Travel Safe

安全に旅するためのアドバイス

スペイングルメの中でも人気のあるいくつかの料理

none

世界でも名高いスペイングルメ。スペインを旅するなら、大人気の典型的な料理を堪能しない手はありません。ここにご紹介する料理はすべてとてもよく知られているので、レストランのメニューで簡単に見つかるものばかりです。そして、インターネットに写真を掲載してお友達を羨ましがらせましょう。ここにあるのは、ほんの一部の例であることをお忘れなく。ガストロノミーのセクションですべての料理をご覧いただけます。

  • 10マドリード風煮込み

    十分に暖かい煮込みはみんなに手が届く喜びです。煮込み料理はバリエーションが豊富ですが、マドリード風の場合、昔から伝わる食べ方があります。まずショートパスタの入った味わい深いスープを飲み、続いてひよこ豆と野菜、そして最後に肉や腸詰などを食べていくのです。冬には特に気分がよい一品です。

  • 10ガスパチョ

    これは、スペインのエクストレマドゥーラ、アンダルシアやカスティージャ-ラ・マンチャといった地方に独特の伝統的な冷製スープです。なかでも有名なのはアンダルシア風で、トマト、ピーマンやニンニク(すべてみじん切り)などが材料となります。ヘルシーな上に(スペインの地中海メニューの代表です)、とても美味です。

  • 10ガリシア風タコ料理

    このリストにスペインの北西地方、ガリシアの伝統料理は欠かせないでしょう。専門家によるとこの料理は木製の皿に盛り付け、たっぷりとあら塩、パプリカパウダー(挑戦したい方は辛味を)、オリーブオイルをかけて食卓に出されるべきだそうです。ガリシアを誇るパーティで、この料理を欠かすことはないでしょう。

  • 10ファバダ(インゲン豆煮込み)

    スペインの北部地方で次にはアストゥリアスを訪ねます。午前中の長い観光の後にはきちんと整った席で、ブラッドソーセージやチョリソー、ベーコン、ガリシア風ハムと一緒に白インゲン豆を煮込んだファベスが食欲をそそります。これでエネルギーが補充されること間違いなし。

  • 10パエリア

    数多くの種類がありますが、バレンシア米、鶏肉、兎肉、カタツムリ、白インゲン豆、二種類のさやいんげん、ニンニク、トマト、パプリカ、オイル、塩、サフランを材料としたものが、本場バレンシアのパエリアと言われています。アドバイス:地中海を臨む海岸のテラスで出来たてを味わうのが一番です。

  • 10トルティーリャ・デ・パタタ(スペイン風オムレツ)

    まぎれもないスペイン伝統料理の一品であり、玉ねぎを入れずに調理するのが本物だとする派と、玉ねぎは美味しいスペイン風オムレツには欠かせない材料であると主張する派の2派に分かれます。この論争は別として、必ず入れられる材料が卵とじゃがいもです。スペインのバルでは、正にこの料理が自慢の一品であるところが多くあります。実際にとてもおいしいので、是非お試しになることをお勧めします。

  • 10タラのピルピル

    バスク地方の魚類は極上なので、この鱈のようにその料理多くの料理に使われています。この魚の旨みと料理人の腕によってゼリー状のとてもおいしいソースが出来上がります。レストランで注文した後には、このスペインの地方で企画されるいくつもの料理教室のひとつでこの料理を作ってみることもできます。

  • 10子羊ロースト

    カスティージャ・イ・レオン地方の地元グルメで、伝統的なのはミルクフェッドラムのぶつ切りを薪をくべたグリルで炙り焼きしたものです。キャラメル色になったらちょうど食べごろです。カスティージャ・イ・レオン州のいくつかの地域では、子羊の代わりに子豚を使い、同じように調理します。どちらもこの地方のグルメを代表する料理です。お帰りの前に是非お試しを。

  • 10チュロス

    朝食、もしくはおやつとして、ホットチョコレートに浸したり、粉砂糖をまぶして食べるのが人気のチュロス。路上に設置された屋台では、できたてのチュロスが楽しめます。この有名なスペインの朝食を、自宅で作るレシピをご紹介します。

  • 10サンティアゴのケーキ(タルタ・デ・サンティアゴ)

    美味なアーモンドケーキに聖ヤコブの十字架でデコレーションしたスイーツ。サンティアゴ巡礼の道を訪れた巡礼者達がお土産に持ち帰るお菓子の定番、ガリシア地方で最も人気のあるお菓子です。良質のサンティアゴのケーキは、そのふわふわなスポンジでわかります。 

に関する詳細をごらんください