新型コロナウイルスの新着情報

安全に旅するためのアドバイス
アランフエス宮殿

アランフエスへの小旅行

Madrid

アランフエスでの1日

マドリード滞在中に、首都の南にあるアランフエスの町を訪れることをおすすめします。マドリードからそれほど離れておらず、非常に簡単にアクセスできます。「アランフエスの文化的景観」としてユネスコの世界遺産(文化遺産)に登録されている、壮大な庭園や王宮などの壮大なモニュメントなどの500年の歴史の旅を楽しめるこの街に、感激されることでしょう。間違いなく、価値があるエクスカーション。

午前

移動: 徒歩で / 期間: 1日

マドリードを出発して王宮を訪れる:朝一番にアランフエスに到着して余裕をもって王宮を訪れることができるように、早めに出発しましょう。最も快適なのは、駅が宮殿から10分のところにある電車を選ぶことです。駅通りをたどり、左折して、記念碑にたどり着くまで美しい並木道のパレスアベニューに沿って進みます。楕円形の広場にやってきました。この建物からの眺めは壮観です。すぐそこに必要な情報を収集するための観光案内所があります。アルマス広場からこのモニュメントの外観の忘れられない写真を撮った後、スペインの複数の王が祭りを祝い、春を過ごすための滞在場所として選んだ理由に出会うために、アランフエス宮殿の中に入っていきましょう。見学には、無料とガイド付きの2種類があります。

アランフエス宮殿の全景

パルテレ庭園と島の庭園。彫刻に囲まれて散歩する:出発して宮殿の左側に向かい、パルテレ庭園の小さな入り口に到着します。庭園に入るとすぐに、堂々たるモニュメントの東ファザードの異なる眺めが目の前に現れます。また、神話の彫刻のある手入れの行き届いた庭があります。ヘラクレスに捧げられたこの彫刻にきっと感動させられることでしょう。さらに進んでいき、島の庭園の小さな魅力的な橋を渡ります(タホ川に囲まれているため)。そこには前の庭園よりもはるかに大きな緑の空間があり、右側に「カスタニュエラスの滝」と呼ばれる美しい滝があります。その隣に立ち止まると、流れ込む水の穏やかな音が聞こえます。この庭園に入ると、多くの神話の彫像があり、まるで魔法のような場所にいるような錯覚を覚えることでしょう。中央の遊歩道に沿って進み、彫刻の説明を読み、「いばらの子」の美しい広場に座って噴水のせせらぎと鳥の音を聞き、川の景色を眺めるテラスに戻るのが最善です。

アランフエスの島の庭園

歴史地区と闘牛場。国民の祝日を体験する:静かな散歩道を歩き、この街の歴史地区を探索する時間がやってきました。サン・アントニオ通りに沿って進み、歩いて買い物をするのに最適な、カピタン・アンゴスト・ゴメス・カスティリョン大通りの角にたどり着きます。背後には、サン・アントニオ王立教会の壮大な眺めが見えます。この通りに沿って進むと、イサベル・デ・ファルネシオ文化センター、メディナセリ宮殿、サン・カルロス旧病院などのさまざまなモニュメントを横から眺めることができます。このエリアでは、建物のファサードのいくつかに驚きが隠されています。典型的な建物「コラレス」には、中庭があります。夏なら、家のドアで果物を売っている近所の人に出会えるでしょう(特にエラス通り)。そうでなくても、いつでもフードマーケットに行って特産品のイチゴやアスパラガスを購入したり、アルミバル通りに行って手作りのジャムを手に入れることができます。ゆっくりと、18世紀の闘牛場(現在残っている数少ない18世紀の闘牛場の1つ)に到り着きます。外観は厳格ですが、内部では、リング、チャペル、トーリ、路地、敷設、ブルラデロ(闘牛士が闘牛から身を守る障壁)、美しい闘牛博物館のガイド付きツアーをお楽しみいただけます。実際の入場行進をシミュレートして、ケープを撮影することができます。備考闘牛場と闘牛博物館のガイド付きツアーには、+34 918910427で事前に電話予約することをお勧めします。

アランヘスの闘牛場

伝統料理ケープでスキルを披露した後、パルテレ庭園のエリアに戻りましょう。ラ・レイナ通りに沿って、グリル料理、メゾン、革新的な料理などを味わえる数々のレストランがあります。象徴的な「エル・ラナ・ベルデ」(王宮の前、庭園の隣)など、そのいくつかはテージョ川の隣にあります。このようにして、ジューシーなキジ肉料理や水辺の果樹園製品などのおいしい代表的な料理を味わいながら、最高の景色をお楽しみいただけます。時期(春と夏)になると、ここではイチゴを販売する屋台があります。夏には、ピクニックエリアやラ・レイナの通りに沿って広がるアランフェスの伝統的な掘り出し物を食べてみることができます(ただし、川の涼しさを求めて食事をするのが最善です)。プリンシペ通りとインファンタスの通りの始まりには、多くのキオスクがあり、そこではグラニサド(フローズンドリンク)を味わい、ついでにお土産品を購入することもできます。

アランヘス王宮の内部
必見スポット

見どころ


午後

移動: 徒歩で

王子の庭園を探索する。列車型観光ミニバス「チキトレン」と観光船:王宮の観光案内所の隣には、チキトレンのチケットが売られている場所があります。この列車型観光ミニバスでは、歴史地区と広大で壮大な王子の庭からのガイド付きツアーが行われ、それは私たちが訪れる最大のものであり、きっと驚かれることでしょう。子連れであったり、歩く気がしないなら、約3キロメートルのこの庭を知る楽しくて快適なオプションです。庭園に沿って歩くと、美しい風景、水仙やアポロなどの泉、高さ30メートル以上もある樹齢100年の木や世界のさまざまな木、キネスコなどの物語の池が現れます。また、カラフルな色を披露するキジ、リス、クジャクを見かけることができます。この自然の美しさが、有名な「コンシェルト・デ・アランフエス」に影響を与えたことを忘れてはなりません。王子の庭園の中に、必見の2つの場所があります。1つ目は、王立ファルアス博物館であり、そこでは君主がタホ川を航行するために使用した遊覧船を見ることができます。2つ目は、印象的なマグノリアの散歩道を通ってたどり着くカサ・デル・ラブラドールです。この快適なツアーの後、ボートの橋(パルテレ公園の終わり)を川を渡り、フェルナンド6世ロータリーにたどり着いたら、そこでおいしいアイスクリームを購入するのが最善です。午後には、市内の観光船に乗船することもできます。タホ川を渡り、王子の庭園に隣接する王室のエンバルカデロやカサ・デル・ラブラドールのエンバルカデロなどで驚異の目を見張り、当時に遡り、私たちと同じように航海する王たちを想像するのが完璧です。鉄道駅に戻って、本物の王の街を記憶に残したまま、マドリッドに戻る時間です。

アランヘスの王子の庭園
必見スポット

見どころ


アドバイスとおすすめ

アクセス方法

  • バス:マドリードの南バス停から出発(C /MéndezÁlvaro)。およその所要時間:50分
  • 電車:アトーチャまたはチャマルティン駅から路線C3。およその所要時間:50分
  • ストロベリー列車(Tren de la fresa):4月から10月までの複数の週末に、20世紀初頭のこの木製の列車がマドリッド鉄道博物館を出てアランフェスに到着します。列車内では、当時の制服に身を包んだ客室乗務員が典型的なイチゴを乗客にお配りしています。市内への訪問を含みます。車:N-IVでマドリード市の南49キロメートル。

ルートのご旅行時期

以下は、年間を通じてアランフェスで開催された最も重要なイベントのいくつかの日付です。

  • アランフエス音楽祭。通常、月と6月の間。
  • スプリングコンサート通常、6月の土曜日に、サン・アントニオ教会などのさまざまなスペースで開催されます。 
  • 9月の最初の週末にはアランフエスの反乱の祭りが開催され、国内の観光客の関心が寄せられます。200人以上が当時の衣装を着て訪れます。
  • 5月30日、サン・フェルナンドの祭りでは、音楽活動と闘牛の祭典が行われます。

に関する詳細をごらんください
おすすめプラン

インスピレーションを得るプラン