新型コロナウイルスの新着情報

安全に旅するためのアドバイス
マヨルカでヨット

ヨットでバレアレス諸島を巡るルート

yotto-barearesu

ヨットに乗ってバレアレス諸島を巡る

「バレアレス諸島」と言えば、地中海のターコイズブルーの海の入り江で、時計を止めたくなるような地中海の森に囲まれた典型的なイメージをすぐに想像できます。そして、マヨルカ、メノルカ、イビサ、フォルメンテラ島(群島の最大の島々)は、まるで天気、海、航海を楽しむように作られているようです。多くの映画スター、アスリート、または偉大な王族の人物がこの諸島を選択し、休暇を過ごしたり、別荘を持ったりしています。実際、夏を楽しみ、バレアレス諸島をヨットで航海する有名人に出会うのは一般的です。いつご旅行ですか?

マヨルカ島

島の大きさから、多くの人が1週間で島全体を旅行することは難しいため、地域を決めるか、2週間の計画を立てることをお勧めします。

移動: 船で / 期間: 1週間

マヨルカ島の海岸には、多数のビーチや停泊地があります。海岸に散らばる港やヨットクラブ、ボートレンタル専用の会社があります。マヨルカ島周辺を航海する場合、潮流が少なく、島で最も重要な風は北西トラモンタナであることを知っておくといいかもしれません。夏の間は、風をうまく利用するために反時計回りに航海することをお勧めします。

マヨルカ島、フォルメントール岬

1日目パルマ・デ・マヨルカ

マヨルカの首都であり、旅行で立ち寄らなければなりません。実際、完璧な目的地であり、多くの人がこの都市を選んですべての休暇を過ごすします。パルマにドッキングし、訪問するのが1日しかない場合、いくつかの重要な観光スポットがあることを知っておくとよいでしょう。まず、快適な散歩をしながら、印象的なゴシック様式の大聖堂に向かいます(有名な建築家ガウディがその改修を担当しました。祝福された秘跡のチャペルにあるミケルバルセロのオリジナル作品も感動です)。ここから(そして湾とパルケデルマールのパノラマビューを眺めた後)、アルムダイナ宮殿司教宮殿市庁舎を巡り、最後に古い商人の市場で締めくくります。 さらにベルベル城も見事です。ただの眺めのために、14世紀以来街を保護しているこの記念碑に訪れる価値があります。文化愛好家は、エス バラード近現代美術館、パラオマーチとその博物館、ピラールとジョアン ミロ財団を訪れることもできます。そしてショッピング好きな人は、ボルネに向かって、ウニオ通り、ワイラー広場、ジャウメ3世を歩いてみましょう。そして、ヨットに戻る前にビーチに行く余裕があれば、有名なプラヤ・デ・パルマなど、市内のビーチの1つで泳ぎましょう。多くのショップ、レストラン、ナイトクラブがあります。

サンタ・マリア・デ・パルマ・デ・マヨルカ大聖堂

2日目島の東部

パルマデマヨルカの港を離れると、島の東部で最も観光地の1つであるポルト・クリストエリアに行くことができます(ポルト・クリスト・ヨットクラブなど、いくつかの係留オプションがあります)。ここには地下湖(見学者はボートに乗ってクラシック音楽を聴くことができます)ある有名なドラック洞窟があります。すぐ近くにマナコルの街があります。海岸に沿って北に進むと、アルタの洞窟を訪れ、カプデペラに行くことができます。カプデペラでは、城とカニャメル塔をぜひご覧ください。そのすぐ近く、島の最東端にカラ・ラトハダがあります。実際、灯台のエリアからは、晴れた日にはメノルカ島が見えるほどの素晴らしい景色を眺めることができます。こここには、カラ・ラトハダ・マリナやカラ・ラトハダ・ヨットクラブなど、いくつかの係留オプションもあります。さらに北には、砂丘と松の木の景色に囲まれながら、お風呂に入るのに最適なカラ・メスキダがあります。その他のぜひ訪れたい入り江は?カラ・トルタ、カラ・バルケスなど。選択に困るほどです。

ドラック洞窟(マヨルカ島)

3日目島の南部

島の南部は通常最も静かな地域であるため、海岸線に沿って移動するのは簡単です。ここには、自然の状態が最もよく残っている素晴らしい砂地の一部があります。ぜひ訪れてみてください。モンドラゴ自然公園から始めて、カラ・フィゲラの近くで最初のお風呂に入るのがおすすめです。その後、マヨルカで最高のビーチの1つであるエス・トレンクビーチに行きます。手つかずのクリスタルの透明の海は観光客が好むビーチの1つです。

エス・トレンクビーチ

4日目島の西部

既にご紹介したパルマの街に加えて、島の北西には、海岸と平行に100 km以上の山脈があるトラモンタナ山脈の魅力的な風景(ハイカーやサイクリストに最適)があります。アンドラッチの市町村からフォルメントール岬まで広がり、長い間作家や画家の避暑地でした。  実際、マヨルカの大きな魅力の1つは、山の風景から素晴らしいビーチの他の場所にすぐに移動できることです。航海の経験以外にも、島で最も魅力的な場所や互いに非常に近い場所を探索するために、1日または数日過ごすのもおすすめです。バルデモサ(音楽家ショパンと作家のジョルジュサンドが滞在した素敵なカルトゥハがあなたを待っています)、デヤ(ソン・マロイグの庭園から眺められる景色をお見逃しなく)、ソラー(山と谷の間を移動しパルマとソレルを結ぶ伝統的な木製のワゴンを使用した当時の列車があることをご存知ですか)。時間が許せば、ソラーからリュック聖域を探索しましょう。

トラムンタナ山脈(マヨルカ島)

5~6日目島の北部

今日は、中世の町と活気のある港があるポレンサから始めることを提案します。そして、カラ・ムルタのようなビーチでのひと泳ぎはいかがですか?アルクディアは非常に近く、すべてのサービスを備えたマリーナもあります。シャラとパルマの門がまだ保存されているこの古代の城壁都市を散策するのは楽しいことです。そのバージンビーチの入り江での海水浴がどれほど素晴らしいかは言うまでもありません。多くの人がColl Baix Creekを推奨しています。アルクディア湾近くに停泊するための選択肢は、コロニアデサンペレ近くのカロです。夕暮れ時には、スペイン全土で最も美しい展望台の1つであるエス・コロメル展望台のあるフォルメントールに行くのが最適です。翌日、島の北東部を離れ、海岸の町カン・ピカフォルト、エルミタ・デ・ベトレムを訪れ、カラ・ガルダナの地中海に別れを告げましょう。

カラ・サント・ビセント(ポレンシア、マヨルカ島)

マヨルカ島でのその他のプラン

カブレラへの小旅行。さらに日に余裕がある場合は、欠かせない小旅行をお勧めします。パルマの街からは、「ツバメ」と呼ばれる観光船があり、世界から遠く離れた自然の場所であるカブレラ群島の海洋陸上国立公園を出航します。海岸に沿って航行、停泊、または潜航するには、環境および領土省(パルマ、ポリーニョデソンロシニョール10-1ºCalle Gremio Corredores)に許可を要求する必要があります。カルチャーイベントマヨルカでは、デヤの国際音楽祭やポレンサの国際クラシック音楽祭などの重要な文化イベントや、プリンセス・ソフィア・トロフィーやコパ・デル・レイ・マプフレ・レガッタなどの関連するセーリング大会が開催されます。アーモンドの開花マヨルカでは、年間を通してプランが提供されます。1月下旬または2月上旬にご旅行の際は、アーモンドの木の開花をお見逃しなく。グルメマヨルカ島にはミシュラン星付きレストランがいくつかあり、島で最高の料理を味わうのに最適です。

マヨルカ島のアーモンドの花

マヨルカ島:行き方と移動方法

パルマ・デ・マヨルカは、スペインから最も重要な空港の1つで、市内からわずか8 km、ヨーロッパの主要空港からわずか2時間の場所にあります。海路をご利用の場合は、マヨルカの主要港はパルマ港とアルクーディア港です。さらに、島間の海上輸送を担当する会社がいくつかあります。

メノルカ島

島の大きさから、ヨットで巡るのに適しています。

移動: 船で / 期間: 1週間

フォルネルス湾とマオ港は、絶えず風が吹く広い範囲であると同時に公海から保護されているため、航海を始めるのに推奨される場所です。メノルカ島では、初心者向けとテクニックを完成させるための両方のナビゲーションコースを提供する企業があります。

デン・ショロイ洞窟のラウンジャー

1日目マオと近隣の町

風の島として知られるバレアレス諸島で最も静かな島の1つ、マヨルカに次いで2番目に大きい島の1つから旅を始めましょう。島の東部には、世界最大の自然の港の1つであり、滞在を開始するための良い出発点であるメノルカ島の首都マオがあります。マオは、島内でより雰囲気のある場所の1つ、クルーズの目的地であり、ドリンクやショッピングを楽しむのに最適な都市です。その生活は港周辺を中心に繰り広げられ、その様子は、魚の広場やカルメンの回廊の市場を歩くと分かります。また、サンロケ橋、サンタマリア教会、メノルカ博物館なども見どころです。見逃すことのできない歴史的な軍事施設、ラ・モラ要塞やマールボロ砦をお忘れなく。そして、ラモーラの要塞の素晴らしい景色を眺めるには、近くの町エスカステルの最高地点に行くのがおすすめです。

カラ・エス・カヌテルス、マオ - マオン

2日目島の南東部

ヨットをドッキングしたままにして、魅力的な町ビニベカで1日をスタートすることを提案します。古い漁村の建築物を模倣し、海にたどり着くまで通りに迷い込みましょう。ここでカメラで写真を撮るのをお忘れなく。ここから、カレス・コベスに行くことができます。実際に壮大な先史時代のネクロポリスだった岩の風景に囲まれて海水浴をする準備をしましょう。とても特別な場所です。この日の締めくくりは、島で最高の夕日の1つを眺めることができるコバ・デン・ゾロイの他はありません。夜明けまで開いているこれらの洞窟では、壮観な景色を眺めたり、ドリンクを楽しんだり、夜に踊ったりすることができます。是非、見逃せない場所です。 

ビニベカ(メノルカ島)

3日目島の南西部

今日は、すべての写真に写っている島のおきまりのエリアに行きましょう。そこでは、入り江(森や崖に囲まれ、細かい砂とボートが浮かんでいるように見える透明な水)がより典型的です。最も有名な入り江はシウタデラ地域で始まり、サンサウラ、カラエントゥルケタ、カラマカレラ、カラマカレレッタ、カラガルダナ、カラミジャナ、カラトレバルーガーの砂浜と、東に向かって続きます。一日に別れを告げるもう1つのおすすめの場所は、カップ・ダトルチと灯台エリアです。灯台の隣のテラスや自分のボートで何かを飲みながら、太陽が沈む様子を静かに眺めることができます。

メロルカ島でのヨット

4日目および5日目島の北部

多くの人々は、島の北部を探索ために休暇の1日だけをあてます。しかし、可能であれば、2日間あけておく必要があることをお分かり課と思います。北部ではにあり、風景は変化し、最も赤みがかった、野生的で強く、最も純粋な形の多くの自然があります。また、時々起こるトラモンタナの嵐のために、海岸はより急であることに留意してください。北西からスタートする場合は、歴史的な灯台のあるプンタ・ナティが良い出発点です。その後、カラピラールとアルガイアレンの壮大なビーチに向かいましょう。東に向かって行くと、カラ・プレゴンダ(メノルカで最も美しく珍しいものの1つ)とカバレリアがあります。そのビーチと信じられないほどの灯台は必見です。フォルネルズの町のすぐ近くにあるカラ・ティラントでは、港に停泊して魅力的な町を探索するだけでなく、レストランに座っておいしいロブスターシチューを食べましょう。北への小旅行は、魔法の場所ファヴァリテックス灯台エリアで終わります。ここから眺める夕日は忘れられません。 

メノルカ島プンタナティの灯台

6日目シウタデラと島の内陸部

最終日に、島とその古い首都の最も美しい都市の1つを巡りましょう。シウタデラ宮殿、大聖堂、路地、そして魅力的な港(ちなみに素晴らしい食事をする場所)のある中心部を散策するのは楽しみです。市役所の背後にある展望台をお見逃しなく。また、運が良ければ、6月23日と24日に開催される、乗馬が行われるサンファンのお祭りに参加できます。旅行に選択したボートの種類と到達する速度に応じて、マオからシウダデラに行くために1日中セーリングを過ごすことができます。島の内陸部を忘れてはいません。実際、ヨットで旅行することに加えて、車やバイクを借りるなら、訪れることができる興味深い場所がたくさんあります。たとえば、ナベタ・デス・トゥドンス(島で最も有名な葬儀のモニュメント)、フェレリエス、エスメルカダル、エル・モンテ・トロ(島で最も高い地点)、またはアライオルは訪れる価値があります。

シウタデラ港(メノルカ島)

メノルカ島でのその他のプラン

自然メノルカの自然を最大限に満喫してください。この島は1993年にユネスコによって生物圏保護区に指定されたほど特別です。ハイキング愛好家は、海岸に沿って島を一周できる承認されたお墨付きルート、カミ・デ・カヴァルスをお見逃しなく。乗馬馬は島の多くの祭りの主役であり、この情熱を楽しむことができるいくつかのクラブや学校もあります。カルチャーイベントシウダテラでは、メノルカ国際ジャズフェスティバルやサマーミュージックフェスティバルなど、いくつかの文化イベントが開催されます。

メノルカ島の乗馬観光

メノルカ島:行き方と移動方法

マオには、複数の海外の目的地から飛行機で島に到達するためのメノルカ空港があります。海路の主要港は、マオ島とシウタデラデメノルカ島です。さらに、島間の海上輸送を担当する会社がいくつかあります。 

イビサ島

次はイビサ島の出番です。その生物多様性と文化がユネスコによって世界遺産に登録され、美しい入り江と風景、そして世界的に有名なナイトライフの両方で知られています(最高の 世界のディスコやナイトクラブ)。

移動: 船で / 期間: 5日間

イビサ島のビーチ

1日目イビサ島

搭乗する前に、必要に応じて、首都で見ることができるものを伝えることから始めましょう(イビサ島では、マリーナやヨットクラブにさまざまな係留施設があります)。イビサ島の旧市街にはダルト・ヴィラ地区があり、ユネスコによって世界遺産に指定された印象的な城壁の囲いは言葉では言い表せないほど見事です。通りを歩いて、城や大聖堂などのモニュメントや、マディーナ・ヤビサ研究センターのような観光スポットを巡るのがおすすめです。海の景色は言うまでもありません。歴史的建造物の正面玄関は、ポルタル・デ・セス・タウレスの跳ね橋です。城壁の外側には、プイグ・デス・モリンスのネクロポリス(1,000年以上にわたって墓地として使用されていた)、プラサ・デ・パルク、活気のあるイビサ港(市場またはテラスがある)、タラマンカなどのビーチまたはプラヤ・デン・ボッサなどの興味深い場所もあります。そして、パーティーがお好きなら、イビサでの楽しい夜は有名なナイトクラブで締めくくりましょう。この島の夜は世界中で神話的であることをお忘れなく。

サンタ・ルシアの要塞ダルト・ビラ、イビサ島(Ibiza, Eivissa)

2日目島の西部

島の西部には、最も美しい場所の1つ、エス・ベドラ自然保護区、エス・ベドラネル、ポニエンテ島があります。そこからは海から際立つエス・ベドラのシルエットを眺めることができ、可能であれば、ヨットから夕日を見るために滞在する価値のある、本当に魅惑的な場所です。すぐ近くには、サン・ジョセップ・デ・サ・タライアの町と、カラ・ドホルト(泳ぎに停泊するのに最適な場所)やプラッテス・デ・コントなど、ターコイズブルーとクリスタルの海の広がる最も壮観なビーチがあります。北に向かって行くと、サン・アントニ・デ・ポルトマニの町のマリーナがあります。港に停泊したり、ディナーや係留してエスカロ・デス・モロまで湾に沿って散歩したり、世界で最も有名な夕日の一つを眺めるのに最適な場所です。多くの人がこの瞬間を象徴的なカフェ・デル・マールで過ごすことを選択しますが、自分のボートに乗ってそこから楽しむのもいいかもしれません。また、さらに北部と内陸部にあるサンタ・アニェス・デ・コロナは興味深い場所で、特に冬、特に1月と2月に数百本のアーモンドの木が咲くときにおすすめの小さな町です。 

カラ・ドール、イビサ島(Ibiza, Eivissa)

3日目島の北部

島の北部で海水浴にいい場所を探しているなら、カラ・ベニラスを逃すことはできません。ビーチだけでなく、この夏は日曜日の午後のベニラス太鼓祭りでこの島の一番ヒッピーな人が集まる特別な場所です。ここでは、1日の残りの時間を過ごすことも、この入り江に泊まることもできます。ベニラスは、サン・ホアン・デ・ラブリチャの町に非常に近く、周辺の町、バランザトの防衛塔、または崖の内側の近くのカンマルサ洞窟への小旅行ができます。すぐ近くには、ダイビングの愛好家に最適で、ポルティナトの観光エリアから2 km未満のカラ・シュクラルもあります。ポルティナトのすぐ北にあるバレアレス諸島で最も高いファロ・デス・モスカタルテル灯台に行きたいと思われるかもしれません。

カラ・バッサ、イビサ島(Ibiza, Eivissa)

4日目島の東部

島の東部には、落ち着いた観光だけでなく、天国のようなビーチ、魅力的な村、シーフード料理もあります。サンタ・エウラリア・デス・リウを探索し、エス・プイグ・デ・ミッサの石畳の通りを散歩して、民族学博物館を訪れるのもお気に召されるかもしれません。海水浴なら、最も象徴的な入り江には、フィゲラル、カラ・ボア、カラ・レニャ、カラ・ノヴァ、エス・カナル、カラ・マルティナ、スアルガマッサ、カラ・パダ、カラ・ロンガがあり、さらに北にはアイゲス・ブランケス(自然な泥浴をするのに最適な場所の1つで、肌の解毒作用があります)、またはカラ・サン・ビセントに行く価値があります。ポウ・デス・リェオ(Pou d´es Lleó)などの牧歌的な船乗り場もあります。また、船から出て、オリジナルのショップ、職人製品、アンティークディーラーが集まるサンタ・ゲルトゥルディス・デ・フルイテラまで行き、夕食をとることもできます。島のこの地域についてお話しする際に、毎週土曜日に開催され、特に5月から10月にかけて何千人もの人々が参加する有名なラス・ダリアス・マーケット(サン・カルレス・デ・パラルタ)を忘れることはできません。宝石、骨董品、Adlibの服(イビサの典型的なドレス)などに出会うことでしょう。お見逃しなく!

サンタ・エウラリア・プイグ・ミッサ

5日目島の南部

最後に、水を非常に透明にし、この場所をスキューバダイビングに最適にする、地中海の盆地にのみ存在する海底の一種であるポシドニア・オセアニカの水中牧草地で非常に有名なセス・サリネス自然公園に行きましょう。ここでは、カバレットやサリネスなどのビーチを楽しむことができます。さらに、夏にはセレブやナイトライフを楽しむのに非常にファッショナブルなエリアです。お好みに応じて、フェニキアの町、サ・カレタ(世界遺産に登録されている)、サル・ロッサの16世紀の見張り塔を訪れたり、塩水池の色に魅了されたりすることもできます。そして、スタイリッシュにパーティーで締めくくるなら、島の南側にあるウシュアイアやスペースのような最も神話的なナイトクラブがおすすめです。

サン・アントニ・イ・サン・ジョセップの航海ステーション

イビサ島でのその他のプラン

レガッタイビサ島では、有名なレガッタ・ルタ・デ・ラ・サルなどのスポーツ大会が開催されます。 フィエスタ(お祭り)イビサ島の中世祭りやフィエスタス・デ・ラ・ティエラなどに参加してみてください。アクティブレジャーイビサ島で行われるアクティブなレジャーの選択肢の中には、乗馬、満月の下での散歩ツアー、またはマウンテンバイクルートへの参加があります。

カラ・バッサ、イビサ島(Ibiza, Eivissa)

イビサ島:行き方と移動方法

島の南部には、イベリア半島とヨーロッパからの直行便があるサンジョセップ空港があります。海路でご旅行の場合、イビサには、イビザ港、サンタエウラリア港、サンアントニ港の3つの重要な港があります。通常の旅客輸送ラインに加えて、プライベートボート、チャーター、クルーズでアクセスできます。

フォルメンテーラ島

これらの4つの島の中で最も小さい島で、最も静かです。実際、イビサ島からボートでのみフォルメンテーラ島に行くことができます。

移動: 船で / 期間: 2日間

フォルメンテーラ島はイビサ島から2海里ですが、イビサ島とラ・サヴィナ港間の距離は12マイルです。そこに着くと、69キロメートルの海岸線、透き通った海水水のビーチ、そしてあらゆる種類のウォータースポーツを練習するオプションが待っています。ラ・サビナ(島の北部)には、航海に必要なすべてのサービスが備わったマリーナがあります。イビサ島とフォルメンテーラ島を組み合わせた1週間の航海旅行ツアーでは、通常約2日をフォルメンテーラ島にあてます。

フォルメンテーラ島の帆船

1日目島の北西部

イビサ島では、セス・サリネス自然公園と言えば、この自然空間はフォルメンテーラ島の北部にも広がっていることを知っておく必要があります。もちろん、ここではポシドニア・オセアニカの大草原も有名です。島の北西には、海に面し、小さなボートが停泊できる小さなラグーンのエスタニー・デス・ペイクスもあります。ここは、小さなドラフトボートでのウォータースポーツに最適です。また、北部では、セス・イレテスビーチで海水浴をするのもおすすめです。あらゆるタイプのウォータースポーツに最適で、このエリアとラ・サビナ港、エスパルマドール島(そこでの泥風呂は有名で、係留して夜を過ごすのに最適です)。セス・イレタスビーチは、スペインで最高のビーチに何度か選ばれていることをご存知ですか?島の北端にある、レバントビーチもおすすめです。

エス・プホルス(フォルメンテーラ)

島の西部にあるカラ・サオナは際立っています。長さは140メートル以下ですが、最も美しいものの1つであり、係留に最適です。サン・フランチェスク・ザビエルはこの島の首都であり、100周年の教会を訪れたり、ショップを散歩したり、地元の工芸品を購入したり、レストランで典型的な料理を楽しんだりするのに最適です。暗くなる前に、マリナ・デ・フォルメンテーラ港に戻ることができます。設備が整っており、夜を過ごすのに最適な場所です。

エス・カルナッテ(フォルメンテーラ)

2日目島の北東、東部、南部

2日目は、再びヨットに乗るか、再びサンフランチェスク・ザビエルで1日を始めることができます。首都に非常に近い、島の南西にあるカップ・デ・バルバリアの灯台まで行きましょう。多くの人は、太陽が隠れ始めるときにこの場所に行くことを選択します。フォルメンテーラ島の南部でビーチに行きたい場合は、有名なミジョルンビーチがあります。最も大きいビーチの一つで、トレ・デス・ピ・デス・カタラの近くにあります。ミジョルンのエリアでは、エス・アレナルビーチもよく知られています。ミジョルンビーチはウォータースポーツを練習するのに理想的な場所ですが、海岸に平行な岩があるため、係留するときは海岸から100メートル離れた場所にヨットをドッキングするのが最善です。

エスパルマドールビーチ(フォルメンテーラ島)

文化について見ていきましょう。島の北東部には、バレアレス諸島で最も壮観な巨石墓があります。青銅器時代初頭のカ・ナ・コスタ。ぜひこの機会にエス・プホルスとそのナイトマーケットにお越しください。東部のピラール・デ・ラ・モラでは、風車やラ・モラのクラフトマーケットをお見逃しなく。これは島の星空の下で開催される屋外マーケットであり、5月から10月までの水曜日と日曜日には、世界中の職人によって作られたユニークな作品があり、ライブミュージック、ジャグラーをお楽しみいただけます。そして締めくくりは、この島のもう1つの神話の灯台、今回は東端と最高部にある灯台です。ラ・モラの灯台についてお話しすると、それは作家のジュリオ・ヴェルヌに影響を与えたと言われています。 

セス・サリネス(フォルメンテーラ島)

フォルメンテーラ島でのその他のプラン

アクセス可能な小さな島であるため、松林、塩原、内陸部を探索するために、部分的に徒歩または自転車で移動するのが良い選択肢かもしれません。実際、フォルメンテーラ島にはグリーンサーキットのネットワーク全体があります。

イレタスビーチ(フォルメンテーラ島)

フォルメンテーラ島:行き方と移動方法

フォルメンテーラ島には空港がなく、イビサ島からボートでしか行けません。イビサ島に着いたら、ラ・サビナ・デ・フォルメンテーラ港に到着するために、毎日運航している船会社がいくつかあります。所要時間は約25分です。

フォルメンテーラ・エス・カロ

アドバイスとおすすめ

日数。セーリングでバレアレス諸島をくまなく巡るには、2つの大きな島(マヨルカ島とメノルカ島)にそれぞれ少なくとも1週間、イビサ島とフォルメンテラ島にもう1週間を費やすと快適ですが、いくつかの島を結ぶ短い日程でも可能です。

ドキュメント次のリンクでは、スペインでナビゲートするために必要なドキュメントに関する詳細情報をご覧いただけます

乗船ご計画の旅行の種類に応じて、長さが短く、数少ない乗客を考慮してボートで旅行するのが快適です(例えば、家族でご旅行される場合)。または12人以上のグループのために設計されたより大きなもの(例えば 、友人グループと旅行する場合)もあります。

レンタルの種類。スキッパーまたは乗組員の有無にかかわらず、ヨットをレンタルできます。必要に応じて、座席数またはキャビン数でヨットを借りることができます(通常、レーシングヨット、クラシックヨット、スクーナーなど、いくつかの選択肢があるため、各港にあるさまざまなレンタルオプションを常に確認してください)。

ボートの特徴ボートの特性(長さ、喫水、ベッドの数、キャビンとバスルーム...)、その機器(GPS、VHFラジオ、ガイド、カードなどがあるか)および利用可能な追加機能(調達、 最終清掃、寝具...)も考慮してください。お分かりいただきやすいようにご説明すると、これらの海岸を航行するヨットには、通常3〜5つのキャビン、バスルーム、キッチン、そしてもちろん日光浴ができるブリッジがあります。予算に関しては、燃料消費量が少ないため、通常、モーターボートを借りるよりも費用が少なくなります。

船長多くの旅行者は、航海を許可する公式の称号を所有していても、最も興味深い場所を知っている船長と一緒にボートを借りることを好みます。

基本的な装備クルーズには、基本的かつ実用的な推奨事項を常に念頭に置いてください。足を覆うゴム底の靴、軽いレインコート、日焼け止めクリーム、帽子、サングラスを着用してください。

スケール。ボートを港に停泊し、車やバイクを借りて、海岸や内陸の両方の異なる風景を探索する日を設けることをお勧めします。

交通機関と接続。バレアレス諸島には、国際線が発着するの3つの空港(マヨルカ、イビサ、メノルカ)、多くのクルーズの停留所、島同士を結ぶフェリーがあります。

ルートのご旅行時期

春と夏は航海に適した時期です。4月から10月までは天候が非常に心地よく、特に夏の間は天候が非常に安定しています(風の変化を考慮する必要があります)。ただし、特に北部地域では、冬には雪が降る可能性があるため、この時期に航海することはお勧めできません。