新型コロナウイルスの新着情報

安全に旅するためのアドバイス
バルセロナの凱旋門にいる旅行者

2日間で巡るバルセロナ

Barcelona

世界でも有数の都市で過ごす週末

幅広い文化的オファーやレジャーのおかげで、バルセロナは世界で最も観光客が多い都市のひとつとなっています。実際、コスモポリタンな目的地にふさわしく、バルセロナではどのようなプランでも立てることができます。バルセロナを訪れるのが初めてという方は、週末を利用してオーソドックスな観光を楽しんだりこの町特有の雰囲気に包まれたりしたうえで、将来改めてこの町を訪れるという手もあります。実を言うとバルセロナを見て回るのに2日間では時間が足りないのですが、ここは最善を尽くしてみましょう。

1日目

旧市街、港湾都市としてのバルセロナ、およびモンジュイックからの眺めが、バルセロナ観光1日目の軸となります。

距離:9.5Km

歴史地区を散歩

午前中の早い時間に、バルセロナでとびきり魅力的なエリアであるゴシック地区(チョコレートショップや伝統的なスイーツショップが数多くあります!)で朝食をとり1日のスタートを切りましょう。その後はローマ時代と中世のバルセロナの面影が残っている路地をさまよい歩きます。散歩の途中で王の広場大聖堂サン・フェリペ・ネリ教会州政府の庁舎の数々、市庁舎サンタ・マリア・デル・ピ教会などを巡りそれぞれを鑑賞します。州政府庁舎とカノーニャスの家を結ぶかわいらしいビスベ橋などの、おとぎ話から飛び出してきたような街角の数々に出会うことでしょう。 この場所から、この町で一番有名な通りへとぬけることができます:全長1,200メートルにもわたるランブラス通りは、バルセロナに来た誰もが必ず訪れるべき場所です。テラスやストリートアーティスト、花屋、キオスクが道のりにそって並んでおり、歩みを進めるにつれてボケリア市場(スペイン料理の料理教室に参加してみませんか?)や王の広場、あるいはリセウ大劇場といったよく知られた場所のいくつかを見つけることができるでしょう。ランブラス通りが海に達するころ、町の象徴ともいえるコロンブス展望塔が目に入ってきます。この塔に上ると、バルセロナを高みから一望することができます。

 ゴシック地区、バルセロナ

海を眺めながらのランチとモンジュイック行きのケーブルカー

ランブラス通りの終着点は、ポルト・ベル(古い港)として知られるエリアです。モーイ・デ・ラ・フスタ(木造の波止場)を横切って歩いていくと、現代彫刻や停泊中の船などに見とれてしまうことでしょう。こんな調子でラ・バルセロネータのビーチを目指しましょう。パエリアやフィデウア、シーフードなどを専門にしたこのエリアのレストランの座席を予約してみてください。もしそれが海を見渡せるテラス席なら申し分ありません。さらに、天気が良くあなたにその気がありさえすれば、水に浸かってみることもできますよ。ディナーまでまだ時間があり、港と町の特権的な眺めを楽しみたいなら、午後の過ごし方としておすすめなのがモンジュイックの丘まで登ることです。地下鉄のパラ・レル駅からフニクラとゴンドラリフトを利用して簡単にアクセスできます。丘の上には国立カタルーニャ美術館ジョアン・ミロ財団があります。時間にあまり余裕がないようなら、バルセロナの肺と呼ばれる素敵なシウタデリャ公園で短い散歩を楽しむのがよいでしょう。

バルセロナのモンジュイック行きのゴンドラリフトの眺め

魔法の噴水およびラバル地区かボルン地区でのディナー

モンジュイックまで足を延ばしたなら、せっかくそのエリアにいるのですから、夜になったら光と音楽と水の祭典であるモンジュイックの魔法の噴水ショー(時期にもよりますが、およそ20時から22時の間に行われます)を間近でご覧になるとよいでしょう。ディナーの時間になったら、ボルン地区に足を運んでみてください。数ある地区の中でもとりわけ心を奪われるような場所で、クールな人々が集い、ピカソ美術館サンタ・マリア・デル・マール教会など、この町の代表的な観光スポットを擁しています。間違いなく、ディナーを楽しんだり夜の最初の一杯を口にしたりするのに理想的な場所です。

バルセロナのマールの大聖堂
必見スポット

見どころ


2日目

モデルニスモ、具体的にはアントニ・ガウディの作品が、バルセロナ観光2日目のメインとなるでしょう。

距離:9.5Km

午前中はカサ・バトリョとラ・ペドレラへ

今日のルートはカタルーニャ広場から始まり、典型的な朝食である パ・アン・トマカ(すりおろしトマトがのったパン)を味わったあとは、徒歩10分弱ほどでグラシア通りの真ん中にあるカサ・バトリョに着きます。カサ・ミラ別名ラ・ペドレラは、もう少し先にいったところにあるプロベンサ通りに見つけることができます。これら2つのモデルニスモ建築の外観は、ガウディによって考案されユネスコの世界遺産に登録されていることもあり、すぐに目を引くことでしょう。ただし、時間に余裕があれば、その内部にまで足を踏み入れ、ガウディの想像力とありえないようなデザインの数々により深く触れることをおすすめします。カタルーニャのモデルニスモのすべてを知りたいという方は、クアドラ・ドルが主催するモデルニスモ建築を巡るバルセロナ・ウオーキング・ツアーに参加することができます。さて、グラシア通りにいるからには…せっかくですから自分へのご褒美にショッピングを楽しみましょう!ここには町でも指折りのブランドが集まっているのですから。

カサ・バトリョ

サグラダ・ファミリア:誰もが認めるバルセロナの象徴

バルセロナ観光バスの青コースは、ユネスコの世界遺産に登録されているこのモニュメントの真正面に停留所があります。入場券は前もって予約されておくことをおすすめします。これがこの旅のハイライトです。世界的建築の象徴かつガウディの代表作であるサグラダ・ファミリアにいよいよ足を踏み入れるのです。1882年の着工以来まだ建築工事は続いていますが(2026年に完成予定)、その独創的な塔に上ってバルセロナの壮麗な景色を眺める価値は十分にあります。興味深いお話:ここには、トラムに轢かれて亡くなったガウディ本人のなきがらが埋葬されていることをご存知でしたか?

サグラダ・ファミリア内部

グラシア地区でのランチとグエル公園

観光バスの青コースは同じくグエル公園にも立ち寄ります。ただしその前に、グラシア地区で一時下車してランチにしましょう。ここは、バルセロナでも有数のカリスマ性のあるエリアです。ここでは生活が「庶民的」と言われており、住民のあいだにはよい雰囲気が流れ、昔ながらのバルやレストランのそばには新進デザイナーのショップや多文化の飲食店がオープンしています。ランチを楽しんだ後は、グエル公園を散策するのが最も良いプランでしょう。この公園もガウディの作品で、世界遺産に登録されており、夕暮れを満喫するのに最適な場所のひとつです。きっと、町の全景をバックにしてドラゴンの階段や列柱ホールで写真を撮りたくなることでしょう。この公園に隠された秘密の全てを知りたい方には、さまざまな言語に対応した50分間のガイドツアーが公園内に用意されています。

バルセロナのグエル公園

グルメなディナー

旅の盛大な締めくくりには、高級料理がお好みであれば、アシャンプラ地区にいくつもあるこの町の有名レストランに思い切って入ってみるのもよいかもしれません。ラサルテ、モメンツ、カエリス、ホフマン、ディスフルタール、シンク・センティッツ、ティケッツ、ビア・ベネトなど…。ご自由にお選びください。もしくは、ポルト・ベルで地中海の風に揺られながらマレマグナム内の飲食店で楽しいひとときを過ごすという選択肢もあります。

バルセロナのリュイス・コンパニス通りの空撮

ボーナストラック

バルセロナの全ての見どころを2日間で回るのには少々無理があります。だからこそ、もう少し時間があるようなら(例えば、週末の2日間を利用する予定なら直前の金曜日の午後にでも)、市街地から多少離れているものの非常に興味深いスポットを2つご紹介させていただきます。1つ目は、フニクラに乗ってティビダボの丘まで行きバルセロナの遊園地を楽しむプランで、特にお子様連れの方にはぴったりです。2つ目は、知名度は高くないもののより創造的なプランで、特に若者の間で人気があるカルメル要塞まで上ってみることです。この場所は、市内から少し離れているにもかかわらず、多くの人にとってバルセロナ随一の展望台とされています。バスの路線V17、24、 92、114または119番を利用し、最寄りの停留所から10分ほど歩いたところにあります。夕暮れ時に町がイルミネーションを帯びていく様子は絶対に見逃せません!サッカーファンの皆さんのことも忘れてはいませんよ。文化的なプラン以上のものもお探しなら、FCバルセロナのスタジアムであるカンプ・ノウ内部の見学に胸を躍らせているはずです。カンプ・ノウ・エクスペリエンス・ツアーでは、バルサミュージアム、トロフィーゾーン、選手たちが通るトンネル、記者会見場などを見て回ることができます。

バルセロナのティビダボの丘
必見スポット

見どころ


に関する詳細をごらんください