Travel Safe

安全に旅するためのアドバイス 最新ニュース
アランフエス宮殿

アランフエス王宮

Madrid

国王の離宮


この宮殿および併設される歴史的建築群は、国王フェリペ2世により着工、その後カルロス3世が完成させたため、多彩な建築様式を取り入れています。

この宮殿は、ファサードの多くを占める白色と赤色が特徴。元々は気晴らしのための別荘ですが、フェリペ2世の統治時代にその巨大な外観を呈するようになり、カルロス3世が行った改修工事後、武器の大広場が加わり、現在の外観となりました。宮殿の建築様式はエレラ様式。その建設に関与した国王三人の彫像が飾られる、建物正面が見どころ。美しさと職人技で大きな重要性があるのは、ボナビアが手がけたロココ様式の手すりが見事な階段、そして磁器の間。この部屋の壁面は磁器で覆われています。

アランフエス王宮


Plaza de Parejas s/n

28300  Aranjuez, マドリード  (マドリード自治州)

おすすめプラン

次の訪問