Travel Safe

安全に旅するためのアドバイス
ラ・アスンシオン・デ・ヌエストラ・セニョーラ・デ・カンタビエハ教会(アラゴン州テルエル)

カンタビエハ

Teruel

アルト・マエストラスゴ地方のこの歴史ある主都は、石や家のあいだに素晴らしい史跡遺産や建築遺産を宿しているだけでなく、古い伝説や戦いの残影まで抱えている場所です。歴史地区は重要文化財に指定されています。

この町には、アラゴン州有数の、完全なるゴシック様式のモニュメント群があります。町を見下ろすのは、第一次カルリスタ戦争中にダイナマイトで爆破された古城の遺構です。というのも、カンタビエハは、「マエストラスゴの虎」の異名を持つカルリスタの将軍、ラモン・カブレラが率いる司令部となっていたためです。狭い路地や中世の趣が漂う家々は、訪れる者を、カンタビエハを代表するスポットへと誘います。ポルチコを構えるマヨール広場には、会議室のゴシック様式の格天井がひときわ目を引く自治体庁舎があるほか、広いスペースを誇り、ゴシック様式の門扉とポルチコが付いたラ・アスンシオン教会(18世紀)もあります。その他の重要な建造物といえば、ゴシック様式のサン・ミゲル教会やバロック様式の古いサン・ロケ病院に加え、バイレ邸、ノバレス邸、マス・フォルティフィカードといった貴族の館を挙げることができます。この町は切り立った岩山の頂上に位置しているため、圧倒されるようなシルエットを身にまとっています。周囲の例にもれず、その風景の美しさはハイカーたちを惹きつけてやみません。

おすすめプラン

インスピレーションを得るプラン