Travel Safe

安全に旅するためのアドバイス 最新ニュース
メデジン城の風景

見逃せないバダホスのスポット

Badajoz

お城や歴史的な街、そして芸術の土地。月光の下メリダ市で毎年夏に再現される古典劇。原産地呼称を有するグルメ。そして驚き以上のものを届けてくれる風景。バダホス県にお越しになると、これらを目にすることができます。

  • メリダの古代ローマ円形劇場

    10ローマ帝国時代をとどめるメリダ

    世界遺産の街、まさに素晴らしいです。古代ローマ劇場、円形劇場やディアーナ神殿に近づくだけで、その感覚を感じることができます。スペインで最も保存状態のよい考古学遺跡群であり、7月と8月にはメリダ国際古典演劇祭で蘇るのです。

  • バダホス砦とこの街の創建者であるイブン・マルワンのモニュメント

    10芸術向けの砦、バダホス

    アラブ風城塞は、この街の稜堡と城壁による昔の防衛様式の中心となっています。城塞化された空間の多くは復元され、現在では文化活動の場所となっています。MEIAC、考古学博物館やカーニバル博物館などです。

  • 現在では観光客向けパラドールのサフラのアルカサル

    10サフラ: 「小セビージャ」の異名

    サフラの豊かなモニュメントにより、「小セビージャ」の異名で一般に知られるようになりました。銀の道ルートで欠かせない訪問先であり、15世紀の宮殿で観光客向けパラドールとなったアルカサルに宿泊することができます。

  • オリベンサのサンタ・マリア教会の内部バダホス

    10建築のるつぼ、オリベンサ

    オリベンサが13世紀にテンプル騎士団により創建されたことをご存知でしたか? そして長い間、ポルトガル領だったことをご存知ですか? まさにこのカスティーリャとポルトガルの伝統の混合により、建築物や史跡遺産が特徴づけられるのです。

  • サン・バルトロメ教会のバロック様式の正面。ヘレス・デ・ロス・カバジェロス。バダホス

    10ヌニェス・デ・バルボアが生まれたヘレス・デ・ロス・カバジェロス

    ヨーロッパ人で初めて太平洋を目にしたバスコ・ヌニェス・デ・バルボアは、ここで生まれました。そのような豆知識以外にも、ヘレス・デ・ロス・カバジェロスは注目すべき史跡群を提供してくれます。数多くの宮殿、邸宅や寺院の中でも、バロック様式のサン・バルトロメ教会とエンカルナシオン教会が際立っています。

  • メデジン城。バダホス

    10城とコンキスタドールたちのメデジン

    別の歴史上の人物エルナン・コルテスが生まれた場所です。彼の名前を冠した広場の銅像が、そのことを思い出させてくれます。メデジンで特徴的なものといえば15世紀のお城と、その隣にある古代ローマ劇場です。

  • オレジャーナダムのクルージング

    10ラ・セレーナ、「内海」

    ラ・セレーナ郡では、オレジャーナダムというスペインでも初めて青旗を達成した淡水ビーチに入りたくなるはずです。また、カストゥエラや、読書好きな人ならカルデロン・デ・ラ・バルカの「サラメア市長」の舞台となったサラメア・デ・ラ・セレーナも欠かせません。

  • ラ・シベリア平原プエブラ・デ・アルコセルバダホス

    10自然の中の活動ラ・シベリア

    プエブラ・デ・アルコセル城からは、ラ・シベリアの平原を眺めることができます。この郡では、最も多様な保護種がいる地区である、シハラ地域保存区域を目にすることができます。キノコ狩り、ハイキングや狩猟は、この地域で行える活動の一例です。

  • エクストレマドゥーラ州のデエサ・イベリコブタの生ハム

    10エクストレマドゥーラ州のデエサ・イベリコブタの生ハムルート

    バダホス県南部にある33の自治体を訪れ、乾燥場を訪問したり、試食会に参加したりすることで、原産地呼称を持つエクストレマドゥーラ州の繊細な生ハムを発見することができます。9月であれば、モネステリオで行われる生ハムデーをお見逃しなく。

  • グアディアナ河畔にあるブドウ園

    10リベラ・デル・グアディアナのワインルート

    このワインツーリズムでは、バダホス県下の20自治体ほどの訪問が含まれます。ワイナリーの訪問、試飲、セット料理への舌鼓... どれを行いたいですか? アルメンドラレホのワイン科学博物館を訪問すると、完璧な旅程になります。

に関する詳細をごらんください