Travel Safe

安全に旅するためのアドバイス
ブリウエガのラベンダー畑。グアダラハラ

スペインで春を満喫するための15の見事な開花スポット

none

春の数ヶ月間、そして夏の大半には、さまざまな色がスペインを包みます。無数に咲き誇る桜の花や一面に広がるラベンダー、アーモンドの白い花のカーテン等々。花々を満喫できる旅先とこの時期のスペインの印象的なお祭りをご紹介します。カメラを手に、春らしい体験をしてみませんか。

  • 白とピンクのショール、マヨルカ島

    例年、1月の終盤には、地中海にあるこのバレアレス諸島の島ではアーモンドの木の開花が始まります。この時期、島が「雪」に包まれたような瞬間を求めて多くの画家や写真家がマヨルカへやって来ます。

  • 満開の桜、テヘダグラン・カナリア島

    アーモンドの開花を祝う祭りとテヘダ、グラン・カナリア

    2月、グラン・カナリア島のこの地域ではアーモンドの開花と時期を同じくし、有名な祭りの一つが開催されます。カナリア諸島でももっとも古い祭りの一つであり、花を眺めがら工芸品の店を回り、カナリア諸島の伝統音楽を楽しむことができます。ところで、テヘダがスペインでももっとも美しい村の一つとして有名なことをご存知ですか。

  •  満開のアーモンド、キンタ・デ・ロス・モリーノス公園マドリード

    キンタ・デ・ロス・モリーノス公園、マドリードの中心地

    マドリードの街中にあるキンタ・デ・ロス・モリーノス公園では、年間を通じて開花が楽しめる点が特徴です(地下鉄スアンセス駅、バスの77番、104番、105番)。2月と3月にアーモンドが「目を覚まし」、街中での最高の自然写真を求める人々が集まります。

  • アルモルチョン・デ・シエサ山を背景にした果樹園

    あらゆる色に包まれるシエサ、ムルシア州

    「地上の虹」。ムルシアのシエサにあるフルーツの木々の開花はこのように表現され、その中でも無数の桃の木の開花が有名です。3月は月間を通じて、観光電車による見学ルートや四輪駆動車でのルート、気球によるルート、ホーストレッキング、川下り、写真コンクール、コンサート、この期間限定の特別メニュー等、さまざまなプログラムが用意されています。

  • カデレチャス渓谷の満開の桜ブルゴス

    カデレチャス渓谷の桜の風景、ブルゴス

    フルーツの香りと味に包まれた白い谷、その中でもこのエリア特有のものが、レイネタ種のリンゴと桜です。この絶景を見るには、心地よい気温とフルーツの木々が開花する4月が最高の季節でしょう。カデレチャス渓谷はブルゴスから約70キロメートルの距離に位置し、1時間程度でたどり着くことができます。

  • 桜の開花

    オリーブオイルの地に咲く桜、ハエン

    ハエンのマヒナ山脈にある何ヘクタールにも及ぶオリーブ畑では、3月から4月にかけて、畑の合間に桜の開花を目にすることができます。雪をかぶった山頂に挟まれ、渓谷はより一層、白一色に染まります。特に桜が多く見られる場所がトーレスの町です。

  • 桜の開花、ヘルテの谷カセレス

    ヘルテにある150万本以上の桜の木(カセレス)

    3月末から4月最初の2週間にかけて、カセレス(エクストレマドゥーラ州)にあるヘルテで桜の開花が楽しめます。スペイン全土で最も有名な桜の風景です。このエリアを満喫するために、ピオルナル、カサス・デル・カスタニャル、エル・トルノ、レボジャル等の渓谷の数々を車で巡ることをおすすめします。また、桜の花祭りでは、グルメ食材の市場、ガイドツアー、鷹狩りのショー、ハイキング、伝説の再現劇等、さまざまなアクティビティが用意されています。

  • ナバのリンゴの木々。シードルの里。アストゥリアス

    シードルの里に漂うリンゴの香り、アストゥリアス

    アストゥリアスのビメネス、カブラネス、コルンガ、ナバ、サリエグ、ビジャビシオサの六つの村はシードルの里として知られています。4月末から5月初めにこの地域を訪れた際は、この地域の美味しいシードルを試飲したうえ、リンゴの開花週間に立ち会えるかもしれません。リンゴの木々の間を散歩し、白一色に包まれた木々を写真に収め、シードルの注ぎ方を学び、特別メニューに舌鼓を打ってみてはいかがですか。

  • 花をつけたプラムの枝

    ナルダでプラムの開花の日、ラ・リオハ

    4月の第一日曜日は、プラムの花でとくに有名なイレグア渓谷のフルーツの木々が花を咲かせる時期に当たります。ナルダの町では、羊飼いのパン料理や焼き料理といった伝統料理のテイスティングのほか、市場、ガイドツアーなどが催されます。ナルダ城の展望台から臨む、花々に包まれた渓谷のパノラマ風景をお見逃しなく。

  • 赤いヒナゲシに覆われた地、トレド

    赤いヒナゲシに覆われた地、トレド

    4月から5月にかけて繊細でエレガントなこの赤い花が咲くと、広大な大地が生命に満ち溢れます。トレド周辺などでは、ヒナゲシは頻繁に目にする花です。モンタルバンの城やポランの周辺は、いかにも春らしい瞬間を見つけるのに最高の場所です。

  • コルドバのパティオ

    コルドバのパティオが飾り立てられます

    コルドバの街では、5月の第1・2週に、花々やカラフルな鉢でパティオを飾る祭りがあるのをご存知ですか。長い伝統を持つこの祭りはユネスコの無形文化遺産に認定されています。期間中は通りという通りが楽しい雰囲気に包まれ、オレンジの花などの心地よい香りが漂います。

  •  テンプス・デ・フロールスの祭り、ジローナ

    花の芸術、ジローナ

    5月、ジローナの街には他に類を見ない形で花が咲き乱れます。街の広場、庭、パティオ、最も象徴的なモニュメントにおいて、創造力に豊んだ花の作品が展示されます。それが、テンプス・デ・フロールスの祭りです。

  • レダマの花、グレドス

    シエラ・デ・グレドスの黄色い春、アビラ

    5月末から6月にかけ、シエラ・デ・グレドス公園は、レダマ(エニシダの一種)の開花により一面が黄色に染まります。この小灌木はシエラ全体に広がり、黄色い衣をまとった大地を見るために60以上のビューポイントが用意されています。また、周辺の街ではレダマ開花祭りが開催され、ガイドツアー、試食、スパでのリラックスコースなどが楽しめます。

  • ひまわりの花々、ブルゴス

    ラ・ブレバで最初に開花したひまわり、ブルゴス

    ひまわりは夏の花ですが、ラ・ブレバ(カスティージャ・イ・レオン州のブルゴス北東)の地域では、春の終わりにどこよりも早く、ひまわりが風景に色を添えます。ひまわり畑を見て回るには車で十分ですが、時間があればぜひ、ひまわり畑の中を散歩して、日中、花が太陽の光を求めて向きを変えて行く様子にご注目ください。

  • ブリウエガのラベンダー畑グアダラハラ

    ブリウエガのラベンダー畑と音楽とアート、グアダラハラ

    何キロメートルにもわたってラベンダーの紫色が広がる畑をぜひ想像してみてください。ラベンダーの香りに包まれ、野外コンサートが開催される様子もです。これこそがグアダラハラ(カスティージャ・イ・レオン州)のブリウエガで7月に開催されるラベンダー祭り。期間は6月末から7月初旬で、ラベンダーが開花し始める時期と重なっています。

に関する詳細をごらんください