Travel Safe

安全に旅するためのアドバイス 最新ニュース
生ハムのミニサンドイッチ

イベリコ生ハム

none

スペインのグルメの至宝


スペインはグルメの至宝に満ちあふれた国で、そのうちの一つがイベリコ生ハムです。地中海食の旗印の一つであり、高級料理や贅沢なグルメの素材です。製造される地域から切り取る方法まで、全てが影響する味わいを口元にお届けします

イベリコ生ハムを発見しましょう

スペインを訪れる場合、イベリコ生ハムの美味しい一皿を試さずに立ち去るわけにはいきません。この食事を楽しむには、いつでも最適です。午前中にタパスとして、よい食事のアントレとして、または夕食前につまむスターターとして。または、セビリアのトリアナ市場で運営される試食会に駆けつけたり、マドリードで開催されるワインやイベリコ生ハムのツアーのいくつかに参加したり。他のオプションは、テイスティング/ワークショップに参加して、ハムの切り方の秘訣を全て学び、切ったばかりのスライスを試すか、より味にこだわりたい人の場合、生ハムルートを構成する地域のグルメツアーに参加して、飼育と製造のプロセス全てを知るというものです。

生ハムの楽園

牧草地は独自の生態系であり、人間と自然、そして持続可能な開発との調和の一例です。多様な動物相と植物相が共存し、スペインのさまざまな地域に集中している粗放放牧地域です。牧草地の訪問は、景色を楽しみ、生ハムの製造プロセス全てを発見する完璧なプランです。原産地呼称に応じて、4つの素晴らしいイベリコハムルートを区別することができます。ギフエロ、デエーサ・デ・エストレマドゥーラ、ハモン・デ・ウエルバとロス・ペドロチェスです。 保護原産地呼称イベリコ生ハムギフエロは、初の原産地呼称であったこともあり、おそらく最も有名な原産地呼称の1つです。.サラマンカ県南東のさまざまな市町村で製造されますが、主な産地はギフエロです。一番北にあるため、冷涼で乾燥した気候により生ハムは、他の地域のものよりまろやかで脂っこくなっています。 保護原産地呼称イベリコ生ハムデエーサ・デ・エストレマドゥーラは同州内で育った豚のみを受け入れ、生産地域はカセレス県やバダホス県のトキワガシやコルクガシの牧草地です。エストレマドゥーラ州の生ハムは、その特徴的で非常に快い香りと、繊維の少ない質感が特徴です。

エストレマドゥーラ州イゲーラ・ラ・レアル牧草地のイベリコ豚

保護原産地呼称イベリコ生ハム以前「ハモン・デ・ウエルバ」として知られていたハブゴは、シエラ・デ・アラセナ自然公園とピコス・デ・アロチェ、そしてクンブレス・マヨーレス、コルテガナ、エンシナソラ、さらにスペインでも生ハムの村として最も有名なものの一つで、この原産地呼称の名前ともなったハブゴといった、ウエルバ県内のさまざまな地域で製造されています。保護原産地呼称イベリコ生ハムロス・ペドロチェスは最新のもので、2006年に認定を受けました。保護原産地呼称として知られており、イベリコ豚の飼育もハムの製造も、コルドバ県北部のロス・ペドロチェス渓谷でのみ行われます。他のイベリコ生ハムよりさらに細長い形状のため、簡単に見分けられます。

ウエルバ県コルテガナの景色

高品質の生ハムを見分ける方法

この食品の歴史における主な主人公は、イベリコ豚です。土着種で、長い年月をかけて特別かつ違いのある特徴が開発されてきました。これらの豚は、自由に牧草を食べたり運動したりできる放牧場で成長し、放牧されない形で育った他の豚と比べると最終製品に付加価値が追加されます。イベリコ生ハムの中には、豚の成育地や餌に応じてさまざまなカテゴリーが存在し、色コードで強調されています。白ラベルは、豚はイベリコだが、畜舎の中で飼い葉を食べて育ったものに対して使われます。緑ラベルは、イベリコ種の豚で放牧場で自由に餌を食べ、天然の牧草で餌が補完されたことを示します。ラベルは、ドングリベースで育った混血豚の生ハムです。黒ラベルは「ハモネス・パタ・ネグラ」と呼ばれる、ドングリを食べて育った100%イベリコ豚由来の最高品質の製品に限定されています。

生ハムの一皿
に関する詳細をごらんください

スペイン