Travel Safe

安全に旅するためのアドバイス
バダホス、オリベンサのサンタ・マリア・マグダレーナ教会(エクストレマドゥーラ)

オリベンサ

Badajoz

1297年のアルカニーゼス条約の後、1801年までオリベンサはポルトガル領でした。市の政策により、スペインのモニュメントだけでなくポルトガルの建造物も修復されています。

オリベンサは13世紀、テンプル騎士団によって設立されました。現在でもルサの伝統はなくなっていません。基本的に建築物は両国のスタイルが融合したものであり、史跡遺産もとても広範囲にわたります。 

壁に囲まれた歴史地区には、合計14の塔がありました。1334年、壁内でアルカサルの建設が始まりました。国境で一番高い37メートルの塔が建てられたのは1488年でした。アルカサルの中と国王のベーカリー(18世紀)の中には、民俗学博物館があります。16世紀のマグダレーナ教会は、マヌエル様式が際立った建造物です。エルマンダッド・デ・ラ・ミセリコルディア教会の現在の外観は1732年のままではありますが、病院は頻繁に改装されています。クラリサス修道院やサン・フアン・デ・ディオス修道院の建設については、ほぼ1世紀かかったと言われています(1556~1631年)。現在では文化センターと演劇とダンスの学校として機能しています。サンタ・マリア・デル・カスティージョ福音礼拝堂には、オリベンサで最も目を見張る祭壇画を見ることができます。この時代の作品はあまり保存されておらず、15メートルの高さの木を表現しています。その地理的特徴からもオリベンサには要塞建築がなされており、サンタ・バルバラ、門番、兵舎の建物との関連性もあります。

お見逃しなく

訪れるべき場所


リストを選択するか地図をナビゲートして興味深いスポットをご覧ください。

お見逃しなく

訪れるべき場所


リストを選択するか地図をナビゲートして興味深いスポットをご覧ください。

おすすめプラン

インスピレーションを得るプラン