Travel Safe

安全に旅するためのアドバイス 最新ニュース
アラゴン州サラゴサ市のピラール大聖堂の写真を撮影する観光客

サラゴサでの2日間

Zaragoza

ピラールの町


都市へ小旅行するなら、その目的地にはサラゴサを選ぶのが賢明です。今回は、この町を2日間で見て回るための最良の方法をご紹介します。訪問中にやってみたいことが数え切れないほど見つかるはずです。ほとんどの観光アトラクションは歴史地区に位置しているため、徒歩で気軽に観光できます。なお、この歴史地区はスペイン最大級の規模を誇るものです。そして、まさにこの歴史地区こそが、2日間でサラゴサを巡るこのルートのスタート地点になっています。

1日目

サラゴサを訪れるのが初めてなら、1日目は歴史地区とピラール広場周辺を散策しながら過ごすのがよいでしょう。

必見スポット:バシリカ教会堂と大聖堂:

見逃せない観光名所はいくつもありますが、特に必見のスポットが2つあります。サラゴサの2つの大聖堂です。それぞれ、ヌエストラ・セニョーラ・デル・ピラール・バシリカ教会堂、エル・サルバドール大聖堂といいます。ピラール・バシリカ教会堂の中では、16世紀の主祭壇画の細部をはじめ、ゴヤの作品、サン・フランシスコ・デ・ボルハ塔の展望台、そしてもちろんビルヘン・デル・ピラール(ピラールの聖母)の美しい彫刻にご注目ください。

ピラール・バシリカ教会堂の近くでは、この町を象徴するほかの建物も目を引きます。具体的には、サラゴサ市役所の本庁舎、卸売市場ロンハ、ゴヤの慰霊碑、大司教宮殿および併設のアルマ・マーテル博物館、カエサルアウグスタのフォーラム博物館があります。2つ目の必見スポットはエル・サルバドール大聖堂です。この町を代表する寺院であるとともにアラゴンのムデハル芸術の宝石ともいえるもので、大聖堂内にはフランダースのタペストリーを収蔵している見事な博物館があります。

サラゴサで食事ができることの喜び

サラゴサでは、数多くのレストラン、居酒屋、バルの中からお好きな場所を選び、もっとも伝統的なタパスから極めて革新的な創作料理まで、地元のグルメを幅広く堪能することができます。また、一般的なメニューを選ぶことも、特に人気の高いエリアでタパス巡りをすることも可能です。そうしたエリアとしては、トゥーボ地区、サン・ミゲル広場、ラ・マグダレナ地区、サンタ・マルタ広場、中央市場、サン・フランシスコ広場などが挙げられます。サラゴサは、数多くの社交イベントが行われ、かつ常に活気にあふれた素晴らしい町です。通りはいつも賑わっており、思わずテラス席でタパスのおいしさを味わいたくなってしまいます。

左:ピラール広場 / 中央:カエサル・アウグスタ劇場博物館 © Hydra Viridis / Derecha:アラゴン州サラゴサ市の王女の広場 © Renata Sedmakova

文化と周囲の雰囲気を満喫する午後

歴史地区の外に出なくても、サラゴサの歴史を満喫し続けることができます。古代のカエサルアウグスタには、港、劇場、フォーラム、温泉の博物館がそれぞれあり、ローマ時代の遺跡を見学することができます。その一方で、個人美術館ではまた違った芸術スタイルに染まることもできます。ゴヤ美術館ではフランシスコ・デ・ゴヤの熟練技に、ルネッサンス様式でできたアルヒージョ伯爵宮殿の中にあるパブロ・ガルガージョ美術館ではパブロ・ガルガージョの前衛芸術に、アラゴン現代美術・文化センター(IAACC)パブロ・セラーノではパブロ・セラーノの天才の偉業に触れてみましょう。市内に設置されている幾多の文化スペースや展示室、博物館を兼ねたモニュメントの中からお好きなものを選び、文化的好奇心を満足させることもできます。その一例として、サラゴサ博物館(サラゴサ県の考古学品やゴヤの貴重なコレクションなどを所蔵)、自然科学博物館、王女のパティオ (由緒あるサポルタ宮殿の一角)、カイシャフォルム、王立馬術学校などが挙げられます。 路面電車を利用するか気持ちよく散歩しながらダウンタウンを後にすると、サラゴサ随一の公園であるグランデ・ホセ・アントニオ・ラボルデタ公園に着きます。この空間の特徴は、綿密に設計された環境が何種類もあることです。噴水やテラス、展望台も際立っています。市内の通りや庭園では、各種イベント、音楽ライブ、特別展、さらには「サラゴサ・フロレセ」(サラゴサに花が咲く、の意)といったフェスティバルまで楽しむことができます。

タパスの夜

サラゴサでは、さまざまなエリアでおいしいタパスのディナーを楽しむことができます。美しいサン・フランシスコ広場、ブレトン通り、デリシアス地区、ラ・ボンバルダ地区、サン・ホセ地区、トレロ地区に加え、歴史地区からの帰り道においてもトゥーボ地区、ラ・マグダレナ地区、サン・ミゲル地区などがあり、よりどりみどりです。いずれのエリアでも、テラスでのナイトライフや伝統と前衛が融合した美食を満喫することができます。 

アラゴン州サラゴサ市エル・トゥボ地区

2日目

2日目は、エブロ川のほとりにある古代ローマの城壁カエサルアウグスタから出発します。

エブロ川の河岸を歩く

スダの大きな塔の最上部にある「4文化の展望台」からは、偉大なローマ建築や荘厳なピラール広場、美しいモデルニスモ建築である中央市場、サラゴサを流れるエブロ川の広い川床などを見渡すことができます。エブロ川の河岸を歩いていくと、サラゴサのまた別の貴重な至宝にたどり着きます。その至宝とはアラブ様式でできたアルハフェリア宮殿です。この11世紀の傑作は、ヨーロッパでもっとも北に位置するイスラム建築のひとつです。要塞化された外見とは対照的に、内側は職人技によるまばゆいばかりの美しさをたたえています。この宮殿のムデハル芸術はユネスコの世界遺産に登録されています。圧倒されるようなミフラーブ、歯状アーチ、オレンジの木のパティオ、黄金の間、半円形のアラゴン州議会の厳粛な雰囲気が特徴で、この「喜びの宮殿」自体が州議会議事堂として使用されています。 

左と中央:アルハフェリア / 右:アラゴン州サラゴサ市にある水の塔

自然の中を歩く

宮殿を出たらエブロ川へと向かい、その対岸にあるサラゴサ最大の自然地帯に足を踏み入れてみましょう。その自然地帯とは、ルイス・ブニュエル・メトロポリタンウォーターパーク。2008年開催のサラゴサ万博の会場として整備された後のこと、自然に湾曲したエブロ川のこの流れは、サラゴサを通過する際、ダウンタウンからわずか数分の場所で、ワイルドな自然あふれる緑地へと姿を変えたのです。万博会場の跡地では、この万博のために建設された近代的な建物、およびエブロ川沿いの植生に見られる野生の自然とが今でもコントラストを描いているのがわかります。そうした近代的な建物には、給水塔、ザハ・ハディドが手がけた美しい橋のパビリオン、淡水魚水族館などがあります。休憩して体力を回復させたいなら、リラックスして食事を楽しむのが一番です。テラス付きの店が、公園全体、さらには水族館の屋上にまで点在しているため、自然の景色を眺めながら飲食することができます。午後は、淡水魚水族館にいる動物相を学びにいきましょう。ここには、5大陸それぞれを代表する河川から水生生物が集められています。そうした河川には、ナイル川、メコン川、アマゾン川、マレー・ダーリング川、そしてもちろんエブロ川も含まれます。この一日を最高の写真で締めくくるために、エブロ川の左岸にあるバシリカ教会堂へと戻っていきましょう。河岸に沿って進むと、川床付近の建物が織りなす美しいパノラマ風景を目の当たりにするはずです。エブロ川に架かる橋の数々(ピエドラ橋およびサン・ラサロ展望台、サンティアゴ橋、アルモサラ橋)からは、ピラール・バシリカ教会堂や市庁舎、川に映るロンハ(卸売市場)をバックに、サラゴサとの別れにふさわしい素敵な写真を撮ることができます。

アラゴン州サラゴサ市の夕暮れ
必見スポット

見どころ


アドバイスとおすすめ

備考

観光事務局で、市内のガイドツアーを申し込めます。観光スポットの移動にはツーリストバスを利用するのもよいでしょう。サラゴサは非常に平坦な都市であるため、サイクリングはとても快適です。レンタル自転車に関する情報は観光事務局でお訊ね下さい。

に関する詳細をごらんください