Travel Safe

安全に旅するためのアドバイス 最新ニュース
マドリッド王立植物園

王立植物園

Madrid

王立植物園は、1755年にフェルナンド6世によって設立されました。建築家フランシスコ・サバティーニとフアン・デ・ヴィジャヌエバによって設計されたこの建物野中でも、ムリーリョ門、王の門、ビラヌエバ館は傑出しています・新古典主義的なレイアウトの美しさと、街の中心部に位置していることから、ヨーロッパでも最もユニークな植物園のひとつとされています。その起源以来、植物世界の研究、保存、普及の役割を果たしてきました。コレクションの中でも特に目を引くのが、植物標本、顧問所保管所や図書館にある線画や写本です。18世紀と19世紀に行われたアメリカへの科学的探検(ムティス、ルイス・イ・パボン、マラスピナなど)の資料を収蔵しています。花壇では5,000種以上の生きた植物の貴重なコレクションが人目を惹きます。温室が二つあり、ひとつは展示用で熱帯、湿潤地帯、砂漠地帯の3つの環境別になってています。もうひとつは19世紀に建てられたラス・パルマスの温室です。また、盆栽の重要なコレクションも鑑賞できます。

王立植物園


Plaza de Murillo, 2

28014  Madrid, マドリード  (マドリード自治州)

Eメール:culturacientifica@rjb.csic.es TEL::+34 914203017 Webサイト:www.rjb.csic.es
おすすめプラン

インスピレーションを得るプラン


おすすめプラン

次の訪問