Travel Safe

安全に旅するためのアドバイス 最新ニュース
知られざるマドリード市内の名所

知られざるマドリード市内の興味深い名所

Madrid

街の他の側面を探る


王宮やプラド美術館、レティーロ公園といった有名な観光スポットだけでなく、マドリードの通りの奥や屋上、歴史的建造物には、それぞれ語られるのを待っている魅力的な物語があります。街のあまり知られていないスポットを訪れてみたいなら、おとぎの国のような庭園本でいっぱいの通り、素晴らしい景色が望める場所など、マドリードの違った一面を発見しましょう。

レティーロ公園以外の公園・庭園

レティーロ公園は、マドリードで最も重要な公園です。しかし、唯一の公園というわけではありません。中心部から少し離れたアラメダ・デ・オスナには、カプリチョ公園が潜んでいます。庭園を散策して、寺院や噴水、宮殿、月桂樹の迷宮などを見れば、楽しく過ごせます。近くにはキンタ・デ・ロス・モリノス公園があります。この公園は、何百本ものアーモンドの木が咲き乱れる2月から3月に訪れるのが理想的です。小さい隠れ家のようなスポットを探しているなら、プリンシペ・デ・アングローナの庭園がお勧めです。

迷子の本探し

マドリード内を歩いていると、本専用の通り、モヤノ坂があります。 植物園の横を散歩しながら、人々がさまざまな時代の本を探す様子を見るのもいい経験になります。また、本好きの方は、サン・ヒネスの通路や本屋にも驚かれることでしょう。ここでは、あらゆる種類の本を見つけるだけでなく、ワインを飲むこともできます。

カプリチョ公園

魅力的な美術館

マドリードには、繊細で穏やかな雰囲気で、コレクター性質の、訪れるのが楽しい小さな美術館があります。例えば、ソローリャ美術館、セラルボ美術館、ロマン主義美術館、ロペ・デ・ベガ生家美術館では、興味深いコレクションに加えて、噴水のせせらぎに耳を傾けて立ち止まることができる内部庭園を楽しむことができます。

王宮周辺

このマドリッドの代表的なモニュメントは期待を裏切りません。しかし、これを様々な視点から見ることができるということを誰もが知っているわけではありません。例えば、宮殿のすぐ反対側には、アルムデナ大聖堂があります。王宮のバルコニーからしか見ることができない全景を望むには、この大聖堂の美術館を訪れることをお勧めします。また、大聖堂の裏手には、魔法のような地下室やムーア人の古い城壁の跡など、他にも驚きのスポットがあります。歩いて5分もかからないところに、魅力的なビリャ広場や、マドリッドで最も小さな広場と言われるサン・ハビエール広場があります。

マドリードにあるソローリャ美術館のホール

空の景色

マドリードでは、空を見上げると、屋根の上に隠された神話的なモニュメントを発見することができます。例えば、芸術協会の美しい屋上には、女神ミネルバの彫刻があります。また、アルカラ通り16番地の屋上には、馬に引かれた2台の馬車があります。サン・ミゲル市場の隣、ミラネセス通り3番地では、屋根を見上げると、翼の生えた男性が建物に衝突しているように見えますが、これは「飛行中衝突」という彫刻です。

その他の見晴らしの良い場所

市庁舎や芸術協会の屋上のほか、モンクロア・タワーとその92メートルの高さの観察地点、ダリエダ・デ・サン・フランシスコ(大聖堂の壮大なドームの横)、クエスタ・デ・ロス・シエゴスと呼ばれる階段を登った後など、カメラを持っていくのがお勧めです。

マドリード芸術協会の女神ミネルバ
芸術協会の屋上からのマドリードの眺め

新しい市場

マドリード住民の誰もが、町で一番人気のある市場として、日曜日のラストロをお勧めするでしょう。しかし、ここ数年、鉄道博物館のモトーレス市場やマタデロ・デ・マドリッドの生産者市場など、新しい市場が増えてきています。

マドリードの市場

エジプトの神殿とアラブの浴場

マドリードの空の色は他に類を見ないと言われています。忘れられない夕日を眺めるには、デボッド寺院に行くといいでしょう。紀元前2世紀のこの神殿が内部を見学できること、そしてスペインで唯一のエジプト神殿であることはあまり知られていません。また、マドリッドの異文化混在といえば、3世紀前の貯水槽の上に作られた首都で唯一のアラブ風呂を訪れれば、アラブ時代の過去に戻ることができます。

マドリードのデボッド寺院