新型コロナウイルスの新着情報

安全に旅するためのアドバイス
アル=アンダルス号車両の外観の細部

線路の上の宮殿、アル=アンダルス号

アンダルシア

豪華な観光列車に乗ってスペインのさまざまな地域を訪れてみませんか。ベル・エポック風の装飾、快適な特別室と高級室、1928年から1930年にかけて設置さられた広々としたロビーカー、おいしい食事などの魅力あふれる旅を、この線路の上を走る宮殿のような列車でお楽しみください。

入念に装飾された4つの客室、高級サービス、ビュッフェとアラカルトの朝食、良質なレストランや列車でのランチとディナー、ツアー、観光客向けの現地ガイドなどの特典付きの列車に乗って特別な数日間をお過ごしください。宮殿のような列車列車にはロビーカーなど、乗客が心地良く旅行できるような設備が整っています。広々とした魅力あふれるロビーカーでは、朝食ビュッフェ、ランチ、ディナーをお楽しみいただけます。新聞を読んだり、毎晩エンターテイメントをお楽しみいただくこともできます。休憩の際には、デラックススイートとグランドクラスルームの2つの車両が用意されています。どちらも、もともと君主国時代にイギリスがカレーとコートダジュール間を移動するために使用したものと同じシリーズに属する車両です。現在では、ベル・エポック風の装飾に快適さを取り入れています。

アル=アンダルス号の食堂

アンダルシアの旅行計画

この7日間の循環ルートに含まれる都市を特徴付けるのは、魅力、味、喜び、文化、そして芸術などです。さらに、乗客向けのガイド付きツアーを利用することもできます。列車は、ヒラルダや大聖堂、アルカサルで有名なセビリアから出発し、ワインが有名で伝統的な馬のショーを楽しめるへレスへ向かいます。3日目、4日目、5日目は、素晴らしい景色が望めるロンダと、アルハンブラ宮殿やフラメンコが楽しめるグラナダなどの目的地を含みます。6日目には、世界遺産都市に指定されているリナーレス、ウベダ、バエサ、そして7日目にはモスクと素晴らしい歴史的中心地があるコルドバを訪れます。

アンダルシアの田舎を走るアル=アンダルス号

注意事項

アンダルシアへの旅行プランは、4月、5月、9月、10月に定期的に提供されています。

に関する詳細をごらんください