Travel Safe

安全に旅するためのアドバイス 最新ニュース
田んぼ

コスタ・ブランカ、米どころ

Alicante-Alacant

米を調理する1001の方法


アリカンテコスタ・ブランカ を旅する…それは 米の名物料理が300以上も楽しめるガストロノミーの地を旅すること。調理方法が多く、米料理の種類もとても多彩ですので、あらゆる好みに応じた美味しい料理が必ず見つかります。

お米と言えば、コスタ・ブランカ料理 では、種類豊富なまさに食の祭典が楽しめます。テーブルに着くと、とても多彩な米料理を選ぶことができます。リゾット風、焼き煮、おかゆ風、野菜入り、魚やシーフード、肉入り……地中海に近い地中海魚やシーフードを使った米料理が一般的ですが、内陸部へ行くと、肉と豆や野菜を組み合わせたタイプをよく見かけます。また、地域によって、異なる調理方法で作られる名物料理もあります。アリカンテ 県では、美味しい米料理が堪能できるレストランを数多く目にします。余裕をもって予約をし、事前に米料理を注文するとよいでしょう。特に、グループで食事に行く場合や複数で食事する場合はお勧めです。こちらにご紹介するのは、特に代表的なお米料理で、口にする機会に恵まれるはずです。アロス・ア・バンダ:深鍋で岩場の魚を煮た出汁で作ります。具材は除いて別にし、出汁の味わいが存分に楽める米料理。アリカンテ県のどこでも注文できますが、マリナ・アルタ地方の伝統的な料理です。

アロス・ア・バンダ(Arroz a banda)

アロス・コン・コストラ:ウサギ、鶏肉、または腸詰類などの肉をベースとした米料理で、街によって作り方が異なります。この料理は、仕上げに溶き卵をかけて焼き上げるカリッとした食感から、この名前が付いています。特にビナロポ南部のバホ・ビナロポ地域とベガ・バホ地域でよく食される料理です。アロス・アル・オルノ:素焼きの平鍋で作られる、地域によって数多くのバリエーションがあるオーブン仕立ての米料理。ジャガイモ、モルシーリャ、ヒヨコ豆、トマト、豚のあばら肉が主な材料です。カルデロ:アンコウ、アナゴ、ボラまたはオニカサゴなどの旨みの強い魚を使った、リゾット風の米料理。銅製または鉄製の深鍋で調理します。ちなみに、タバルカ島、ビリャホヨサ、トレビエハ、県南部の名物料理です。

アロス・コン・コストラ(Arroz con costra)

アロス・ネグロ:真っ黒なこの料理の色は、調理に使う小イカの墨の色です。飾りにエビやカットした赤ピーマンをのせることが多く、また、アリオリソース (オリーブオイル、卵、レモン、ニンニクで作るソース) を添えていただきます。アロス・デル・セリョレット:魚やシーフードを使った、セニョリート“お坊ちゃま”の米料理は、具材はすべてをむいて食べやすくなっていて、手を汚さずに食べられるため、このように呼ばれています。アロス・コン・コネホ・イ・カラコレス:トマト、ウサギ、カタツムリ、サフランがこの料理の材料。バエリャ用フライパンを使い、ブドウの蔓で起こした火で調理します。ビナロポ北部のアルト・ビナロポと中部のメディオ・ビナロポの名物料理。

アロス・ネグロ(Arroz negro)