Travel Safe

安全に旅するためのアドバイス 最新ニュース
シッチェスの海とサン・バルトメウ教会を眺める女性

バルセロナ近郊の海と山の間にあるスペインの小さな村

カタルーニャ

バルセロナ近郊には、訪れるべき場所が何百カ所もあります。街が美しいだけではありません。カダケス、シッチェス、トッサ・ダ・マルは散策する価値があります。海と山の間に生まれた3つの村があなたを待っています。  

カダケス、芸術の発祥地

カダケスは、カタルーニャ沿岸で最も象徴的な町の一つと言われています。その美しさは、20世紀の偉大な画家たちにインスピレーションを与えました。スペインの画家、彫刻家、彫金家、舞台演出家、そして作家であるサルバドール・ダリ自身が、カダケスの北、ポルリガッツ湾に独特の住居を構えました。現在彼の家は訪れる価値のある美術館となっています。アーティストとしての作業場と作家としての35年間を知ることができます。  村に行くには、イベリア半島の最東端、ジローナ県アルト・アンプルダン地方にあるプッチ・ダ・パニ山とプッチ・ダ・ブファドルス山の間に行く必要があります。  長い間カダケスは海に面した陸の孤島であり、海が唯一のコミュニケーション手段だったため、素晴らしい漁業文化に触れることができます。白く塗られた狭い通り、バルコニーの花、地域の典型的な手工芸品の専門店、海岸に浮かぶ小さなボートなどの間に迷い込んでみましょう。その他の興味深い場所としては、19世紀の宝石であるサン・ジャウマ城、旧市街にあるサンタ・マリア教会、 素晴らしい灯台が高くそびえ立つカップ・デ・クレウス自然公園があります。 

美術館に改造されたサルバドール・ダリの家があるポルリガッツビーチの遠景、カダケス。

映画のような場所シッチェス

ガラフ地方に位置するシッチェスは、この地域で最も近代的な町の一つです。19世紀の終わりにアメリカ大陸へ渡ったスペイン人移民(通称インディアノ)が長い間定住するために町に戻ったことにより、その石畳の通りには、モダニズム建築の別荘と漁師の家の両方が併存しています。   遊歩道に沿っていくと、サン・バルトロメウ教会を訪れることができます。この教会は山頂に位置し、この地域で最も有名な観光スポットの一つになっています。  近くにはマリセル美術館もあります。ガイド付きツアーを手配することで、中庭に入り、壁の特徴的な白と青の色調、何百ものモザイク、壮麗な礼拝堂を見学することができます。見学が終わったら、バルミンスビーチ、サン・セバスティアンビーチ、ラ・リベラビーチ、またはラ・バーラビーチでひと泳ぎしてください。 

シッチェスの港にあるサント・バルトメウ教会とシッチェスビーチの眺め

真の要塞トッサ・ダ・マール

20世紀で最もユニークなフランス人画家の一人であるマルク・シャガールが「青い楽園」と名付けたトッサ・ダ・マールには、何百もの中世の贈り物が隠されています。  最初に目にするのは、印象的な城壁に囲まれた地区でしょう。また興味深いことに、この城壁に上ると、地域に残る要塞化された中世の地区としては唯一のケースであるビラ・ベーリャをはじめ、それを見守るジョアナス塔、レロー塔、コドラル塔を訪れることができます。  トッサの最も特別な料理の一つである、新鮮な魚、ジャガイモ、パセリ、ニンニク、トマト、サフラン、オリーブオイル、塩、アイオリを使った美味しいシミトンバをお試しください。  その後、サント・マギの丘に囲まれたビィラ・ロマーナ・デルス・アメリェルスを訪れ、エス・コドラルの入り江とグランビーチに行くことも忘れずに。散策後の休憩に最適な場所です。  

旧市街の城壁からのトッサ・デ・マールとビーチの眺め