Travel Safe

安全に旅するためのアドバイス 最新ニュース
アイグエストルテスとエスタニ・デ・サン・マウリシ国立公園

カタルーニャ沿岸とピレネー山脈のルート

katarunya-pirenee-chichukai-engan-ruto

自然と文化を見事に組み合わせたカタルーニャの一面を巡ることが特にお勧めです。目的: 地中海岸とピレネー山脈という、世界的な規模の観光地を楽しむ。旅程は2週間以内で終わらせることができますが、休憩を入れてより時間をかけて過ごすほうが常にお勧めです。この道のりでは、時間が止まったかのような景色や小さな農村を発見し、のんびりとしたくなることでしょう。

行程1:コスタ・ドラーダとタラゴナ

カタルーニャ南部の地中海岸にある海水浴向けのビーチです。穏やかな海が楽しめる入り江やビーチ、ナイトライフに満ち溢れた都市や漁村。1年を通じて楽しめるプランです。最低2日間はタラゴナ市やレウス市を訪れ、海を楽しむ時間を組み合わせましょう。

距離:20-50Km 移動: 車で / 期間: 1~2日間

タラゴナの訪問は欠かせません。よい状態で保存されたローマ時代の遺跡群の1つを訪れることができます。ユネスコによって世界遺産に登録されており、劇場、円形劇場、ローマの円形競技場そしてローマの都市タラコの広場の遺跡が含まれています。旧市街をめぐり、広場やテラスのいくつかで休憩を取り、立ち去る前に大聖堂を訪れましょう。この1日を終えるには、有名なカラ・フォンダを訪れるか、タマリットまで行ってお城といっしょに夕暮れを眺めるのもよいでしょう。レウスは、特にガウディの生誕地として知られています。ガウディの生家や彼が洗礼を受けた教会を訪れたり、そして特にガウディーセンターでその人物や芸術について学んだりする機会があります。レウスを散策すると、モダニズム様式の建物を数多くご覧になれます。カンブリスサロウまたはトレデンバラは、同じ日に海を楽しむよいオプションです。お役立ち情報:タラゴナに最も近い空港は、レウス空港(約10キロメートル)またはバルセロナ空港(車で約1時間)です。

模型室、ガウディセンター

行程2:寺院と素晴らしいワイン

内陸部の旅程が始まり、シトー会の歩みをたどりながら進みます。ハイライトは、同会が保有するカタルーニャの3大修道院です。  この地域は、モダニズム建築で特別なワイナリーがいくつかあります。2つのプランを組み合わせるなら、この区間を楽しむために、さらに2日かけることをお勧めします。

距離:100Km 移動: 車で / 期間: 1~2日間

その厳格さと、ロマネスク様式とゴシック様式の間の過渡的なスタイルの建築によって特徴付けられるシトールートの修道院群。おそらく最も有名なのは、ユネスコの世界遺産に登録されているポブレー修道院でしょう。寺院の三角形には、サンテス・クレウス修道院群(タラゴナ県アイグアムルシア)とバイボナ・デ・レス・モンジェス(リェイダ県唯一)も組み合わされます。アルト・カンプやバルベラー盆地といった、よく知られた地域の間にあります。ここで多くの建築家が、ワインのモダニズム「寺院」を建設したのです。実際、アイグアムルシアとモンブランクの美しい中世の村の間には、さまざまな事例がご覧になれます。その様式は、印象的な形状、光にあふれた内部と、むき出しのレンガ、石、下塗り陶器の組み合わせといった、非常に独特なものです。お役立ち情報:3修道院を巡るルートは、100キロメートルほどになります。タラゴナに最も近いものはサンテス・クレウスで、40キロメートルほどのところにあります。

ポブレー修道院とバイボナ・デ・レス・モンジェス修道院

行程3:ロマネスクのピレネー

リェイダ県にあるカタルーニャピレネーへと進み、アイグエストルテスとエスタニ・デ・サン・マウリシ国立公園の素晴らしい眺めに魅了されてみませんか。2日間取って、1日はバイ・デ・ボイのロマネスク様式の教会を訪れ、そしてもう1日は遠出をし、国立公園の自然を堪能してみませんか。

距離:200Km 移動: 車で / 期間: 2~3日間

バイ・デ・ボイのロマネスク様式の教会は、ヨーロッパでも最も貴重な芸術群を形成しており、ユネスコの世界遺産に指定されています。  教会は合計で9つあり、その芸術面での重要性には、地域環境の美しさを付け加える必要があります。エリー・ラ・バイにあるバイ・デ・ボイのロマネスク中心街を散策して、この道のりを始めることをお勧めします。教会の中でも見逃せないのが、サン・フアン・デ・ボイサン・クレメンテサンタ・マリア・デ・タウーイの各教会です。現在教会に収蔵されている絵は、バルセロナの国立カタルーニャ美術館に収蔵されている原作の複製です。アイグエストルテスとエスタニ・デ・サン・マウリシ国立公園は、高山と透き通った水の光景を直に楽しめる地域です。国立公園内には、200を超える湖(エスタニ)、数多くの曲がりくねった道(アイグエストルテス)、激流や滝、そして標識で示されたハイキングルートの幅広いネットワークがあります。さらに、アドベンチャースポーツにもぴったりの場所です。この地域への入り口は、ガイドツアーを運営するビジターセンターがあるエスポットとボイです。1日だけ滞在する場合、おそらく後者のほうがよいオプションになるでしょう。お役立ち情報  シトールートの地域とバイ・デ・ボイの間は200キロメートルほどあり、主に国道N-230が通じており、所要時間は車で約2時間です。

アイグエストルテスとエスタニ・デ・サン・マウリシ国立公園

行程4:文化と田舎の魅力

カタルーニャピレネーを楽しみ続けましょう。セウ・ドゥルジェイとリポイにある重要な寺院を訪れ、ピレネー山脈のこの地域にある魅力的な田舎の村々のいくつかの訪問と組み合わせた小ルートをお勧めします。1日で終えることもできますが、車での移動時間を考えると、最低でも2日かけることをお勧めします。

距離:200Km 移動: 車で / 期間: 2日間コース

地中海に向けて進み、この地域を特徴づける自然と文化を組み合わせます。セウ・ドゥルジェイには、この地域唯一の、完全にロマネスク様式の大聖堂があります。その一方、リポイではサンタ・マリア・デ・リポイ修道院を訪れることができます。この修道院は、特にロマネスク様式の正面と回廊が際立っています。両方の訪問の中間にあるラ・モリーナスキーリゾートでは、年間を通じてさまざまなスポーツアクティビティを楽しむことができます。さらに、この道のり全てにおいて、石造りでスレート屋根の家の素敵な村々が散りばめられており、間違いなくお気に召すはずです。そのよい例としてはプルリャンス、バガまたはベイベル・デ・セルダーニャで、セウ・ドゥルジェイとリポイの間の道のりにあります。お役立ち情報セウ・ドゥルジェイは、アイグエストルテスとエスタニ・デ・サン・マウリシ国立公園の地域から約1時間半~2時間の距離にあります。セウ・ドゥルジェイとリポイの間の道のりは、約100キロメートルです。

ジローナ県にあるリポイ修道院とリェイダ県にあるセウ・ドゥルジェイ大聖堂

行程5:火山の土地

旅程では、ジローナ県にあるラ・ガロッチャの独特な風景にたどり着きます。植生豊かな火山クレーター40以上で構成されていることは、ご存じでしたか?気球でこの地域の上空を飛行するのは素晴らしい体験ですが、今回はより絵のような村々のいくつかを巡る1日をお勧めしたいと思います。

距離:100Km 移動: 車で / 期間: 2~3日間

ジローナ県北部にあるバジェットは、この地域で最も美しい村々の一覧に、頻繁に登場します。その理由としては、規模が小さく人口も少ないため、ロマネスク様式の興味深い教会、中世の橋2つと、山と川の間に家々がある石畳の道があり、山あいの村ののどかな写真を撮影することができるためです。フルビアー川から見た印象的なカステイフォリット・デ・ラ・ロカ。この展望により、溶岩が2回流出し重なり合うことで形成された険しい岩山の上にある、古い街並みをご覧になれます。村の中では、石畳の曲がりくねった通り、古いサン・サルバドル教会や息をのむような展望台を見つけることができます。オロットは、植生で覆われた火山が4つあることから、「火山都市」として一般に知られています。おそらくこの地域は、気球から最も楽しめますが、これらのクレーターの中からは村の興味深い風景も楽しめます。旧市街には、モダニズム建築のさまざまな例が残されています。ベザルーはこの地域では欠かせない目的地で、最高の形で保存された中世の街並みを備えています。入り口となる中世の橋を渡ることは、この訪問によりもたらされる魅力の予兆です。実際、この村は「ゲーム・オブ・スローンズ」、「ウエストワールド」や「パフューム ある人殺しの物語」といった人気の高い映像傑作の舞台となったのです。お役立ち情報:バジェットはリポイから40キロメートルほどの距離にあり、車で1時間弱の移動時間です。これら4つの村の間の道のりは60キロメートルで、車だと1時間半以内です。             

気球とカステイフォリット・デ・ラ・ロカ

行程6:コスタ・ブラバ

地中海岸に再度達することから、潮風をもう一度感じることになります。この海岸は他の場所と違い、天才ダリにインスピレーションを与え、ダークブルーに輝く水の入り江と金色の砂のビーチが交互に続き、小さな中世の町が近くにあり、カタルーニャで過ごした2週間のルートに別れを告げるものです。海を楽しみ、非常に魅力的な文化的訪問をいくつか行うべく、2~3日確保することをお勧めします。

距離:200Km 移動: 車で / 期間: 3~5日

ここには、ダリ劇場美術館(ダリの故郷であるフィゲラス)、サルバドール・ダリの家美術館(カダケスのポルトリガト)、ガラ・ダリ城(プボル)で構成される、いわゆる「ダリニアン・トライアングル」があります。この地域は2日で巡ることができ、ジローナ市の訪問を組み合わせることもできます。ジローナの中世の歴史地区は、歩き回るのが好きな人のためのものです。ユダヤ人街、大聖堂やアラブ浴場を訪れる機会を逃さないようにしましょう。フィゲラスは近くにあり、この日の午後にダリ劇場美術館を訪問することもできます。興味深いお話:この美術館が、世界で一番大きなシュールレアリズム建築物とみなされていることはご存じでしたか?2日目は、カダケスに向かいます。白い家、海の雰囲気、静かさなどが、ダリのインスピレーションとなりました。「ダリニアン・トライアングル」を終えるべくプボルに向かい、愛する女性のためにダリが考案したお城を訪問しましょう。このルートは、太陽と海いっぱいの休日1日で終えることをお勧めします。休めるオプション付きの場所が数多くあり、次の目的地に応じて選ぶことができます。例えば北から南にかけて、ロザスサン・ペレ・ペスカドールバグールパラフルジェイカスティージョ・デ・アロトッサ・デ・マルリョレット・デ・マルまたはブラネスなどなどです。お役立ち情報バザルーからジローナまでは、車で30分ちょっとの道のりです。フィゲラスまで移動を続ける場合、同じぐらいの時間が必要です。「ダリの三角形」の間を移動するには、100キロメートルほどの距離の走破が必要となります。すでに計画済みのように、フィゲラスからカダケスまではわずか40分です。カダケスとプボルまでは、車で1時間ほどです。コスタ・ブラバの沿岸は200キロメートル以上の長さがありますが、見どころの間の交通は便利です。最寄りの空港は、ジローナ空港とバルセロナ空港です。

バザルーとカダケス
に関する詳細をごらんください