Travel Safe

安全に旅するためのアドバイス 最新ニュース
セゴビアの風景、カスティーリャ・イ・レオン

セゴビアでの1日ルート

Segovia

水道橋以外にも見どころが盛りだくさん


セゴビアは、そのユニークなモニュメントだけでも訪れる価値のある世界遺産都市です。だとしても、セゴビアに着いたら、この街にはもっとたくさんの観光スポットがあることがお分かりになるでしょう。ユダヤ人地区、荘厳な家、パノラマの景色、太陽の下で楽しい時間を過ごすのにぴったりな緑地帯。このルートでは、1日で巡っていきます。

午前

午前中は、この街の大きなシンボルである水道橋、またユダヤ人街や大聖堂の見学を楽しむことができます。

水道橋、ユダヤ人街、大聖堂を訪れる

セゴビア観光を開始するのに最適な時間は10時半です。最初の目的地はアソゲホ広場です。そこにはセゴビア観光案内所と印象的な水道橋があります。この機会に要な情報を入手しましょう。 記念碑の下で写真を撮るほかにも、多くの興味深いディテールを見ることができます。たとえば、石のカットの完成度またはそれらをつなぐ一切の材料がないことを称賛することができます。ひとつひとつ(最大2トンの重量)単純に上下に配置され、ローマ人の仕事の完成度を表しています。よくご覧になると、下の一部を除いて、残りの側面にはノ切り込みがあります。それらは、引っ張ったり持ち上げたりした際の跡です。

水道橋からは、セルバンテス通りを通り、ユダヤ人地区に向かって進み、ファン・ブラボに沿って、パセオ・デル・サロンにたどり着くことができるプエルタ・デ・ラ・ルナまで歩き続けます。途中、建物のファサードや、通常は幾何学的な植物モチーフの特徴的な装飾をご覧ください。非常に多様で美しい装飾が施されています。また、セゴビアのロマネスク芸術の明確な例であるサン・マルティン教会と、ロス・ピコスの館も見ることができます。ロス・デル・リオの館など、このエリアの館の中庭も訪れる価値があります。パセオ・デル・サロンからは、街の緑地帯の一部と、左側のアルカサルのパノラマビューをお楽しみいただけますプエルタ・デル・ソルを抜けると、旧ユダヤ人街の通りに到着します。ここでは、旧シナゴーグ( 現在のコルプス・ クリスティ修道院)を訪れることができます。サンジェロテオ通りの大聖堂を回って、プラザドゥラメルセに到着すると、ユダヤ人街をすべて回り終えたことになります。

左:ユダヤ人街 / 右:セゴビア大聖堂。カスティーリャ・イ・レオン

外側から見ても壮大な 大聖堂 にアクセスするために、マルケス・デ・アルコ通りを通ってマヨール広場まで行きましょう。アソゲホ広場観光案内所では、街全体とモニュメントのガイドを雇うことができます。アソゲホ広場の水道橋の一部はより良い保存状態ですが、それでも別のセクションにおいて良い保存状態にあります。ただし、アーチのスタイルや石自体に見られるように、それらは後で再構築されたエリアです。遺跡は山脈まで延びており、約14キロメートルにもおよびます。水道橋の最高の景色の1つは、観光案内所の隣にあるポスティゴ階段の最上部から眺めることができます。ピナリージョとして知られる緑豊かなエリアにあるユダヤ人街の反対側には、旧ユダヤ人墓地の遺跡があります。

昼食

この街の美食を楽しむ時です。マヨール広場を出た通り、大聖堂の周辺、アソゲホ広場に多くのレストランがあります。晴れて気温が良い日には、多くのレストランでモニュメントの見事な景色を望むテラスが用意されます。ご注文の際には、子豚のローストや子羊(子羊の子羊のロースト)などの料理が欠かせません。魚をお好みの方には、マスがおすすめです。

左:マヨール広場 / 右:セゴビアの子豚料理とその他のタパス。カスティーリャ・イ・レオン
必見スポット

見どころ


午後

セゴビアを訪れたなら、かの有名なアルカサルの見学は見逃せません。さらに、特別なディナーの前に、必ず少し買い物を楽しむ時間を取ることができます。

アルカサルを訪れて塔に登る

セゴビアは徒歩で観光できる街です。歩いて アルカサル まで行きましょう。内部の見学に加えて、塔の最上部(152段)まで登ることをぜひおすすめします。そこから、ベラ・クルス教会とパララル修道院の印象的なパノラマビューをお楽しみいただくことができます。さらに、別の驚きをお楽しみいただけます。一見すると、周囲の山々が大きな海のような感覚を覚えることでしょう。近くには、街の中心にある大聖堂があります。さらに下には、アルカサルからは見えませんが、水道橋が見えることがわかります。セゴビアの全体と斜面は、アルカサルが船首、大聖堂が中央のマスト、シエラ海に投げ込まれた水路が船になったこの街のイメージを多くの人が想像することができます。確かにこの比喩を知っていれば、塔の頂上からの視覚は船乗りの視覚と似ているでしょう。

アルカサルとセゴビア市内の眺め。カスティーリャ・イ・レオン

アルカサルの見学は、建物内部の部屋、武器の部屋と礼拝堂、塔の2つに分かれています。塔への登りは、特別な体力を必要としませんが、小さな階段を上り、狭い廊下を登るので、困難になる場合があります。事前にスペイン語以外の言語でガイド付きツアーを手配することをお勧めします。

必見のバルコニーから眺める

セゴビアは緑の木々に囲まれており、木々と大きな川の間に立つ不思議な城(アルカサル)から、いくつかの塔のある要塞都市まで、街のさまざまな景色を眺めることができます。そしてすべてが写真に収めたい美しいパースペクティブです。さらに、通常は非常に明るい街であり、特に5月から9月の間は、アルカサルを背景に緑の中を歩くのに適しています。

左:アルカサルの眺め / 右:セゴビアのグリーンルート。カスティーリャ・イ・レオン

ホテルに戻るほどお疲れでないなら、午後を楽しむために、アルカサルからエレマ川に下り、橋を渡って、ベラクルスの教会、ラ・フエンシスラ聖域、カルメル会修道院またはパルラル修道院を訪れるのがおすすめです。また、何かを食べ物を持って行けば、川のほとりの木陰で午後を楽しみながら食べることができます。ユダヤ人墓地、フエンシスラ、ベラ・クルス,、パルラルカルメル会修道院を通るルートがあり、街の周囲に標識があります。晴れた日を楽しみ、セゴビアの独特な写真を撮ることを強くお勧めします。

お土産のショッピング

城壁の街 に戻り、お土産を買う時間です。サンティアゴ巡礼路の一部であるプエルタ・デル・サンティアゴを通って下って行きましょう。詩人の庭(Jardín de los Poetas)にぜひ立ち寄ってください。そこから素敵な写真を撮ることができます。街のさまざまなお土産が売られている店を見つけるために、マヨール広場周辺を歩いて回りましょう。この地域の典型的な工芸品や様々な種類のお土産が売られています。 

左:セゴビアの水道橋でカクテルを味わう観光客 / 右:セゴビアのかご専門店。カスティーリャ・イ・レオン

ライトアップされた水道橋を眺めながらディナーを

パセオ・デル・サロン、マヨール広場、メディナ・デル・カンポ広場、そしてこれらの広場の間の通りには、セゴビアのタパスを味わって食欲をそそる場所がたくさんあります。けれども、1日を締めくくる忘れがたい方法をお探しなら、ライトアップされた水道橋を見下ろすディナーをお楽しみください。カンティンパロスの美味なキノコやジューシーなソーセージを味わうのは最高の瞬間です。ディナーの後、セゴビアの夜を楽しみたいなら、サン・ミラン周辺にいくつかの現代ミュージックを楽しめる場所があります。ホテルに戻る前に静かなひと時を過ごしたいなら、歴史地区のライトアップされたモニュメントを眺めるのがおすすめです。

必見スポット

見どころ


アドバイスとおすすめ

備考

セゴビアは傾斜の多い街であるため、快適な靴を履くのがおすすめです。マヨール広場では、木曜日の朝に小さな市場が開催されます。マヨール広場では自転車をレンタルできます。街の緑地帯を散歩するのにおすすめです。パルラルでは、毎週日曜日の正午にグレゴリオでミサがあります。観光案内所では、劇場見学やナイトウォークが開催されており、街の伝説について学ぶことができます。

アクセス方法

バス:マドリード、アビラ、サラマンカへは、さまざまな路線バスが毎日、多数運行しています。電車:毎日数本の高速鉄道 (AVE) が マドリード (約30分) とバリャドリード (約40分) と接続しています。駅からは、市内中心部と連絡するバスサービスがあります (約15分)。幹線道路: マドリード – セゴビア:高速道路A6号線に乗り、続いて高速道路AP6号線およびAP61号線に乗ります。およその所要時間1時間15分、アビラ – セゴビア:高速道路A51号線に乗り、続いて高速道路AP6号線およびAP61号線に乗ります。およその所要時間1時間飛行機: 最寄りの空港は、マドリード (87km)、バリャドリード (125km)、サラマンカ (164km) の空港です。