新型コロナウイルスの新着情報

安全に旅するためのアドバイス
View of Brihuega (Guadalajara, Castilla-La Mancha)

ブリウエガ

Guadalajara

作家カミロ・ホセ・セラは、作品「アルカリアへの旅(Viaje a la Alcarria)」の中で壮大なタフーニャ渓谷に囲まれ、注目すべき建築遺産や美しい歴史的な街を描写しています。 旧市街地は重要文化財に指定されています。

町の入口にはロール状の花崗岩があり、16世紀以来、ブリウエガ村の特徴となっています。 アラブ起源の城壁が約2キロメートルに渡って保存されており、コサゴンとラ・カデナの2つの門があります。 城の敷地内には、12世紀に建てられた部屋や要塞のゴシック様式の礼拝堂の一部が残っています。 隣には13世紀のサンタ・マリア・デ・ラ・ペーニャの教会と旧フランシスコ会修道院の遺跡があります。マヨール通り、コソ広場、アルマス通りのアーケード街や広場を歩いて行くと、カルロス3世時代の公共刑務所とゴメス家を含む他のモニュメントや高貴な建物が見られます。 17世紀のスペインの産業建築の代表例である王立織物工場施設や、サン・ホセ修道院、サン・ミゲル教会、サンフェリペ教会の美しい庭園が際立っています。 また、12本の管があり、後方には古い洗濯場があるバランキーナの噴水のような史跡的な多くの注目すべき噴水が残っています。ブリウエガではスペイン最古の闘牛が存続されており、町を囲む谷や峡谷で行われます。

お見逃しなく

訪れるべき場所


リストを選択するか地図をナビゲートして興味深いスポットをご覧ください。

お見逃しなく

訪れるべき場所


リストを選択するか地図をナビゲートして興味深いスポットをご覧ください。

おすすめプラン

インスピレーションを得るプラン