Travel Safe

安全に旅するためのアドバイス 最新ニュース
レリダのラ・セオ・デ・ウルヘルの大聖堂

ラ・セオ・デ・ウルヘルの大聖堂

Lleida

ピレネーのロマネスク様式の珠玉の1つ


この寺院は、外部にロンバルディア風の影響のあるカタルーニャのロマネスク様式の一例となっています。

サン・エルメンゴル司教が11世紀にロマネスク様式の大聖堂の工事を始めましたが、50年後に大聖堂が崩壊し、現在のものが建てられました。工事は1183年に完了しました。ロマネスク様式の素晴らしい例であり、外部装飾にはロンバルディア風の影響があります。身廊3つと後陣5つ付きのクロッシングを擁し、大聖堂型のフロアとなっています。正面には3つ門があります。回廊の柱頭には、植物や人間をモチーフとした飾りがあります。聖歌隊席、格子、ステンドグラスや祭壇画は15世紀のもので、18世紀のバロック様式の要素もあります。教区博物館にはベアトゥス黙示録、10世紀初期のモサラベ様式のミニチュアが展示されています。

ラ・セオ・デ・ウルヘルの大聖堂


Calle Santa María s/n

25700  Seu d'Urgell, La, リェイダ  (カタルーニャ)

Eメール:info@espaiermengol.cat Eメール:info@turismeseu.com TEL::+34 973 35 30 57 TEL::+34 973 35 15 11 Webサイト:http://laseumedieval.com/en/
おすすめプラン

次の訪問