Travel Safe

安全に旅するためのアドバイス
ジローナの眺め(カタルーニャ州)

ジローナ

Girona

「四つの川の街」の異名を持つジローナには、中世の建物が立ち並び、かつ、ローマ、アラブ、ユダヤの記憶が色濃く残る歴史地区があります。

城壁に囲まれたフォルサ・ベジャでは、この街の歴史の流れの中で生まれた傑作の数々を目にすることができます。ピレネー山脈とコスタ・ブラバに挟まれた恵まれた立地のおかげで、目的地が町であれ自然地域であれ、参加してみる価値のあるエクスカーションは星の数ほど存在します。いずれの場所でも、海と山の幸を組み合わせたレシピを得意とする地元グルメを味わうチャンスがあるでしょう。

4本の川の合流点となっているテル渓谷にジローナの街があります。そのうちの1本であるオニャル川を境に、この街は歴史地区と近代的な地区とに二分されています。カタルーニャ州にあるこの都市のかつての中心部は、紀元前1世紀にローマ人によって建設されて以降、その長い歴史の痕跡を現在に至るまで保存してきました。ローマ人が築いた原始的な城壁の一部は、アルケオロヒコ通りからムラージャ庭園までの区間に残されています。

フォルサ・ベジャ

城壁に囲まれた区域(フォルサ・ベジャ)に縁取られるようにして大聖堂がそびえ立っています。この大聖堂がもともとロマネスク様式だったことは、その要塞のような外観と戦略的な立地から見てとれますが、最も注目すべきはゴシック様式でできた巨大な身廊です。この身廊は中世ヨーロッパ建築の中でも最大の幅を誇っています。身廊の内部には、カタルーニャのロマネスク様式における珠玉のひとつ、天地創造のタペストリーが保存されています。大聖堂の入り口の階段横には、ゴシック様式でできた旧慈善団体、ピア・アロモイナがあります。ジローナには他にも、歴史芸術モニュメントに指定されているベネディクト会のサン・ペレ・デ・ガジガンツ修道院やサン・ニコラウ教会など、宗教建築の要といえるものが存在します。これらはロマネスク様式の寺院であり、その後陣と八角形のドームは中世カタルーニャの重要な要素を形作っているため、じっくりと観察する価値があります。庭園に囲まれるようにして建つゴシック様式のサン・ドメネク修道院は、中世カタルーニャの植民地化と再入植において修道会の存在がどれだけ重要であったかを示す明らかな例となっています。アラブとユダヤの貴重な芸術作品もまたこの時代のもので、これら二つの文化とキリスト教文化が何世紀にも渡って共存したことで得られた産物だといえます。というわけで、ジローナのユダヤ人街、エル・カルを形成する無数の小さな路地に足を踏み入れてみましょう。フォルサ通りは、かつてはシナゴーグとカバラ研究所があったこの地区の枢軸となっています。オリ広場とビー広場は当時の風情をそのまま残しています。ここでは、フォンタナ・ドールのような中世の宮殿建築の珠玉の名作のいくつかが目に飛び込んできます。現在、エル・カルは、スペインで最も保存状態の良いユダヤ人地区のひとつに数えられています。ここからそう遠くないところにあるカプチン会修道院にはアラブ式風呂が設置されています。8本の細い柱で支えられ、八角形のドームで覆われた小礼拝堂は一見に値します。川を渡ってジローナの近代的な地区に向かう前に、サン・フェリウの鐘楼に上がるか、オニャル川に架かるポン・デ・ペドラを訪れてみましょう。この橋からは、街全体の景色と、そこに立ち並ぶ家々の黄土色・藍色・れんが色に塗られたファサードを眺めることができます。川の対岸には、ラファエル・マソが手掛けたカタルーニャ・モダニズムの極めて美しい建物が点在します。中でも傑出しているのが、ファリネラ・テイシドールとカサ・デ・ラ・プンシャです。17世紀のバロック様式の建造物であるサンタ・カタリナ病院もこのエリアに設置されています。そして、パセッチ・デベサの反対側には、ジローナ市民の行楽地のひとつであるデベサ公園があります。バナナの木を中心としたエキゾチックな森がうっそうと繁る場所で、街で見られる中世の建築物とは非常に対照的な様相を呈しています。

コスタ・ブラバ

ピレネー山脈の末端部と地中海に臨むコスタ・ブラバの間という恵まれたロケーションのおかげで、ジローナからは県内のありとあらゆる場所に簡単にアクセスできます。ポルトボウ(北)からブラネス(南)に伸びる沿岸地方を構成するのは、中世の寺院、漁村、ローマ時代の遺跡、そして、切り立った崖の合間に点在し透明な水をたたえている広大なビーチと入り江です。いずれの場所でも、海と山が一体となって作り上げる風景には忘れがたいものがあります。サン・ペレ・デ・ロダス修道院があるエル・ポルト・デ・ラ・セルバのような場所、カップ・デ・クレウス自然公園、カダケスの風景とロザス湾、パルスなどの歴史芸術的総体、あるいはトッサ・デル・マルといった海岸線ぎりぎりに建つ城壁に囲まれたスポットなどを見逃す手はありません。そして、これらはほんの一例であることをお忘れなく。コスタ・ブラバの真ん中、ベグルの町のアイグアブラバビーチを見下ろせる場所にパラドールが建っています。レジャー用のあらゆる種類の設備をそなえたモダンな建物で、そこからは、このパラドールの真下にあるプンタ・ダス・ムッツの崖の、誰もがうらやむほどの景色を眺めることができます。海と松林に囲まれたこの美しい環境は、ジローナ料理を詳しく知るための格好の場所と言えます。海の幸と山の幸を組み合わせることで、カタツムリの煮込み、野菜のグリルのロメスコソース(アーモンドとドライパプリカ入り)がけ、魚を使った米料理などを前菜にすえたレシピが生まれるのです。メインディッシュは、魚のグリル、チキンとロブスターの煮物、ウサギ肉のチョコレート煮のなかからお選びいただけます。クレマ・カタラーナ(カスタードのキャラメルがけ)またはリンゴのミルフィーユなどのチョイスはいかがでしょう?以上ご紹介したすべての品々のお供には、アンプルダン=コスタ・ブラバの原産地呼称付きの白、赤、ロゼワインを是非お試しください。東部ピレネーの山と谷も、じっくりと時間をかけて回る価値があります。高い峰に覆われ水量のある川が流れる山岳風景を、リベス渓谷とヌリア渓谷が和らげています。プッチセルダーやサン・ジョアン・デ・ラス・アバデッサスにある中世の建物、ケラルブスといった山間の村にある一般建築、または、ラ・モリーナやマセージャなどのスノーリゾートのおかげで、ピレネー山脈はその風景と自然の豊かさをさらに増しています。ジローナの自然がもつその高い価値ゆえに、エンポルダ湿地帯とガロチャ火山帯が自然公園として保護されることになったのです。それぞれが強い個性を持つ場所の数々は、カタルーニャの豊かさを物語っています。ビジターセンターが提供する情報を利用することで、それらのスポットを訪れることが可能となっています。

お見逃しなく

訪れるべき場所


リストを選択するか地図をナビゲートして興味深いスポットをご覧ください。

お見逃しなく

訪れるべき場所


リストを選択するか地図をナビゲートして興味深いスポットをご覧ください。

おすすめプラン

インスピレーションを得るプラン