Travel Safe

安全に旅するためのアドバイス 最新ニュース
カナリア諸島のサンタ・クルス・デ・テネリフェ

サンタ・クルス・デ・テネリフェでの1日

santa-kurusu-de-tenerife-ichinichi

島全体を巡る出発点


カナリア諸島の テネリフェ島の県都サンタ・クルス・デ・テネリフェは、暖かい気候のおかげで年間を通していつでも楽しめるスポットです。数日かけて島を巡るツアーを計画したなら、 カーニバルで世界中に知られ、庭園や広場、何かつまむテラスでいっぱいのこの陽気な海岸沿いの街に、少なくとも24時間は滞在したいところです。実際のところ、サンタ・クルスに宿泊して、テネリフェ島の残りの地域を車で巡る拠点として利用することができます。おすすめのプランをいくつかご紹介しましょう。

午前

1日の前半は、ビーチを満喫しましょう。

カナリア諸島は常に天気が良く、一番寒い時期でも気温は16ºC~24ºCです。このため、朝起きてひと泳ぎしたり、日光浴をしたりしてもいいですし、 最も有名なビーチの ラス・テレシータスを散歩するだけのプランもおすすめです。数多くのヤシの木があり、サンタ・クルス・デ・テネリフェ市に属していながら、サン・アンドレス村にあります。波は非常に穏やかで、あらゆる種類のサービスを提供しているため、お子様連れのご旅行にぴったりです。市街地から少し離れると、タガナナやベニホのビーチがあります。市役所が数多くのウェブカムを設置していますので、リアルタイムでビーチの状況をご確認いただけます。 

左:ラス・テレシータスビーチ / 右: サンタ・クルス・デ・テネリフェにあるセサル・マンリケ海洋公園、カナリア諸島

海水浴が楽しめる他のオプションは? セサル・マンリケ海浜公園は、人工の滝と素晴らしい眺めが楽しめるプールが数多くある複合施設です。のんびりリラックスするより、ちょっとしたアクションを楽しみたい方は、ダイビングやシュノーケリング、サーフィン、セーリング、パドルサーフィンを試してみてはいかがでしょうか。各種アクティビティは、 マリーンスポーツセンターでご確認ください。

サン・アンドレスを離れてサンタ・クルスに戻りましょう。ショッピングに出かけ、この街を象徴するヌエストラ・セニョーラ・デ・アフリカ市場で食事を満喫する時間です。

ラス・テレシータスのビーチであれ、何十隻ものヨットが係留してる港であれ、記念写真を撮らずにこの海岸を離れるわけにはいきません。その後、市内のショッピング街をゆっくり散策して、お土産を選ぶのもいいかもしれません。この時間にはたぶんお腹もすいていることでしょうから、いつかあるオプションからお選びください。その一つは、自分へのご褒美としてミシュランガイドに載っているレストランを予約するというオプションです。間違いなく、絶品の味を堪能できるでしょう。

もう一つのオプションとして、よりおすすめなのは、この街を象徴する ヌエストラ・セニョーラ・デ・アフリカ市場に足を踏み入れて、そこで見つけたさまざまなチーズ、ワイン、できたての料理、驚くほど多様な味をその場で試したり、持ち帰って楽しむというものです。午前中しか開いていませんが、サンタ・クルスならではの香りを満喫したい方には,、きっとたまらないはずです。

午後

さあ、この街で最も多くの観光客が訪れる場所をゆっくり歩いて回る時間です。

カンデラリア広場、ウェイラー広場、アストゥリアス王子広場やスペイン広場といった、有名な広場から始めてみてはいかがでしょう。スペイン広場の地下ギャラリーには、16世紀にこの島で最初の重要な要塞であったサン・クリストバル城の遺跡も隠されています。とはいえ、この街で最も保存状態がよい城は、サン・フアン・バウティスタ城です。サンタ・クルス・デ・テネリフェの街歩きの醍醐味は、巨大な屋外常設展があることです。さまざまな大通りや ガルシア・サナブリア公園をはじめとする公園 で、ヘンリー・ムーア、マルティン・チリーノ、ジョアン・ミロやオスカル・ドミンゲスといった有名なアーティストの作品をご鑑賞いただけます。

左:サン・フアン・バウティスタ城 / 中央: スペイン広場 / 右: サンタ・クルス・デ・テネリフェにあるラ・コンセプシオン教会,カナリア諸島

さらに、 ラ・コンセプシオン教会かサン・フランシスコ教会に入らずに、サンタ・クルスを離れることはできません。.また、博物館・美術館に足を運びたくなったら、グアンチェ族の有名なミイラが展示されている 自然考古学博物館(MUNA) がおすすめです。しかし、この街で最も訪問者が多いのは、ウォーホル、アンセル・アダムス、パティ・スミス、カルロス・シュワルツ、ドロシア・ラング、ヘンリー・ムーアといったアーティストの作品を収蔵する、前衛的なネリフェ・アート・スペース(TEA)です。小さなお子様連れでご旅行されている方なら、 パルメトゥム植物園 と、その印象的なヤシの木のコレクション(ヨーロッパ随一)がきっと気に入っていただけるはずです。

サンタ・クルスは、タパスや、テイスティングメニュー、ワインを一杯だけ楽しむことができる、バルやレストラン、居酒屋、魅力あふれる小さなテラスでいっぱいです。

パパ・アルガーダスのモホソース添え、チーズのグリル、アルモグロテ、ロパ・ビエハなどを食べてリラックスましょう。 このページ では、市内のさまざまなビーチクラブ、ルーフトップ、ガストロバー、レストランの中からお好みのスポットをお選びいただけます。

カナリア諸島のサンタ・クルス・デ・テネリフェの夜景

夕食の前でも後でも、ショーを楽しんで訪問を締めくくることができます。サンティアゴ・カラトラバが設計したインパクトのある象徴的な白い建物の テネリフェ音楽堂は、音楽、ダンス、オペラのショーのレパートリーが豊富です。プログラムをチェックして、ぜひこの機会にパフォーマンスの鑑賞をお楽しみください。

アドバイスとおすすめ

備考

飛行機で移動する場合、この島には国際空港が2つあります。テネリフェ・スル(南空港)とテネリフェ・ノルテ(北空港)で、後者はサンタ・クルス市街地から車でわずか10分のところにあります。スペイン広場や音楽堂といったサンタ・クルス・デ・テネリフェの主な注目スポットを結ぶバスや観光列車があります。各地の停留所と運行頻度は、こちらの地図でご確認いただけます。市内を出発点とする、特におすすめのエクスカージョンをいくつかご紹介しましょう。- 生物圏保護区に指定されているアナガ農村公園。さまざまなハイキングコースを巡り、ベニホの入り江といった細かい黒砂の入り江で水浴びをお楽しみいただけます。- テイデ国立公園。この公園の火山の噴火から生まれたスペイン最高峰に、ケーブルカーで登ることができます。- 近隣にある世界遺産の町、サン・クリストバル・デ・ラ・ラグーナ。- 隣のラ・ゴメラ島へフェリーでエクスカージョン。- ヨットでホエールウォッチング。

ルートの旅行時期

サンタ・クルス・デ・テネリフェに限らずテネリフェ島全体が一年中いつでも訪問に適していますが、2月末に行われるカーニバルは、ぜひ一生に一度は訪れたいものです。世界でもトップクラスのカーニバルとされています。ただし訪問をご希望の場合は、時間的余裕をもって宿泊施設を予約する必要があります。カサ・デル・カルナバル(カーニバルのビジターセンター) には、この祭りの典型的な衣装やポスターの常設展のほか、カーニバルの色とりどりの照明やサウンドで満ちた体感スペースもあります。

に関する詳細をごらんください