新型コロナウイルスの新着情報

安全に旅するためのアドバイス

ソフィア王妃芸術センター国立美術館

Madrid

ひと味違う美術館

ソフィア王妃芸術センター美術館は1990年に開館し、19世紀末から現在に至るまでのスペインおよび国際芸術の重要なコレクションを所蔵しています。開館2年後に、美術館の推移と活動に影響を与える重要な作品、パブロ・ピカソの「ゲルニカ」がコレクションに加わりました。

建築家フランチェスコ・サバティーニによる18世紀末の旧病院の建物内にある美術館ですが、コレクションが増えたことで拡張が必要となり、2005年にジャン・ヌーベルが設計した新しい建物がオープンしました。 所蔵作品総数は1万8000点におよび、ここ数年そのコレクションを整理してこの美術館の特徴をよく表す「シュールレアリズム」、「1937年の共和国のパビリオン」または国際的文脈における50年代の「スペイン・アンフォルメル(非定型芸術)」などを深く知ることができるような展示コースが用意されました。現在は大きな3セクションに組織されています。「1900-1945: 20世紀の到来 ユートピアと紛争」、「1945-1968:戦争は終結したか?分割された世界のための芸術」そして「1962-1982:反乱からポストモダンへ」。 「レイナ・ソフィア」と呼ばれるこの美術館は研究、実験そして考察の場でもあり、また幅広い特別展示や一般向け活動のプログラムを提供しています。

ソフィア王妃芸術センター国立美術館


Calle Santa Isabel 52

28012  Madrid, マドリード  (マドリード自治州)

Eメール:info@museoreinasofia.es TEL::+34 917741000 Webサイト://www.museoreinasofia.es/en
おすすめプラン

インスピレーションを得るプラン


おすすめプラン

次の訪問