Travel Safe

安全に旅するためのアドバイス 最新ニュース
サン・フリアン・デ・プラドス教会。オビエドアストゥリアス

サン・フリアン・デ・ロス・プラドス教会

Asturias

世界遺産。


「サントゥジャーノ」としても知られているサン・フリアン・デ・ロス・プラドス教会は、11世紀までスペインで最大のキリスト教建造物でした。

サン・フリアン・デ・ロス・プラドスまたは「サントゥジャーノ」として知られているこの教会は、ユネスコにより世界遺産に指定されたオビエドとアストゥリアス王国の史跡群に含まれており、オビエド市の郊外地区であるプマリン、高速道路A-6の右側にあります。前ロマネスク様式の寺院は812年から842年にかけて、修道院生活のために隠居した夫妻である殉教者フリアンとバシリサを記念して建設されました。建物の屋根は木材ですが、シュヴェの後陣3つだけは筒状ヴォールトです。そのレイアウトは身廊が3つある教会堂のフロアで、翼老1つと門が3つあり、そのうち2つは横側にあります。身廊は柱と半円アーチで隔てられています。中央礼拝堂には閉じられた部屋があり、現在の研究者の意見によると、その機能はおそらく美観だけを目的としたものだったということです。サントゥジャーノで際立っているのは、幾何学記号や図形が多数ある壁画であり、多様な色使いが強調されています。

サン・フリアン・デ・ロス・プラドス教会


Calle Selgas 2

33011  Oviedo, アストゥリアス  (アストゥリアス州)

おすすめプラン

インスピレーションを得るプラン


おすすめプラン

次の訪問