Travel Safe

安全に旅するためのアドバイス
リェイダ(カタルーニャ州)のエリル・ラ・バルの全景

エリル・ラ・バル

Lleida

リェイダのピレネー山脈の高地にあるボイ渓谷の中に、エリル・ラ・バルという小さな町があります。サンタ・エウラリア教会は、渓谷のロマネスク様式教会群に含まれており、ユネスコの世界遺産に登録されています。

カタルーニャ・ピレネー山脈の最西端に位置するボイ渓谷は、リェイダのアルタ・リバゴルサ地方に位置しています。渓谷にある町のひとつ、エリル・ラ・バルは、木、石、粘板岩などの素材を使った典型的な地元の建築物が見られる、絵のように美しい村です。 

中世にボイ渓谷が果たした重要な役割は、カタルーニャ地方で最も重要な建築遺産の一つを残しています。エリル・ラ・バルにあるサンタ・エウラリア教会は12世紀に建てられたもので、隣接する他の教会と同様にロンバルド・ロマネスク様式のものです。完全に修復されたこの教会には、中央のアプセと連棟の6階建ての鐘楼を備えた身廊があります。内部では、壁画や現在カタルーニャ国立美術館(MNAC)とビック主教美術館(MEV)間で保管されている「十字架降架」の彫刻群が目立っています。この教会と渓谷の他の教会によって形成されたロマネスク様式の建築物群は、その重要性により2000年に世界遺産に認定されました。

お見逃しなく

訪れるべき場所


リストを選択するか地図をナビゲートして興味深いスポットをご覧ください。

おすすめプラン

インスピレーションを得るプラン