で彫刻されたような静かな中世の町です。歩行者通りと石畳の道、平和なマヨール広場、花の咲くバルコニー、城、美食など、時間を忘れてしまうことでしょう。いずれにせよ、午後にいつでもビックを訪れることができます(高速道路153号線で1時間未満)。歴史地区を歩くと、サント・ペレ大聖堂、聖公会宮殿、西暦2世紀のローマ時代の寺院を見ることができます。

 バルセロナ、ルピット・イ・プルイットの全景

5日目モンセラート山自然公園高速道路25号線に沿って約1時間のルートを進み、モントセラト山自然公園で終わる旅程です。並外れた美しさに囲まれ、山のユニークな形は驚くべきものです。必見の観光スポットは、カタルーニャ州で最も有名な巡礼地の1つであるモンセラット修道院です。修道院のガイド付き見学、博物館の探索、ケーブルカーに登って快適に景色をお楽しみいただけます。

バルセロナ、モンセラットのケーブルカー

ルート5ワインと文化

ペネデス(バルセロナとタラゴナ)とプリオラート(タラゴナ)のワイン産地の4日間のコースを提案します。小さな町を巡りながらワイナリー見学をしたり、シトー会修道院やオルタデサントの周辺を訪れるのがおすすめです。

距離:400Km 移動: 車で / 期間: 最低4日間

1日目ペネデスのワインとカバのルート:ペネデスのワインとカバを巡るルートは、サント・サドゥルニ・ダノイアとビジャフランカ・デル・ペネデスの2つの最も有名な場所にあります。1つ目はカタルーニャ州のカヴァの首都として知られ、2つ目はワインの首都として知られています。この地域の多くのワイナリーの中で、試飲、ブドウ園の見学、ワインの世界に関連する複数のアクティビティを簡単に楽しむことができます。バルセロナからは、高速道路7号線でこれらの場所に1時間以内で到着します。

ビジャフランカ・デル・ペネデスのジャウマ広場

2日目シトー会ルート:150キロメートル未満のルートで、ビジャフランカ・デル・ペネデスから始まるシトー会ルートとよばれるルートです。その厳格さと、ロマネスク様式とゴシック様式の間の過渡的なスタイルの建築によって特徴付けられるこの順序の3つの見学可能な修道院によって形成されます。世界遺産に指定されているポブレット修道院(タラゴナ州)が際立ちます。サントス・クレウス修道院(タラゴナ、アイグアムルシア)とバルボナ・デ・レス・モンヘス(自治体と同じ名前)で完成します。近くにあるもう1つの興味深い観光スポットは、ポブレットからわずか10 kmに位置する中世の村、モンブラン(タラゴナ)です。

ポブレー修道院

3日目プリオラート: 南へのルートをたどり、カタルーニャで最も有名な別のワイン産地であるプリオラート(タラゴナ)に向かいます。この日は、この地域のいくつかの小さな町を探索することと、ワイナリー見学と試飲を楽しむこととに分けることができます。山岳地帯で最も有名で魅力的な村には、ラ・モレラ・デ・モンサン(興味深いカルトゥハ・デ・エスカラディがある)、シウラナ、ポレラ、グラタロップス、ベルムント・デル・プリオラート、コルヌデジャ・デ・モンサント、ファルセットなどがあります。ワイナリーの中には、この地域で人気のある近代建築があります。ピネル・ド・ブライとガンデサが挙げられます。合計で、ルートは200キロメートル弱になります。

エスカラデイのカルトゥハ

4日目オルタ・デ・サン・ホアン - トルトーサ:このルートでは、画家パブロ・ルイス・ピカソに影響を与えた自然、オルタ・デ・サン・ジョアンの周辺を探索していきます。この自治体では、ピカソセンターを見学し、画家ピカソと人々の関係について学び、ここでインスピレーションを得たさまざまな芸術家の作品に出会うことができます。オルタ・デ・サン・ジョアンは、前日におすすめしたモダニスト・ワイナリーから約25 kmに位置しています。このコースは、40 kmの歴史ある首都トレスデレブレ地域のトルトーサの観光で終了します。その中で、アラブ様式のラスダ城、ユダヤ人地区、サンタマリア大聖堂を訪れることができます。ルートは、デルタ・デル・エブレ自然公園の自然の中で1日を過ごしたり、またはサント・カルレス・デ・ラ・ラピタの沿岸自治体を訪れたりして、延長できます。

オルタ歴史地区
に関する詳細をごらんください
おすすめプラン

インスピレーションを得るプラン