Travel Safe

安全に旅するためのアドバイス 最新ニュース

ユネスコにより無形文化遺産に指定されている祭りや伝統を巡る旅

none

ユネスコにより無形文化遺産に指定されている祭りや伝統を巡る旅


ユネスコが無形文化遺産に指定する祭礼行事は古くから受け継がれてきた大衆文化であり、それらを祝う人々のアイデンティティを象徴する伝統です。遺産指定されている行事の多くはスペインで開催されます。

フラメンコ

一年中 フラメンコは主にアンダルシアの有名な伝統文化のひとつですが、エストレマドゥーラやムルシアなどでも伝統とされてきました。歌、ダンス、演奏を楽しむことができ、特にセビリアやマドリードなどの都市で知られているタブラオ、またはグラナダの洞窟での鑑賞をお勧めします。フラメンコに関するフェスティバルとしては、カンテ・デ・ラス・ミナス・フェスティバル(ムルシア州ラ・ウニオンで毎年開催)および セビリアのフラメンコ・ビエンナーレ(9月と10月に2年おきに開催)の2つが有名です。 詳細はこちらをご覧ください

コルドバのフラメンコ

人間の塔または「カステイ」

カタルーニャで年中開催 人間の塔はその名の通り、人々によって形成された塔であり、最大10人分の高さに達します。これらの塔またはカステイ(カタルーニャ語の名前)の伝統には200年以上の歴史があり、通常、カタルーニャ州の町の各祭りで形成されます。塔の形成にはすべての年齢層の人々が参加します。通常、土台は一番強い男性陣で構成され、中層は女性参加者と男児が、そして一番上は一般的に男の子と女の子が構成します。塔は常に、流行りの音楽で活気づくお祭りの雰囲気の中で形成されます。 詳細はこちらをご覧ください

ビジャフランカ・デル・ペネデスのカステラの日(Diada castellera de Villafranca del Penedés)、バルセロナ、カタルーニャ州。

バレンシアの火祭り

3月19日頃、バレンシアの街で開催。 ユーモア、風刺、火がこの祭りの主役であり、数日間にわたって街はエンターテインメントで溢れ、多くの市民が参加します。主要な広場と通りには数々の風刺的彫刻像(人形)の大群が置かれ、にぎやかなパレードとカラフルな花火が春の到来を歓迎します。祭りは3月19日の夜に最高潮に達し、バレンシアの火祭り博物館のコレクションの一部として選ばれるニノット(バレンシア風人形)以外のすべての人形の焼却(クレマ)が行われます。 詳細はこちらをご覧ください

バレンシアの火祭りで燃える火

太鼓祭り

特に聖週間には多くの祭礼行事りが開催されます 何時間もの間、昼夜を問わず一斉に繰り返し鳴る数千の太鼓。最初は耳をつんざくような激しい音にも聞いているうちに魅了され、太鼓を打つ人々の情熱が伝わってきます。この伝統はたくさんの祭りで行われ、多くの場合聖週間とつながりがあります。ヘリン(アルバセテ、カスティーリャ – ラマンチャ)、カランダ(テルエル、アラゴン)、ムラ(ムルシア州)の太鼓祭り「タンボラダ」がその例です。ドノスティア – サンセバスチャンの太鼓祭りも国際的に有名であり、1月20日の夜に街のパトロンの日が祝われます。

モラタリャの太鼓祭り、ムルシア州

コルドバのパティオ祭り

5月に コルドバ(アンダルシア)で開催 何千もの花で飾られたパティオと広場、通りのオレンジの花とジャスミンの香り、そしてフラメンコのリズムの音がそこに加わります。コルドバのパティオ祭りは、パティオを再会と共同生活の場所として祝う祭りです。住人はパティオを花で飾り、コンテストに参加して最も美しいものが選ばれます。さらに、大きなパティオではフラメンコショーの歌と踊りなどによって、街中に陽気なお祝いの雰囲気が作り上げられ、街は1か月間春を歓迎する祭りで盛り上がります。 詳細はこちらをご覧ください

コルドバのパティオ祭り

ベルガのラ・パトゥム祭り

5月~6月にベルガ(バルセロナ)で開催 コーパス・クリスティの伝統的な祭りの時期に祝われ、街の通りでは宗教的・非宗教的要素が組み合わされたパレードや演劇のパフォーマンスが行われます。祭りの最大の見どころはマヨール広場で行われます。マヨール広場は、悪魔、天使、ドラゴン、巨人、ドワーフが太鼓のリズムに合わせて踊り、火の中で踊る「火の地獄」に変わります。この祭りは特に日暮れ時に盛り上がり、また午前中は子供向けバージョンも準備されます。15世紀から絶えず祝われています。 詳細はこちらをご覧ください

ベルガのラ・パトゥム祭りの巨人
ピレネー山脈の夏至の火祭り

ピレネー山脈の夏至の火祭り

6月23日にアラゴン州およびカタルーニャ州の村で行われます。 ピレネー山脈の夏を歓迎し、ソブラルベとラリバゴルザ(アラゴン州ウエスカ)およびアルタ・リバゴルサ地方、ベルゲダ地方、パリャーズ・ジュサ地方、ラ・バル・デ・アラン地方(カタルーニャ州リェイダ)の多くの村で祝われます。先祖代々受け継がれてきたこの儀式には、村中すべての人が参加し、一緒に食事、そして歌や踊りを楽しみます。すべての行事では火が主役となります。参加者は各地の伝統に従い、火が付いた手作りのたいまつ(ファジャス)を持ち、踊りながら高地から降りてきて火で様々な形を作ります。最後に、村では夏を迎える大きなき火が灯され、祭りが続きます。 詳細はこちらをご覧ください

「LA MARE DE DÉU DE LA SALUT(健康の乙女)」祭り

9月7日から8日にアルヘメシ(バレンシア州)で開催。 バレンシア州、アルヘメシで行われる最大の祭りであり、劇場公演、ダンスショー、コンサートが町を盛り上げます。遺産指定の背景として、ユネスコはこの中世起源の祭りに多くの人々が参加することを挙げています。 パレードには何千人もの人々が集まり、アルヘメシの歴史的な地区4カ所、バレンシア、ラ・ムンタンヤ、サンタ・バルバラ、ラ・カペラに広がります。 詳細はこちらをご覧ください

バレンシア州、アルヘメシの祭りの人間の塔の披露

エルチェの神秘劇(MISTERIO DE ELCHE)

エルチェ(アリカンテ)で、毎年8月11日から15日、さらには偶数年の10月の終わりから11月1日に行われます。 聖母マリアのの永眠、被昇天、戴冠式を題材にした宗教的表現を備えた唯一現在も残る古い叙情劇を楽しむことができるまたとない機会であり、15世紀以来祝われ続けています。サンタ・マリア大聖堂で行われ、劇全体がバレンシア語とラテン語のみで行われます。この作品は2部構成で、1日に一幕上映されます。さらに、前日に行われるリハーサルを見学することもできます。いずれの場合も、チケットを購入する必要があります。事前に購入されることをお勧めします。 詳細はこちらをご覧ください

シビラの歌

マヨルカ島の教会で12月24日の夜に行われます。 中世ヨーロッパの礼拝式で歌われたこの歌は、今も手つかずのままで残されており、マヨルカ島のほぼすべての自治体で行われます。オルガンで演奏されるシビラの歌は、少年または少女によって歌われます。さらに、最低二人の子供とさまざまな年齢の人々が参加し、この伝統は世代から世代へと受け継がれています。 詳細はこちらをご覧ください

無形文化遺産に登録されているその他の伝統や慣習

最も人気があるのは、おそらく地中海料理でしょう。オリーブオイル、野菜、新鮮な旬の食材をベースにした健康的な料理で、家族や友人と共に楽しまれる習慣があります。 あまり知られていないかもしれませんが、シルボ・ゴメーロは非常に独特です。これは、スペイン領カナリア諸島にある人口20,000人のラ・ゴメラ島で使用される口笛言語です。 鷹狩りまたは猛禽類を飼いならし訓練する能力、乾燥させた石の芸術(または石を積み重ねることだけで壁を建設する)、およびスペイン地中海の灌漑者の裁判所(具体的にはムルシアとバレンシアで行われます)で、ユネスコで指定を受けたスペインの無形文化遺産のリストを締めくくらせていただきます。

鷹狩りショー