Travel Safe

安全に旅するためのアドバイス 最新ニュース
アストゥリアス州のピコ・ナランホ・エン・ロス・ピコ・デ・エウロパ

アストゥリアスの全ての側面を知るお勧めプラン

アストゥリアス州

スペインの北、カンタブリアン海沿岸のアストゥリアス州は、緑のパラダイスと言われています。そんなイメージをしていただきたいのです。映画に出てくるようなビーチ、あらゆる色に彩られた漁師の村、ケーブルカーでたどり着く山の街を夢見てください…。名立たるシードルを注ぎ、チーズを味わう姿を想像してください…。そして、だからこそ、アストゥリアスを心から楽しめる数あるプランの中から、以下のものを選びました。

カンガス・デ・オニスとコバドンガの湖のルート

アストゥリアスの中でも特に有名なツアーであり、ピコス・デ・エウローパ国立公園の中にあります。美しいローマ様式の橋で知られる街、カンガス・デ・オニスから出発します。続いて、谷の中腹で夢を見ているかのように現れるコバドンガのサンタ・マリア・ラ・レアル大聖堂、そしてコバドンガの聖母像(「la santina(小さな聖母)」として愛されています)が刻まれた圧巻の洞窟、サンタ・クエバ(車で約10km)を訪れましょう。これは、最後に目にする美しく曲がりくねった山道への序章に過ぎません。コバドンガの印象的な湖は、標高1,000m地点の氷が融けてできたものです(どちらもハイシーズンのみ、夏季はバスでアクセス可能)。周囲にはラ・レイナまたはオルディアレスといった見どころもあり、地域全体の景色を楽しめることでしょう。

ピコス・デ・エウロパ コバドンガの湖

ブルネスとカレス・ルート

おとぎ話の世界を飛び出したような、愛らしい山間の村。ブルネスは、そんな場所です。この小さな町を訪れるオリジナリティ溢れる方法、それはケーブルカーを利用することです。.たどり着いたら、大きく深呼吸して景色、山を愛する者が眠る墓地、美しい教会、石造りの家を見つめて…。腰を下ろしたらゆっくりとシードルを味わい、ブルネス・デ・アリバや他の見どころを目指しましょう。この地域にある町ポンセボスは、ピコス・デ・エウロパの圧巻の山峡の中を往復するカレス・ルートの発着点として知られています。歩き始めてすぐにナランホ・デ・ブルネスの堂々とした峰が目に映り、クリスタルのように澄んだカレス川が道中のお供をしてくれます。往復で計22キロです。

カレス・ルート

鉱山体験

アストゥリアスには伝統的に鉱業が根付いており、今も尚、直近の姿の跡を辿り、その大変な労力を想像することができます。.そんな本物の体験をするなら、いくつかのオプションがあります。例えば、スペインで初めて海中発掘が行われたアルナオ鉱山博物館を訪れてみましょう。また、興味深い町ブスティエーリョで、鉱山労働者の生活を知ることもできます。ヨーロッパの炭鉱で唯一、内部でのガイドツアーを提供しているソトン炭鉱(サン・マルティン・デル・レイ・アウレリオ地域)なら、特にダイナミックな1日を過ごせます。地中深く、地下500mの地点まで進む体験に驚くことでしょう。ソトン炭鉱のすぐ近くには鉱山・産業博物館(ムミ)、また山と谷が織りなす美しさに佇むサムニョ渓谷鉱山エコミュージアムがあります。

ソトン炭鉱 サン・マルティン・デル・レイ・アウレリオ

ここだけのグルメ

豆の煮込み アストゥリアス風、カチョポ、「カサディエーレ」などのスイーツ…。この地ならではの一品や名産品は、本当であれば幅広くご紹介することができます。しかし、今回は2つに焦点を当てていきます。まず、1つ目はシードル。アストゥリアスに来たら是非、りんごから作られるアストゥリアスのシンボル的ドリンクを注ぐ体験(ボトルを持ち上げてグラスに注ぐ伝統的な注ぎ方)を試していただくようお勧めします。シドレリア(シードル醸造所)、またはシードルの樽が並び「エスピーチャ」と呼ばれるカジュアルなフードを提供する昔ながらのスポット「リャガレス」で楽しむことができ、もちろんシードルが欠くことはありません。またアストゥリアス州の北東にはシードラの里があり、様々なアクティビティを提供しています。もう1つ、お勧めできるのがローカルチーズ。なんと、50種類もあるのです!カブラレス、ガモネウ、アフエガル・ピトゥ、カシン、ベヨスなど有名なものもあります。ここから訪れてみたいチーズショップを探してみてください。

カポーチョ

アストゥリアスの前ロマネスク芸術

地球上ではこの地域でしか見ることのできない芸術で、タイムトラベルで9世紀まで遡ります。現在この芸術となっている美しいモニュメントの中の一部は、具体的にはラミロ1世の時代に建てられました。ユネスコ世界遺産には6か所:オビエド聖堂のカマラサンタ、サン・ミゲル・デ・リリョ教会、 サンタ・クリスティアーナ・デ・レーナ教会、 サンタ・マリア・デル・ナランコ教会、サン・フリアン・デ・ロス・プラドス教会、そしてフォンカラダの泉として知られる.水理工学建築が登録されています。アストゥリアスの州都オビエド、そしてその近郊では全てが見つかります。更に、このうちのいくつかはナランコ山の美しく静かな坂にあり、アストゥリアス州プレロマネスク説明センターを訪れることもできます。.時間を遡る旅に魅力を感じますか?

 オビエドのサン・ミゲル・デ・リリョ教会

映画のビーチと海辺の町

アストゥリアスにはスペイン海辺の町協会に加盟している町が2つあります: 8月最初の土曜日、世界中のカヌー選手が集結しセリャ川下りに参加するリバデセーリャ、そして崖が海から切り離すような印象が神秘的なグルピユリの小さなビーチや、煙突状の岩から海水が大きく蒸気のように吹き上がるプリアの道化師があるリャネスです。更に、クディレーロ(三日月型のシレンシオ・ビーチでの夕焼けやビディオ岬の灯台はお見逃しなく)、ラストレ、または「コスタ・ベルデの白い街」ルアルカなど海と山に挟まれたカラフルな家が特徴の漁師町もあります。丘の上にはスペインで最も美しい墓地があり、海からの眺めは他には体験できません。まだ、驚きのビーチや海辺の村をお望みですか?ビラビシオーサのロディレス・ビーチ、ゴソン(ペーニャ岬の隣)のベルディシオ・ビーチ、またはカストロポルのプエルト・デ・ベガもあります。

リバデセーリャの景色

喧噪を忘れられる内陸の町

山々に囲まれた内陸の特別な町も忘れてはなりません。タラムンディと近隣の町です。スレートの屋根が付いた石造りの家、古い水車小屋、またはカトラリーや機織り機といった伝統産業の博物館などは素晴らしく、まるで昔の時代へ運んでくれるようです。日常から離れるのに最適です。

タラムンディの水車小屋エリア

トリオの町

アストゥリアスで都会的な1日を過ごすなら、エッセンスが効いて性格が異なる3つの街があります。まず、内陸にある州都のオビエド。広場や宮殿がいっぱいの気品ある歴史地区を歩きながら大聖堂やフォンタン市場、カンポアモール劇場を見学するのは楽しいものですそして、昔ながらのお菓子屋さんでモスコビータなどのスイーツを楽しんだり、お約束のシドレリアに立ち寄るのは、いつだって素敵なアイディアです。市の眺めを堪能するなら、既に触れている通りアストゥリアスの前ロマネスク芸術の教会の一部が楽しめるナランコ山をお忘れなく。逆に、沿岸部にはヒホンがあります。輝くようなビーチやカンタブリアン海の眺め、エドゥアルド・チリーダによる作品「エロヒオ・デル・オリゾンテ(水平線礼賛)」など魅惑の場所に心が躍ることでしょう。古くから漁師の集まる地域「シマビーリャ」や女王の庭園、あるいはマリーナを歩くのも一見の価値があります。トリオの最後を飾るのは、アビレスです。海へと流れる河口に接しており、歴史地区の円柱の家々、庭園、宮殿が愛らしい姿を見せます。しかし、ブラジル人建築家が手がけた未来的なフォルムで2011年以降シンボルとなっているニーマイヤー文化センターには驚かされることでしょう。

右から左へ:アビレスのカルバーリョ広場、オビエドの大聖堂、ヒホンのラボラル大学。

家族で訪れるアストゥリアス

アストゥリアスでは、お子さんとの旅も簡単です。まず、恐竜博物館を訪れる計画で、先史時代をイメージさせてあげましょう。コルンガには実寸大のレプリカが20体、テベルガには先史公園もあります。次に、400種4,000を超える生物が集うヒホン水族館を訪れることができます。そして3つ目:アウトドアのルートを辿ってみては?例えば、サント・アドリアノからスタートする美しいセンダ・デル・オソなら徒歩または自転車で楽しめます。フエンテス・デル・ナルセア地域ではガイドもおり、生息する動物の足跡を辿るお手伝いをしてくれます。アストゥリアスには、ソメイド国立公園、ウビニャス-ラ・メサまたはレデスなど小さなお客様」と一緒に訪れることのできる自然の素晴らしいスポットやフィトゥ(カラビア)など誰もをとりこにする景色が備わっています。今まで経験したことのないほど、自然と1つになれることでしょう。

テベルガの先史公園

驚いてしまう場所

アストゥリアスの名立たる目的地の他にも、オリジナリティに溢れた知る人ぞ知る、足を運ぶ価値のある場所があります。例えば、クエボナという名を聞いたことがありますか?車で見学できる珍しい洞窟の1つで、クエバス・デル・アグアという町から自然に進むと空洞の反対側に出る様はまるで蜃気楼のようです。他にも興味深いのは、アストゥリアスにはたくさんの洞窟壁画がありますが、紀元前35,000年以前に遡るものがあることをご存知ですか?コンデ、エル・ピンダル、ラ・ロハ、カンダモ、ラ・ルエラまたはティト・ブスティーリョなどは見学が可能です。また、映画「それでも恋するバルセロナ」などの舞台となった場所を訪れることもできます。ハビエル・バルデム、ペネロペ・クルス、そしてスカーレット・ヨハンソンはサン・フアン・デ・アビレスの灯台やオビエドのナランコ山を訪れています。その他の例としてはプラビアで撮影され、ナビアのフレシュルフェ・ビーチやオビエドの武器工場が登場する「マローボーン家の掟」、また「Volver a empezar(英語名:Begin the Beguine)」ではヒホンやクディレーロの愛らしい漁村が見られます。

ティト・ブスティーリョの洞窟のメインパネル

ローマの過去

見どころがいっぱいのアストゥリアスでは、多くの旅行者が興味深いローマの過去を見渡します。というのも、古代ローマ帝国は5世紀に渡って金山の開拓のため、この地に対する興味があったのです。では、当時にタイムトラベルをするのに訪れるべき場所は?例を挙げれば、まずルタ・デ・ラ・ウエリャ・デル・オロ(金の足跡のルート)を辿り、ティネオのアストゥリアスゴールド博物館もセットで訪れることができます。また、壮大なカストロ・デ・コアニャなどローマ人が生活していた城郭(遡ること紀元前5世紀)、ヒホンのカンポ・バルデスのローマ浴場とヴィラ・ロマナ・デ・ベラネス、またはアストゥリアスと帝国のその他の地を結ぶ道、ヴィア・カリサの説明センター(アリェール)などに足を運ぶことも可能です。

カストロ・デ・コアニャ