Travel Safe

安全に旅するためのアドバイス 最新ニュース
カスティージャ・イ・レオンの由緒あるリベラ・デル・ドゥエロのワイナリーのワイン樽

ワインとカスティージャ・イ・レオン:百年の歴史を誇るワイナリー巡り

カスティージャ・イ・レオン

ワインを通してスペインを発見する旅は、ぜひとも試していただきたい体験です。カスティージャ・イ・レオンの懐へと入りこむと、グルメ、歴史、自然、文化が一体となり、一味違った休暇をお楽しみいただけます。しかし、それは何より、百年以上の歴史を誇り、伝統とテロワールが息づくワイナリーがあるからです。 

  • 左から右:ブルゴスのソティージョデ・ラ・リベラにあるイスマエル・アロヨワイナリーのワイン樽 ©Bodega Ismael Arroyo/エノツーリズム見学 ©Bodega Don Carlos/ブルゴスのアランダ・デ・ドゥエロにあるドン・カルロスワイナリーの地下トンネルの細部 ©Bodega Don Carlos

    アランダ・デ・ドゥエロとその周辺

    リベラ・デル・ドゥエロの原産地呼称で知られるこの街のワイナリーが特殊なのは、地下にあり、14世紀または15世紀初頭に造られたものだという点です。由緒あるドン・カルロスワイナリーの訪問では、長さ7キロにわたって絶妙なワインが貯蔵されている何本ものトンネルをご覧いただけます。またはメソン・ボデガ・エル・ラガル・デ・イジージャスでは、この地域の典型的なグルメをお楽しみいただけます。この町に近いバルソティージョにあるワイナリーは、大部分が15世紀に造られたものです。イスマエル・アロヨワイナリーでは、伝統的な技巧と近代的な技術を組み合わせています。

  • ブルゴスのコバルビアス

    コバルビアス

    同じくブルゴスのワイン産地に、コバルビアスがあります。この中世の町は他の2つの町とともに有名なアルランサ三角の一角を成し、その名もやはり原産地呼称となっています。バルダブレワイナリーは、12世紀に山を掘って造られた洞窟です。見学の際には家族的な雰囲気を楽しみながら、クリアンサワインの製造法を学ぶことができます。 

  • 左から右:伝統的なワインラックの細部/迷路のようなワイナリーでのエノツーリズム見学/バリャドリードのルエダにあるエル・イロ・デ・アリアドナの地下ワイナリー

    バジャドリード周辺

    イロ・デ・アリアドナワイナリー:風変わりな迷路がルエダであなたの訪問をお待ちしております。アリアドナがミノタウロスを倒すためにテセウスに与えた糸の伝説をたどりながら、この地下ワイナリーを奥深く見学して、ワイン文化についての知識を少し深めましょう。ムデハル時代に造られた、一種独特の環境

  • ペニャフィエル城を背景に広がるブドウ畑、バリャドリード

    ペニャフィエル

    城を冠するこの町の山には、ワイナリーが数多く残っていますが、現時点で生産活動は行われていません。それでも、通りや景色を楽しんだり、バリャドリード県立ワイン博物館を見学したりすることはできます。 

  • 左から右:バリャドリードのシガレスの地下ワイナリー/ワイナリー樽の細部/伝統的なの古代ローマ式圧搾場の梁

    シガレス

    シガレスは、とある富豪から複数のワイナリーを相続しました。オビディオ・ガルシアワイナリーは20世紀に創業した新しいワイナリーですが、約300年前から誰の目にも触れずに放置されていた洞窟を発見しました。このワイナリーでは、シガレスの原産地呼称付きの赤ワインとロゼワインを生産しています。洞窟は湿気を帯び、ワインの保存に理想的な涼しい温度を肌で感じることができるでしょう。 

  • パレンシアのトルケマダにあるバルデスネロスワイナリーのブドウ畑

    トレケマダ

    パレンシア県の一部を占める町で、バルデスネロスワイナリーがあります。ここでも職人の技法が踏襲されているものの、より近代的な機械を導入した形態をとっています。伝統的なワイナリーでは、テイスティングをお楽しみただけます。当時立て続けに造られたと思われる洞窟ワイナリーが町全体で発掘され、保存されています。 

  • 左から右:エル・プリホンワイナリーのエントランス ©BodegaElPulijón/サモラのフェルモセジェの航空写真/エル・プリホンワイナリーのワイン樽の細部 ©BodegaElPulijón

    サモラ周辺

    フェルモセジェの町には中世のワイナリーが現存しますが、その大部分は私有ワイナリーです。その独特の地下構造が評価され、歴史芸術的総体に指定されました。エル・プリホンワイナリーを訪問いただくと、ワインの生産こそ行われていませんが、その独特の建築とワインの世界に紐づく昔ながらの道具に目を瞠ることでしょう。

  • 左から右:ヒメネス・デ・ハムスにある洞窟ワイナリーの眺め/エル・カプリチョ グルメ空間/エル・カプリチョワイナリーの細部

    レオン地域

    この地域のほぼすべてのワイナリーと同様、地下に造られています。大部分は放置されていますが、エル・カプリチョワイナリー(ヒメネス・デ・ハムス)は改修され、ワインとグルメの組み合わせを楽しめる場所にもなりました。ここでは、ティエラ・デ・レオンの原産地呼称ワインをお試しいただけます。 

  • パレンシアのアストゥディージョにある15世紀の城

    アストゥリージョ

    この地域ではブドウ畑が非常に重要な役割を果たしていたため、石灰岩と粗石を積んで造られた数々のワイナリーが遺産として残されていますが、現在は稼働していません。これらのワイナリーの建築と、地下に保存されている奇妙な通路を見学することができます。 

に関する詳細をごらんください