新型コロナウイルスの新着情報

安全に旅するためのアドバイス
セビージャのレアル・アルカサルの画家

芸術家たちにインスピレーションを与えたスペインの都市

none

風景の色

街の通りを歩いていると、あるいは夕暮れの景色を見つめていると、きっと絵を描くときと同じように、唯一の瞬間の色彩をとらえて、映像を永遠に止めてしまいたくなるに違いありません。マドリードやバレンシア、バルセロナの様々な場所や瞬間を描いたゴヤやエル・グレコ、ソローリャなどの芸術家たちの不朽の名作の中から、最も有名なものをいくつかご紹介しましょう。

  • ダリの家美術館、フィゲラス

    ダリとフィゲラス

    シュールレアリスム芸術の世界一大きいオブジェへようこそ!フィゲラスのダリ劇場美術館です。ありとあらゆるアーティスティックな体験ができるようにと、ダリ(ダリの納骨堂とお墓もここにあります)自身によって編み出されました。カタルーニャにある美術館・博物館のうちポルリガッツの家美物館、プボールのガラ・ダリ城を訪問すれば、ダリ三角形が完成します。ダリ自身はこう言明しています。「この恵まれた場所では、現実と崇高なものがまるで触れ合っているようで、これが私の常なる着想源なのだ。私の神秘的楽園はアンプルダンの平原に始まり、レス・アルベレスの丘に囲まれ、カダケス湾において絶頂に達する。この国はいつでも私のインスピレーションの源なのだ。」

  • 祭りの日のサン・イシドロ礼拝堂フランシスコ・デ・ゴヤ。キャンバス地油彩、41.8 x 43.8 cm1788年

    ゴヤとマドリード

    この 祭りの日のサン・イシドロ礼拝堂 のように人々が奇跡の泉の水を飲もうと列をなしている絵で、ゴヤは誰よりも上手にマドリードの大衆の生活の一コマ一コマを伝えることが出来ました。サン・イシドロの草地を一周することで、サラゴサ出身の画家が光線を研究し、風景とそこにいる人々を誰にもまねできない視線で観察した、楽しいシーンが部分的に蘇ってくることでしょう。

  • ピラール・イ・ジョアン・ミロ財団展示室、パルマ

    ミロとパルマ・デ・マヨルカ

    ミロは、「マヨルカは実に極めて美しい国であり、今でも創世当初のみずみずしさが残っている場所がそこここにある。」と語っています。ミロのこの言葉は、自身の母親と祖父母の生まれ故郷であるこの島と画家との特別な関係を明らかにしています。マヨルカ島の自然と静けさはミロにインスピレーションを与えました。そして現在、ピラール・イ・ジョアン・ミロ財団を訪問したり画家のアトリエを訪問することで、彼の作品の一部をじっくりと鑑賞することが出来るようになっています。

  • トレドの景観と地図エル・グレコキャンバス地油彩、132 x 228 cm

    エル・グレコとトレド

    トレドを散歩することは、エル・グレコが1577年に足を踏み入れ、その後37年間住み続けた地を散歩することに他なりません。エル・グレコとトレドの街の特別な関係は、例をあげるならアルカサルやプエルタ・デ・ビサグラ、オスピタル・デ・タベラなど当時のモダンな建築物が描かれた作品、トレドの景観と地図に表れています。トレドの魅力は、今もなお当時のまま残されています。

  • ソローリャ美術館、マドリード

    ソローリャとバレンシア

    ソローリャの絵をじっくりと見つめていると、海辺のそよ風に優しく顔を撫でられ、太陽光線が魂を温めてくれるような感覚に陥ります。それでは、例えばこの絵に出てくるビーチはどこでしょう。バレンシアのビーチが題材のこの絵で、1909年の夏にホアキン・ソローリャが妻と娘を描いています。長く続く青い筆跡が現実のものになるように、この海岸沿いの散歩を真似てみてはいかがですか?

  • ソフィア王妃芸術センターに展示されているゲルニカの絵

    ピカソとマラガ

    1881年10月25日、ありとあらゆる時代の大天才の一人がマラガで誕生しました。パブロ・ピカソ。地中海に面する故郷は彼に常に影響を与え、そこで闘牛や風景画を描きました。マラガの街では現在、ピカソづくしのルートを周ってピカソ・マラガ財団の中に再現された彼の生家を見ることが出来ます。しかしながらピカソとその作品はすぐに、普遍的なシンボルとなりました。その最もよい例が、マラガではなく、1937年にバスクの町ゲルニカが受けた爆撃を描いた ゲルニカ です。蛮行に抗議するこの重要なシンボルは、マドリードのソフィア王妃芸術文化センターに展示されています。

  • フリオ・ロメロ・デ・トーレス博物館、コルドバ

    フリオ・ロメロ・デ・トーレスとコルドバ

    この若い娘の目に正面から見据えられると、私たちはもう睡眠術にかけられたような感覚に陥ってしまいます。この 火の番をする女 のような絵においてフリオ・ロメロ・デ・トーレスは、コルドバ女性を描き出すことに卓越していました。よく見てみると開いた扉の奥に、コルドバ市の明らかなシンボルであるグアダルキビール川、ローマ橋とカラオーラ塔が、有名なモスクと一緒に描かれていることがわかります。アンダルシアの魅惑の極みです。

  • カサ・ミラ、バルセロナ

    ガウディとバルセロナ

    バルセロナにガウディがなかったら、一体どんな感じの街になるでしょう?サグラダ・ファミリア教会やバトリョ邸、グエル公園、カサ・ミラがないとなれば、おそらく全く違う街に見えるでしょう。生まれはレウスながら、この天才カタルーニャ人は建築を学ぶために1870年にバルセロナに移り住み、もっとも有名なモダニズム建築家としての爪痕を残しました。ガウディが1926年に死去した時、バルセロナ市民たちの多くが通りに出て彼を見送りました。

  • 風の櫛、サン・セバスティアン

    チリーダとサン・セバスティアン

    美しさにあふれるサン・セバスティアンの街を散歩し、オンダレタビーチの最奥まで足を延ばした者なら誰でも、岩々に固定された鋼鉄の彫刻群に目を丸くすることでしょう。エドゥアルド・チリーダが手掛けた魅惑的なスポット風の櫛のことです。サン・セバスティアンに生まれ、イゲルド山の自宅で亡くなった彫刻家が街のために残した、最高のオマージュ。永遠に融合した自然と芸術です。

  • 男の肖像画、1623年ディエゴ・ベラスケス、(セビージャ 1599年-マドリード 1660年)キャンバス地油彩。55.5 x 38 cm

    ベラスケスとセビージャ

    詩人アントニオマチャードの美しい韻文「私の幼少期はセビージャのパティオの思い出だ」は、ベラスケスに当てはまるところがあります。ベラスケスは歴史上もっとも有名な画家の一人です(王宮に仕え ラス・メニーナス のような名作を生み出しました)。1599年にセビージャに生まれた彼、はこの地で美術を学び、24歳になるまでに何枚もの絵を描きました。例えば、この“謎めいた”作品 男の肖像 は、彼のセビージャ時代の作品のひとつで、発見者の中にはベラスケスの自画像であるかもしれないと考える人もいました。ベラスケスの時代、セビージャは莫大な富を有しており、多くの大画家を輩出しました。天才を生み出したアンダルシアのこの街は現在も、旅行者たちに刺激を与え続けています。

  • セサル・マンリケ財団、テギセ

    セサル・マンリケとランサローテ

    本来のランサローテ島の大部分は、セサール・マンリケの創作だと言ってもよいでしょう。セサール・マンリケが創造したメオス・デル・アグアやモヌメント・アル・カンペシーノ、ミラドール・デル・リオのような素晴らしいスポットが、ランサローテ島を現在の姿に変容させました。生涯を通して彼は、地元の建築の伝統スタイルを保ち続け、自然を守ることに尽力しました。事実、彼は次のように言明しています:「私にとってここは、地上で最も美しい場所でした。そして私の目を通じて他の人たちがこの場所を目にすると、彼らも私と同じように考えるだろうと気付いたのです。」彼の住居は、セサル・マンリケ財団で訪れることができます。

に関する詳細をごらんください