新型コロナウイルスの新着情報

安全に旅するためのアドバイス

バレンシアの大聖堂

Valencia-València

このゴシック様式の大聖堂はバレンシアの主要な聖堂であり、そのミゲレテの塔は街のランドマークの1つでもあります。

この大聖堂 は、13世紀に古代のモスク跡に建設が始まりましたが、17世紀まで幾度も改築・増築が行われてきました。 その内部は、ゴシック様式を主としながら数々の建築様式の影響が見られます。 大聖堂内部の宝の1つは、 古代の礼拝堂、「聖杯礼拝堂」(Capilla del Santo Cáliz)です。この礼拝堂には美しい星形模様のドームが施され、天井には空に12使徒、聖母戴冠が描かれています。 すべてのオブジェクトの中でも、1世紀に作られた聖杯、サント・カリスの遺物が際立ちます。伝承によると、この聖杯は、イエス・キリストが「最後の晩餐」で用いたとされています。 一方、大聖堂の外側では大聖堂で最も古く、ムデハル様式の模様装飾が施されたロマネスク様式の「パラウの門」と「使徒の門」(14世紀)が目を引きます。 まさにこの場所で、毎週木曜日の正午12時にバレンシア水裁判(Tribunal de las Aguas)が行われています。 これは、中世にハイメ1世により確立された制度で、バレンシアの畑の灌漑について隔年選出される8軒の農家が集まり、トゥリア川の水の灌漑と給水に関する議論が行われます。この裁判はバレンシア語のみの口頭で行われ、判決は上訴不可能となっています。 「バレンシア水裁判」(Tribunal de las Aguas)は、今もなお模範制度として行われています。 この裁判はユネスコ無形文化遺産に登録されています。

バレンシアの大聖堂


Plaza Almoina, s/n

46003  Valencia, バレンシア-バレンシア  (バレンシア州)

おすすめプラン

インスピレーションを得るプラン


おすすめプラン

次の訪問