Travel Safe

安全に旅するためのアドバイス 最新ニュース
フェリペ2世列車

列車好きのための素晴らしいスペインの旅12

none

電車の乗客:地平線上のスペイン


ピアノで奏でられるバックミュージックを聞きながら、読書したり、美味しいコーヒーを飲んだり、豪華な夕食を楽しみながら、歴史ある車両の窓からは地平線に沈む夕日を眺めたり、最高の旅行が楽しめます。スペイン中を走る観光列車は多くあり、観光地を楽しめるだけでなく、このようなワクワクする旅行過程も楽しむことができます。昔の鉄道旅行を彷彿させるような高級列車に乗った1週間の旅から、俳優を交えたワンデイコースまで、行程は様々です。鉄道旅行は観光客が楽しめる最大のものでもあります。朝食ブュッフェから商品のテイスティング、乗客だけが楽しめる風景など、全てが特別です。

  • トランスカンタブリコ号

    トランスカンタブリコ

    トランスカンタブリコ号は、スペインでも有数の歴史ある観光列車です。夢のような行程を楽しむことができます。20世紀初頭のロマン主義が保存された電車に乗りながら、見事な風景が有名な「エスパーニャ・ベルデ」と知られるスペイン北部を観光します。より豪華なプランだとトランスカンタブリコ・グラン・ルホがあり、サン・セバスティアンからサンティアゴ・デ・コンポステーラへ行く8日間のプランです。旅行者はカスティージャ・イ・レオンやバスク、カンタブリア、アストゥリアス、ガリシアのグルメを堪能でき、車両には音楽が流れているため、フェスティバルや多言語対応ガイド付きの美術館やモニュメントを楽しむこともできます。

  • アル=アンダルス号

    アル=アンダルス

    アル=アンダルスは車輪のついた宮殿のようだと言われています。実際、この高級車は英国の王室メンバーがカレーからコスタアスール間を移動する際に建設されたモデルの1つです。この観光列車はセビージャからアンダルシアに向けた7日間のプランです。世界最大の観光列車の1つで旅行することで、有名シェフの料理を嗜んだり、カディスやロンダ、コルドバやうべだ、バエサなどの都市を観光したり、アルハンブラ宮殿のようなモニュメントを楽しむことができます。

  • 巡礼者号

    巡礼者号

    サンティアゴ・デ・コンポステーラには徒歩や自転車で向かう他、鉄道レールを使っても行くことができます。巡礼者号は様々な方法で有名なサンティアゴ巡礼の道ルートを旅します。マドリードから出発し、ビゴやポンテベドラ、ビラガルシア・デ・アローサなどを通り、サンティアゴ・デ・コンポステーラへと向かい、5日間の旅となります。列車内では朝食や夕食の提供があり、モニュメントの訪問やグルメのテイスティングなども含まれています。自転車を持ち込むことができるので、コンポステーラへ向かうために途中自転車や徒歩で向かうことも可能です。

  • ガリシアの観光列車

    ガリシアの観光列車

    前述した内容でガリシアをもっと知りたいですか?毎年、ガリシアでは様々なテーマをモチーフにした観光列車も開催されています。5~10月にはロス・ファロスやロス・パソス、歴史的な庭園、ルゴのローマ城壁、オウレンセ・テルマルルート、ショッピングなど、様々なルートを楽しむことができます。有名なガリシアのワインを味わう方法の1つとして、観光列車に乗り、ビノ・リアス・バイシャスやビノ・リベイラ・サクラなどのルートを周ることです。谷やブドウ園の風景を車窓から眺め、山々に隠された修道院やシル川やミニョ川に囲まれた美しい風景をお楽しみください。

  • ロブラ急行列車

    ロブラ急行列車

    スペイン北部も見逃せません。2泊3日の列車の旅では、サンティアゴ巡礼の道のコースの大部分に沿って、エリアの文化や自然も見ていきます。ビルバオとレオンを結ぶ行程は、通常、7月、9月、10月に開催されます。内装はクラシックなインテリア、外側はスペイン北部の自然の風景を楽しめます。またグルメも特徴的なものばかりです。

  • ラゴス列車

    ジャクス列車

    格別の風景を楽しめます。ロス・ラゴス列車に乗って、リェイダ(カタルーニャ)の地を巡ります。列車には2つのオプションがあります。1つは慎重に修復された車両、もう1つは現代的なパノラマ列車です。数多くの場所を巡り、多くのアクティビティに参加することができます。例えば、カタルーニャで一番古い酒造所に寄ったり、パジャレスの典型的なご飯を楽しんだり、ヘリ・デ・ラ・サルの塩田を訪問したり、職人が作るチーズ工房に寄ったり、アイグエストルタス・イ・エスタニ・デ・サン・マウリシ国立公園を散歩したり、とたくさんの楽しみがあります。修復された車両のプランは4月~10月の土曜日に楽しむことができます。パノラマ列車は、7月と8月の土曜日に乗車できます(要確認)。

  • セルバンテス列車

    セルバンテス列車

    数日間プランの旅行以外にも、魅力的なワンデイプランもあります。セルバンテス列車はマドリードを出発し、歴史上一番有名なスペイン人作家が生まれた歴史的な市、アルカラ・デ・エナーレスへと向かいます。その作家の名はミゲル・デ・セルバンテス。旅行者と一緒に17世紀のファッションに身を包んだ数多くの俳優が旅するので、エンターテイメント性のある旅行となります。目的地ではマヨール通りや大学、大聖堂などを観光できますが、忘れてはならない場所は「ドン・キホーテ」の著者の生家です。

  • シグエンサへの中世列車

    シグエンサへの中世列車

    マドリードから130キロの場所にシグエンサがあり、ドンセルの町として知られています。3つの城壁が保存されている少ない場所の1つであり、中世の雰囲気に驚かせられます。マドリードから出発する列車の旅では、中世の詩人や騎士、王女たちが音楽や演劇でルートを楽しませてくれるほか、お菓子のテイスティングなども用意されています。シグエンサに到着した後は、観光ガイドが城や大聖堂、マヨール広場、ドンセルの邸宅など、都市の重要な場所を案内します。またミガスやカステジャーノスープやドンセルの美味しいジェマス・デル・ドンセルなど、典型的な料理も楽しむことができます。4月~11月までの営業となっています。

  • いちご列車

    いちご列車

    春と秋の間、週末は美味しい列車を楽しむことができます。コースは?マドリードを出発し、美味しいイチゴが有名で世界遺産にも登録されている文化的な景色を楽しめる、アランフエスへ向かいます。この場所を有名にしている一因としては、アランフエスの王宮と長い散歩を楽しめる眩しい庭園です。行程では1914~1930年に建てられた木造車両に乗り、イチゴの試食を楽しむことができます。それぞれが選んだプランにより、宮殿や庭園への入場や船への乗船、観光列車の乗車が含まれています。

  • フェリペ2世列車

    フェリペ2世列車

    20世紀の機関車が乗客をマドリードから50キロメートルほど離れた場所、サン・ロレンソ・デ・エル・エスコリアルまで案内します。目的地ではプランによって、サン・ロレンソ・デ・エル・エスコリアルの修道院へのガイドツアーが含まれます。この見事なモニュメントは16世紀にフェリペ2世の命で建設されました。また「世界八番目の不思議」とされており、王族のパンテオンやバシリカ教会堂、図書館、オーストリア宮殿などが含まれています。内部を歩けば、王の雰囲気を味わえるでしょう。ラ・エレリアの森や王子の部屋の庭園などのパノラマコースを含むことができます。

  • ソーリェル港

    ソーリェル鉄道

    昔のような木造車両への乗車は、マヨルカ島で体験できることの1つです。鉄道自体も美しいですが、車窓からの景色は驚きの美しさです。パルマ・デ・マヨルカを出発し、アルファビアの山脈を通り、200メートルもの高低の差を飛び越えて、13のトンネルや橋、陸橋「シンク=ポント」を通ります。美しいソーリェルの村には、オレンジの花の香りが海の香りと混じり合い、背景には山の風景を見ながら屋外で飲むコーヒーは格別です。

  • ソリアのラグーナ・ネグラ自然公園

    カスティージャの山列車

    マドリードからソリアまで、詩とグルメ尽くしの週末を楽しみましょう。この列車では有名な詩人アントニオ・マチャードの100年以上前の家屋を周り、足跡を追っていきます。シグエンサのソリアに列車が着く前、「特別」な乗客たちが乗り合わせます。マチャードの逸話を表現する俳優たちです。ソリアではサン・サントゥアリオのバロック礼拝堂、また見事なサン・フアン・デ・ドゥエロ修道院、ヌマンシアの古い街、謎めいた魅惑的なラグーナ・ネグラを訪れることができます。5月~11月の週末に利用できる観光プランです。(要確認)

に関する詳細をごらんください