Travel Safe

安全に旅するためのアドバイス 最新ニュース
カランダの聖週間。ロンピーダ・デ・ラ・オラ

カランダの聖週間

国際的な観光名物祭り

Calanda

Teruel

テルエル県にあるカランダは、「太鼓と大太鼓のルート」を構成する9つの村のうちのひとつです。

聖週間の期間中、これらの楽器から生まれるとどろきや音色は、アラゴン州南部に位置するこうした場所の隅々まで響き渡ります。このカランダの祝典のなかでも人々が最も待ち望んでいる瞬間といえば、「ロンピーダ・デ・ラ・オラ」です。ほかの村とは異なり、カランダで「ロンピーダ」が行われるのは聖金曜日の正午です。何千もの太鼓や大太鼓が広場に集結し、12時になると一斉に演奏が開始され、その場所全体がけたたましい音に包まれます。その直後、この祭りの中でも最も印象的なパレードが行われます。それが、「エル・プレゴン」の宗教行列です。触れ口上をする役人がキリストの死を宣言すると、太鼓や大太鼓の連打が止みます。これらの楽器の音は、土曜日の午後に行われる「聖なる埋葬」の宗教行列の後は、翌年になるまで再び耳にすることはありません。

聖週間は、スペインで祝われる祭りの中で最も深く根付いているもののひとつです。この祝典は何世紀もの歴史と伝統の上に成り立ち、そのなかでイエス・キリストの受難と死を思い起こすのです。スペインの多くの街や村々の街角は、熱情と宗教献身の舞台となります。宗教行列の音楽、芸術、色彩と魔術とともにキリストの死を思う哀悼と黙想が合い混じって、多くの群集が宗教的な像を先頭とする厳かな行列に続きます。

カランダの聖週間


Calanda, テルエル  (アラゴン)