Travel Safe

安全に旅するためのアドバイス 最新ニュース
マドリードのシベレス広場でセルフィーを撮る旅行者

マドリードで実行すべき、定番とは異なる5つのプラン

Madrid

レティーロ公園や国立プラド美術館を訪れたり、イカリングのサンドイッチを食べたり、文化を楽しむ別のプランのリストを実行する以外にも、マドリードでは、ほとんどのガイドブックには載っていない特別なプランをいくつも満喫することができます。これらの提案では、定番のマドリード観光にはない魅力を体験することができます。すべてのプランを発見してみませんか?

  • マドリードの旧チャンべリ駅の様子

    1.使われなくなった駅の中に入ってみましょう

    ソローリャ美術館にほど近いチャンべリ広場に、アンデン0(0番プラットフォーム) があります。これは、かつてチャンべリ駅と呼ばれた古い地下鉄駅で、モトーレス・デ・パシフィコ倉庫やパシフィコ駅の古いロビーも見ることができます。マドリード地下鉄が保存しておいてくれたおかげで、1919年まで歴史をさかのぼることができます。駅は1966年に閉鎖されましたが、床のタイルやポスター、広告、壁は、当時のような外観に復元されています。  タイムスリップして、まだまだたくさん隠されている地下の秘密を目にすることができます。そして、素晴らしいことに入館は無料です。

  • アラメダ・デ・オスーナにあるエル・カプリチョ公園の景観

    2.面積が14ヘクタールもある公園を散歩しましょう

    アラメダ・デ・オスーナ地区にあるエル・カプリチョ公園のことです。オスーナ公爵夫人の要望を受け1784年に建てられました。当時は、あらゆる種類の人々を受け入れていました。今日はあなたの番です。ピクニックをしたり、ロマンチックな雰囲気でゆっくりしたりと、リラックスした1日を過ごすことができます。 植物、公爵宮殿、建築物の数々に驚かされるでしょう。この空間は、花壇、英国風景観、イタリア風庭園の3つの様式に分かれています。その中には、ダンスカジノ、バコ礼拝堂、迷路などの有名スポットがあります。この場所の秘密といえばスペイン市民戦争に建てられた陣地壕があり、事前予約のうえ見学可能となっています。 この公園は、街の外れの空港近くの場所にありますが、公共交通機関で簡単に行くことができます。そこからは、マドリードの信じられないほど美しい景色を見ることができます。

  • マドリードにあるサン・フェルナンド市場の外観

    3.サン・フェルナンド市場

    ラバピエス地区の真ん中にある独特な市場です。市場には、伝統的な売り場(肉屋や果物屋など)から、国内および海外から集めたグルメのフードスタンドまであります。最も愉快な光景は、毎月最終日曜日にスイング好きが集まって市場の中庭でダンスを披露するときです。 さらに、エル・ラストロに非常に近いところにあるので、青空市場に行くこともできます。

  • ティオ・ピオの丘からのマドリードの眺め、夏の夕暮れどきにて

    4.マドリードの絶景

    小さな丘の集まりであるティオ・ピオの丘(バジェーカス橋)には、通称「7つのおっぱい」として知られる7つの丘があり、そこから絶景が望めます。ここで夕暮れ時まで歩き続けると、マドリードのパノラマが確実に夕日に染まるのを眺めることができます。

  • マドリードにあるエミール・モハメッド一世公園の景観

    5.アラブ様式の秘密の壁を発見する

    850年から866年にかけてムハンマド・ベン・アブ・アル・ラーマン首長国の時代に建てられ、10世紀にはカリフ・アブ・アル・ラーマン3世により改修されたものです。現在はその遺跡しか残っていませんが、当時は約4ヘクタールに及ぶ壮大なものでした。 サンタ・マリア・ラ・レアル・デ・ラ・アルムデナ大聖堂を訪れる際は、エミール・モハメッド一世公園に行ってみてください。大聖堂にある地下聖堂の素晴らしい姿を満喫できるだけでなく、町の歴史を物語る約120メートルの区域を訪れることができます。 

に関する詳細をごらんください