Travel Safe

安全に旅するためのアドバイス 最新ニュース
サンタ・マリア・デ・タウーイ教会リェイダ

サンタ・マリア・デ・タウーイ教会

Lleida

カタルーニャ・ロマネスク様式の素晴らしい例


サンタ・マリア・デ・タウーイは、2000年にユネスコの世界遺産に登録されたバイ・ダ・ボイのロマネスク様式の教会群に属しています。

11世紀から12世紀にかけて建設されたサンタ・マリア・デ・タウーイ教会は、カタルーニャのロマネスク様式の素晴らしい例となっています。寺院は1123年に、サン・クレメンテ寺院と同時に聖別されました。大聖堂型の床面と、柱で分け隔てられた身廊が3つありましたが、改装されたため現在では身廊は1つだけです。シュベには12世紀にできた後陣が3つと5階建ての鐘楼があり、ブラインドアーチとロンバルディア様式の装飾があります。内部には壁画(地獄と最後の審判の情景)があり、その複写は国立カタルーニャ美術館(MNAC)で保存されています。

サンタ・マリア・デ・タウーイ教会


25527  Barruera, Vall de Boí, La, リェイダ  (カタルーニャ)

おすすめプラン

次の訪問