Travel Safe

安全に旅するためのアドバイス 最新ニュース
ゲタリアのチャコリのブドウ畑

チャコリの起源を探る旅

none

バスク地方のブドウ畑とワイナリー

最適なワインを選ぶためのテイスティング技術を学びます。チャコリの原産地を旅して、その味の起源を探ります。非常に野心的な提案ですが、バスク地方では実現できます。この典型的なバスクの白ワインの主なワイナリーとブドウ畑を巡るツアーには、次の3つの県が含まれています。ビスカヤ、ギプスコア、アラバ。それぞれが3つの原産地呼称のいずれかに関連しています。チャコリは、土地と密接な関係にある、滑らかでわずかにスパークリングなワインです。そのブドウが栽培されている地域を訪れ、その酸味と爽やかなタッチを味わうことは、バスク地方の強烈な緑の中で、その壮大な美食を楽しむ感覚的なお祭りとなります。

一風変わったアバンギャルドなワイン

伝統とアヴァンギャルドが融合したワインです。もともとは、主にカセリオ(バスク地方の伝統的な家屋)で生産されていました。今日では、ワイナリーは必要な技術的進歩を取り入れ、このワインの品質を大幅に向上させ、スペインの最高の白ワインの仲間入りを果たしました。チャコリの栽培および生産地域は内陸部と海岸部の両方に広がっているため、海と山のどちらを選んでも、理想的なワイナリーに出会えます。

バスク地方のワインを知る

チャコリワインを知るには、3つの原産地呼称がある主なブドウ畑やワイナリーを訪れるのが良い方法です。アラバ、ゲタリア、ビスカイアの原産地呼称です。これらの地域では、チャコリの生産に関連する施設を簡単に見つけることができます。  

チャコリのワイナリー見学

アラバでは、アルチニエガ、アラヤ、リョディオ、オコンド、アムリオの町を訪れることができます。  ゲタリアでは、ゲタリア、サラウツ、アイアの各自治体が生産量において際立っています。最後に、ビスカイアの原産地表示のあるチャコリを生産している主な町は、オルドゥーニャとオロスコです。  もう一つの興味深い選択肢は、「Enobús(エノブス)」または「Txakolibus(チャコリブス)」です。これは、ウリベ(ビスカヤ)地方を訪れるガイド付きの観光バスです。ムンヒア、ビルバオ、プレンチア、ゴルリスなどがこのバスが通過する町です。この交通手段を選ぶ人におすすめなのは、深緑の畑と青いカンタブリア海の印象的なコントラストを楽しむことです。 

チャコリのブドウ畑

チャコリ博物館

ビルバオからわずか30キロメートルのところにバキオがあります。この町は、微気候の海岸沿いに位置することから、ブドウの栽培とチャコリの生産において素晴らしい伝統を守っています。そのため、チャコリ博物館チャコリングネア: Txakolingunea)が設けられました。チャコリングネアを訪れれば、このバスクワインの製造過程の全体像をインタラクティブに把握することができます。博物館の見学は、大型のオーディオビジュアルで構成されており、チャコリの特殊性をすべて発見することができます。チャコリングネアの見学には、非常に刺激的な内容も含まれています。それは、誰もが内に秘めているエノロジスト精神を発揮するための、基本的なテイスティングの概念を紹介します。予約制のガイドツアーでは、最後にテイスティングをすることもできます。。14世紀末からバキオで生産されているチャコリは、バスク地方に3つある原産地呼称のうちの1つである「Bizkaiko Txakolina(ビスカイコ・ チャコリニャ)」に属しています。

チャコリ博物館、バキオ
チャコリのコルク栓
に関する詳細をごらんください