Travel Safe

安全に旅するためのアドバイス 最新ニュース
スペインのクリスマスシーズンならではのお菓子ロスコン・デ・レイェス

スペインのクリスマスグルメ体験トップ5

none

スペインのクリスマスグルメ体験トップ5


クリスマスは、イルミネーションやプレゼント、飾りつけ、そして豪華な食事など、伝統に満ちた行事です。スペインで休暇を過ごす方のために、伝統グルメをご紹介します。レストランやホテルではクリスマス限定メニューが用意され、洋菓子店はクリスマス用のお菓子が売られ始めます。 

観光中においしいものを食べて寒さをしのぎましょう

クリスマスの時期は、寒くても行きたい場所がたくさんあります。寒さををしのぎながら目的地を回るのがおすすめです。ほとんどの観光スポットで焼き栗の屋台が出ています。暖かい栗を食べながら観光地巡りをしましょう。焼き栗と焼き芋の香りを頼りに歩けば、屋台にたどり着くでしょう。 

永遠に続くクリスマスの食事

スペインのタパスはもう食べに行きましたか?バルのカウンターに並ぶいくつもの小さいつまみ料理を見たことがあると思います。これはスペインではごく普通の光景です。クリスマスの食事はそんなバルでの光景を思い出させるような前菜で始まります。イベリコ豚のハム、あらゆる種類のチーズ、海鮮料理、ピクルス、ソーセージなど、この時期に用意される特別な料理は、前菜とは思えないほどの量が出されます。  前菜の後は、たいていの場合スープやシチューなどといったスプーンで食べる料理が続きます。特に人気があるのは、アンダルシア風シチューカタルーニャの肉と野菜のシチューニンニクのスープ(カスティーリャ・ラ・マンチャなど)、バレアレス諸島のアーモンドスープや、マスのスープ(カスティーリャ・イ・レオンの定番)などです。メインディッシュの中では、薪オーブンで調理されるラム子豚、または仔羊などのロースト肉や、タイやスズキなどの魚料理が最も一般的です。

クリスマスディナー

デザートも忘れずに

クリスマスの食事は永遠に続くといわれます。大げさに聞こえますが、実はそうでもないのです。クリスマスには、食事の最後にあらゆる種類のクリスマス菓子がテーブルに並べられます。そのためか、もしくは子供向けの行事であるためか、スイーツはスペインのクリスマスにとって欠かせません。 甘党さんにはうれしいことに、この時期には地域ごとに異なるさまざまなスイーツが店に出回ります。おやつの時間は、トゥロン、ポルボロン、マジパン、マンテカド、そしてもちろん、ロスコン・デ・レジェスなどのお菓子を味わう時間です。ロスコン・デ・レジェスはクリスマスの時期ならいつでも洋菓子店やレストランで頼むことができますが、1月5日の午後、三賢王のパレードが行われている間に食べるか、三賢王が子供たちにプレゼントを渡した後の6日に食べるのが伝統です。ロスコン・デ・レジェスの中に隠された小さなフィギュアを見つけた人は幸運に恵まれると言われています。

クリスマスのトゥロン

スペイン式の乾杯

カバで乾杯するのがスペイン式です。カバはスペインで生産される辛口のスパークリング白ワインで、お祝い事のある時によく飲まれます。さらにスペイン式を極めたいなら、乾杯の時に「サルー!」と言いましょう。他にも「チンチン」という場合もありますが、「アリバ、アバホ、アルセントロ、イアデントロ(上へ、下へ、真ん中へ、そして中へ)」という音頭も人気です。

幸運を呼ぶ12粒のブドウ

来年は今年よりも良い年にしたいですよね。それなら、12月31日の夜の12時に、幸運のブドウ12粒を食べましょう。スペイン人はテレビの前で、12時の鐘の音に合わせてブドウを食べます。伝統によれば、時間通りにブドウを食べ終えると、その年が幸運に恵まれた年になります。この行事を存分に楽しみたいなら、マドリードのプエルタ・デル・ソルで直接体験することをお勧めします。(数時間前に広場に到着するようにしてください。)マドリード以外でも、各都市の有名なスポットでこのブドウを食べる行事が行われます。  

大晦日のプエルタ・デル・ソル、マドリード
に関する詳細をごらんください