Travel Safe

安全に旅するためのアドバイス 最新ニュース
モレーリャの眺め。カステリョン

マエストラスゴ、気分転換をする5つの理由

none

ちょっとした小旅行。一度ではなく何度も。マエストラスゴ地方は、忘れがたい数日間を過ごすのに完璧な選択肢。こちらには、日常を離れて テルエル (アラゴン) の東から カステリョン (バレンシア州)の北に広がるこの地方を見たり、地元の料理を味わったり、楽しんだりする5つの理由ヲ紹介するリストがご覧いただけます。

  • 乾燥した土地、丘、山々が広がる、マエストラスゴの典型的な風景

    5素朴な雰囲気と気分転換

    圧倒的な美しさで、日常のストレスを忘れるのにぴったりな自然環境に囲まれた小さな村々。そこにたどり着くのは簡単です。例えば、マドリードからなら、この地方の最西端に位置する村の一つ、アレプスまでは4時間弱。バレンシア市内からマエストラスゴ南部までは、2時間前後で行くことができます。一方、サラゴサのような別の大都市からこの地方の北部へは、同じく2時間強で到着します。 でもマエストラスゴの最も身近なところは、その人々。これらの場所に息づくおもてなしの心は特別で、接していると、我が家にいるような気分になる地元の人たちをあちらこちらに見かけます。  

  • 中世の町アレス・デル・マエストラットを望む。カステリョン

    5独特の村

    まず初めに、テルエル県の東にあるマエストラスゴ地方と、カステリョン県北部のアルト・マエストラットおよび バイシュ・マエストラット地方を区別しないといけません。これらの地方では、海抜1,300メートルの村(ビリャロヤ・デ・ロス・ピナレス)で最初の観光をし、最後に地中海で海水浴を楽しむ(ビナロス)こともできます。しかしこのリストでは、数世紀前、歴史と伝説を基に生まれたマエストラスゴの一部を成していた、最もこの地方を象徴する村を取り上げています。カンタビエハ: 県内で最も重要で注目される歴史複合体のある、カンタビエハは、この地方を訪れるなら、とてもおすすめの村です。石灰岩の崖際に位置し、歴史的には、テルエルのかつての県都です。洞窟壁画から、テンプル騎士団やカルリスタ戦争の歴史……カンタビエハをじっくり訪れるなら、サン・ミゲル教会、有名なバイレ邸をお見逃しなく。ミランベル: 魅力のある村という説明を探していると、ミランベルの写真を見つけるはずです。カンタビエハから車でわずか15分足らず、カステリョンの県境にほど近い場所に、映画に登場するような村があります。実際、立地やミランベルならではの建築物により、ここで撮影された映画は複数に上ります。人口わずか130人あまり、城壁に囲まれたこの村では時間が止まったかのようで、アリアガ家やカステリョット家の邸宅をはじめとする宮殿が両側に並ぶ通りをぶらぶら歩き、気分転換をしたくなります。アレス・デル・マエストラット (アレス・デル・マエストレ): 絵のように美しい…カステリョンのこの村をひと言で説明する言葉がまさにこれです。歴史によると、ここからハイメ1世はバレンシア王国の征服を始めたそうです。この村に向かう途中、カーブで車を止めて、ぽつんと佇むこの素晴らしい村の写真を撮りたくなるでしょう。外から見て魅力的だとしても、気の向くままにこの村の通りを歩いてみるだけで、被昇天の聖母教会、テンプル騎士団の城跡、かつての要塞ベルトランス塔など、珠玉の建造物を発見できます。モレリャ: 現在は、カステリョン県のエルス・ポルツ地方に属していますが、モレリャ は、見逃すことができないマエストラスゴの宝です。2013年より、スペインの最もきれいな村ネットワークに加盟。地中海性気候といっても、高知地中海性気候で、一年中いつ訪れてもこの村に惚れ惚れする、完璧なプランのひとつとなっています。城壁と城、壮麗なサンタ・マリア教会により、モレリャは、好きなだけ何度も訪れたくなる目的地となっています。

  • マエストラスゴといえばトロンチョン産チーズ

    5グルメ

    この地方の 伝統料理 以外に注目するとしたら、質の高い地元の特産品があげられます。これらの食材により、各レシピで味の饗宴が楽しめます。生ハムとトロンチョン産チーズはアペタイザーとして出てきますが、有名なオリーブオイル漬けおつまみに、小麦粉を使った薪窯焼きパンを添えて出されることもあります。スープ類がお好きなら、絶好の場所にいるといえます。煮込み料理やスープ、シチュー、コシードで身体がぽかぽか温まり、この地方の美味しいワインと一緒に食べれば、さらに温まります。さらに、ジビエのハンティング(ラム)、渓流釣り(マス)やキノコ狩りで、どの食事も喜びのひと時となっています。また、マエストラスゴの伝統的なお菓子なら、クッキーやマンテカドの焼き菓子、そしてアニスやローズマリーハニーなどの味に誘われ、早くも次の食事を考えながらテーブルを後にすることでしょう。 

  • サンタ・マグダレナ・デ・プルピスのテンブル騎士団の城。カステリョン

    5歴史と伝統

    イベロ族、ケルト人、ローマ人、イスラム教徒、キリスト教徒。これらすべての文化は、貴重な歴史的遺産を残しながら、この地方を通過しその足跡を残しています。1131年、テンプル騎士団がこの地方に拠点を設け、こうしてその伝統と祭礼を後世に伝えていきました。春に訪れると、ビリャルルエンゴ(4月末)やカステリョテ(5月初め)の大衆巡礼を見ることができますが、この地方の大衆的な祭りを楽しむなら夏が一番です。寒さもかかわらず、冬には、動物の祝福とクッキーの配布と併せ、聖大アントニオスに捧げて行われる大きな焚き火が地元の人々や観光客を惹きつけ、火を見ながら魔法のような夜を楽しみます。

  • アレプスの石柱の道。テルエル

    5冒険の地

    マエストラスゴが見せてくれる、信じられないような絶景は、大きな石柱が並ぶロス・ピロネスの道やピタルケ川の源流までたどるコースなど、様々なルートを巡るハイキングにぴったりの環境を作り出しています。でも、アドレナリン全開の感覚が好きという方にも、おすすめの場所があります。グアダロぺ川を下るラフティング をしたり、カステリョテでリバー トレッキング を楽しんだり、ボカ・ネグラやシマ・デ・ラ・ラマの洞窟(フォルタネテ)などで洞窟探検をしながら岩の中に入ったりして、緊張感を解き放ってみては。

に関する詳細をごらんください