Travel Safe

安全に旅するためのアドバイス 最新ニュース
大聖堂近くの観光客、シウタット・ベジャ、バレンシア

ビーチだけではない、バレンシアの見所

Valencia-València

「ラ・テレタ」の愛称で広く知られているバレンシアに来ると、バレンシア州の州都で実現できるプランと訪れるべき場所の数に驚くことでしょう。地中海のこの一角では、海よりもはるかに多くのプランを実現できます。デザイン、グルメ、文化、伝統が、旅行を忘れられないものにするための重要な要素となることでしょう。 

町巡りをシウタット・ベジャから始めれば、20世紀前にさかのぼる最も歴史的な側面を探索することができます。ゴシック様式の大聖堂には聖杯があります。いくつかの研究と文書によると、これはイエスが最後の晩餐で使用した聖杯であると信じられています。この大聖堂は間違いなく、内側と外側ともに訪れる価値のある建築記念碑です。外側では、一番大きな鐘がサン・ミゲルの日に洗礼を受けたことからエル・ミゲレッテとして知られる鐘楼を垣間見ることができます。中に入ったら、すべてを見渡してみましょう。そして何よりもフレスコ画に注目してください。スペインの初期ルネサンスの中で最も重要な作品の一つと見なされており、数年前までは公開されていませんでした。物足りないと感じる場合は、バレンシアのシスティーナ礼拝堂と呼ばれるサン・ニコラス・デ・バリ教会を訪れてください。 

上:バレンシア大聖堂の眺め / 下:バレンシア大聖堂内にあるルネサンス期のフレスコ画 ©goga18128

ルートに加えるべき他のスポットと言えば、15世紀に建設された後、バレンシアの商取引の黄金世紀を生き、ユネスコの世界遺産に登録されているラ・ロンハ・デ・ラ・セダ(絹の商品取引所)です。そこから、ロス・サントス・フアネス教会、または中央市場に行くことができます。そこでは、タパスを食べたり、8,000平方メートルのモダニズム建築を散策したりできます。 市内中心部を散歩しながら、カルメン地区を通り抜けていきます。現在、最もボヘミアンな地域、そしてヨーロッパで最も大規模な中世地区とされています。ここでは、もともとは防衛施設だったものの凱旋門としても使用されていたセラーノスの塔と、城壁を構成していた古い中世の扉であるクアルトの塔に出くわすことでしょう。このエリアで他に訪れるスポットは?バレンシア現代芸術院(IVAM)やバレンシア啓蒙時代・近代化博物館(MuVIM)などのさまざまな芸術・文化的空間が用意されています。

上:中央市場内 ©Madrugada Verde / 下:ラ・ロンハ・デ・ラ・セダ ©Kemal-Taner

ショッピングや、あらゆる種類の料理を試したい方にもおすすめの場所があります。ルサファとエンサンチェの各エリアには、アート、文化、グルメを満喫しながら、通り、ショップ、専門店などを夢中になって歩き回ることができる最もファッショナブルなスポットがあります。これらすべての要素が合わさり、バレンシアは2022年の世界デザイン首都に選ばれました。そして、バレンシア旅行で見逃せないものは何といっても美味しいパエリアです。街中どこでも味わうことができますが、海沿いならその美味を更に堪能できる体験が待っています。最後に、帰路につく前に芸術科学都市に立ち寄ることをお忘れなく。トゥリア川の隣に位置し9kmの庭園が広がるこの緑地では、スポーツや散歩を楽しめます。また、建築、科学、技術のベンチマークにもなっています。以上がバレンシアのビーチ以外での楽しみ方です。 

上:ルサファ地区拡大エリアの特徴的な建物 ©Joaquin Corbalan/下:芸術科学都市
に関する詳細をごらんください