Travel Safe

安全に旅するためのアドバイス
サフラのチカ広場(エクストレマドゥーラ州バダホス)

サフラ

Badajoz

サフラはセビリア・ラ・チカとも呼ばれており、エクストレマドゥーラ下部の中心にあり、カステジャル山脈の急こう配の岩場の下に位置しています。

古代ローマ時代ヒスパニアの「銀の道」で、重要な拠点となったことが、町の発展につながりました。長い歴史を持つこの商業都市を語る際、サン・ミゲルの家畜見本市は外せません。15世紀に建てられたアルカサルが町の中心になっています。外部から見ると防衛城となっていますが、内部は宮殿のようです。中庭中央のルネッサンス様式の回廊が有名です。現在、アルカサルはパラドールとして使われています。周辺は中世の雰囲気を残し、狭い道がカメの甲羅のように張り巡らされているのが特徴です。15世紀の城壁で囲まれている周囲には、八つあった門のうちの三つが現在も保存されています。弓型のグランデ広場が町の中心になっています。そことつながる形で、一般に「アルキージョ・デル・パン」という名で呼ばれている小さなチカ広場があります。サフラには歴史遺産が数々ありますが、きらびやかなラ・カンデラリア参事会教会(1546年)には三枚の祭壇画があり、一枚はスルバランのもので他はチュリゲーラの作品です。他にもサン・ホセ教区教会、数々の修道院(特に16世紀のものが有名です)、15世紀に建てられたサンティアゴ病院があります。一般建築に目を向けると、16世紀から18世紀に建てられた貴族邸や19世紀のブルジョア階級による邸宅が見ものです。

お見逃しなく

訪れるべき場所


リストを選択するか地図をナビゲートして興味深いスポットをご覧ください。

お見逃しなく

訪れるべき場所


リストを選択するか地図をナビゲートして興味深いスポットをご覧ください。

おすすめプラン

インスピレーションを得るプラン


イベントカレンダー

展覧会、フェスティバル、スポーツ...


目的地で満喫できる関連イベントをご覧ください。